FC2ブログ
 
■プロフィール

しーやんやっさん

Author:しーやんやっさん
良い家を創りたい! お客様にとにかく喜んでほしい!
そんなことを考えて家づくりに取り組んでいます。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

省エネ基準適合化先送り
d73f96df04deb2918ab80a0324b9be84-1-640x281.png
※ 2017エネルギー・経済統計要覧、 2017年度建築着工統計から 建築物の平均エネルギー原単位878MJ/㎡・年、 住宅の平均エ ネルギー原単位344MJ/㎡・年として推計

残念なニュースをご紹介します。

以下、業界紙の記事です。



国土交通省は12月3日に開かれた有識者会議で住宅・建築物に対する省エネ規制に関する今後の施策の骨子案を示した。戸建て住宅など小規模住宅・小規模建築物については、設計時に建築士が省エネルギー基準への適合可否を説明することを義務付ける。ただし、大規模事業者が提供する注文住宅や賃貸住宅については、「住宅トップランナー制度」と同じような枠組みで、一定の基準への適合を求める。今回の案に関して、12月上旬から来年1月にかけて一般からの意見を募集し、最終的な取りまとめを行う。

 2030年を目標年度として世界で省CO2化を進める「パリ協定」の目標達成に向け、住宅・建築物での省エネ規制のカタチが見えてきた。戸建て住宅など小規模な住宅については、現在の省エネ基準への適合率が低いことや、対象となる戸数が多い割には削減効果が低いこと、また、2019年10月に予定されている消費税率の引き上げによる取得負担の増加での経済の冷え込み懸念など、複数の要因から適合義務化の対象から外すことが妥当とされた。

 そのかわりに、設計時に建築士に対して、施主に省エネ基準への適合可否の説明を義務付ける制度を創設する。適合しない場合は、省エネ基準適合を促す提案を行うようにする方針だ。施主に適切に情報を提供することによって、基準適合への意識を高める狙いだ。詳細は今後検討されるが、建築士が「適合可否」がわかる判定書を作成することが想定されている。


一杯書いてますが、

要するに、これまで言ってきた、特殊なものを除き、すべての家を一定水準の省エネを義務化する

という基準を先送りする、というもの


何が残念って

構えや、スタイルさえりっぱだったら、中身はスカスカで構わないよ

という住宅が今後も建ち続けるのを容認する、ということだから。


それでなくても、日本は諸外国に比べ、省エネ性能に劣る

中国や、韓国にさえ劣っているというのに・・・・・


志水さんのとこは、きちんと省エネ住宅造っているから良いでしょ・・・

という問題ではありません。

mado.png

例えば窓

上の表のように諸外国は軒並み日本より性能の良いものを基準においています。

ドイツなんて、この性能を下回ったら罰則があるそう・・・

ドイツは寒いから、っていう問題ではなくて

大上段に構えるような言い方をすると、「国民の健康」を考えたとき

やっぱ良い性能の家って大事、ってこと


志水がやっていれば問題はない、ということではない、のではないでしょうか??

なんか残念ですね。

スポンサーサイト
業界のこと | 16:19:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
高野の桜の家 完成賢学会のご案内
yokogawa.png

高野にまた1軒素敵な家ができました。

桜の家の完成です。


川沿いに植えられた桜並木を愛でながら暮らす家

残念ながら今の時期は桜は見られませんが、別の素敵な桜が見ることができます。


今回も、いわゆる新築の匂いのしない、自然に包まれたような香りのする中での賢学会です。

是非とも息吹木の家の空気感を感じにいらしてください。

なお、たまに聞かれるのですが

この広告はウエブ上だけのもので、新聞広告などは一切しておりません。


日時 : 12月22日(土)、23日(日) 10時~17時

場所 : 津山市高野


こちらからお申し込みください

お申し込みいただいた方には詳しい地図をお送りします。


勉強会、研修 | 18:38:04 | トラックバック(0) | コメント(0)
ウールブレス施工
P1140136.jpg

津山市二宮のYDさま邸

外部は、タイベックシルバーを貼り終え、ラス板を施工中

内部はこうしてウールブレスを入れていっています。

P1140140.jpg

先日岡山の友人が

社長はまだウールブレスを自分で入れとるんかいな?

なんて笑いながら言っていたそうですが

わたしがウールブレスを選び、こうして施工しているのにはわけがあります。

第一はおいておいて

私が施工することで、大工さんも「社長がこだわっとるけん、いらんことしたらおこられる」的な

要するに、断熱は断熱として、その役割をきちんと果たそうと思ったら、やっぱり入れ方、施工の仕方がある、ということ

大工さんも、もちろんそれは知っているんだけど、やっぱそのことよりも本来の木の施工の方にこだわってしまう

のは致し方ないところ。

だったら、自分が入れて、きちんとできなくなったら、その都度直して回ろう

そんな感じ。


そしてなによりの第一は

入れてていて気持ちいいから。

ウールブレスが入っている状態って、なんかいいんですよねーーー

って

なんか宗教的な感じがするのは、珪藻土の話とおんなじ・・・・(汗)



でも考えてみてください。

例えば森林浴に行った場合

この森に入ると、木から出ているフィトンチッドなどの成分によりマイナスイオンが発生して、その結果として人間のストレス状態を

改善させる効果が期待でき・・・・・

なんて考えながら行く人もいるかもしれませんが、ほとんどの人がそこへ行くと気持ちいいから行く

これが本当のところではないでしょうか?


言ってみれば、ウールブレスもこれと同じ

理屈じゃなく、なんか気持ちいい


考えて見れば、このウールブレスを選ぶとき、他にも候補があって、それぞれを体験しに行きました。


まずは、水発泡ウレタン、いわゆるマシュマロ断熱って呼ばれているやつですね。

これはもうたまらない!!

マシュマロ断熱って言葉からは想像できないほど臭い!!

化学物質のにおいが充満

はっきり言って、3分持ちませんでした。


セルロースファイバー

これは最後まで悩んだやつですね。

今でも良いな、って思うところもあります。

ではなぜ選ばなかったのか?

それは、吹き込むための専用の装置がいること と

なにか感動がない、んですね。

ウールブレスのような気持ちよさ、っていうんですか?

そんなものが感じられなかった

だから、いま ウールブレスなんです。




なんか、今回は感覚の話ばかりですが、

でも人間の感覚って、やっぱ大事

だって、家は、その人間が住み続けるところだから。



YDさまのいえづくり | 08:00:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
我が家の餃子づくり
我が家にはいくつかの名物料理(?)があります。

コロッケでしょ、カレーでしょ、・・・・ってそれだけかい! 

じゃあありません。

一番のウリは・・・餃子


むかーーーし、むかーーーし、うちのおふくろが若かった頃

日本は資源を求めて東南アジア諸国に進行してしていました。

その一つが中国、

日本では満州国って呼ばれてましたよね。

そのお国へ、おふくろさん一家は住んでいたそうな。

そのときに、中国人から習ったのが、そう、この餃子


ってことで、昨日は昼からスケジュールがあいたので、家族揃って餃子づくり

P1140155.jpg

本格的というからには、皮にもこだわりたい、ということでもちろん手作り

強力粉を予め固めに練って、何時間か寝かせます。

そして、それを細かく切って、伸ばして餃子のピーづくり。

P1140156.jpg

そして具をいれ、包みます。

この具も、しっかり下ごしらえした白菜やネギをたっぷり入れたヘルシーなもの

ここらへんが、それぞれ違うので味の差がでるのかな??

P1140159.jpg

そして、そして、出来上がり!!

焼餃子もありますが、基本的に我が家では、餃子は水餃子

中国では、焼きはないそうですよ。

知ってました?


これを津山醤油と酢とラー油でいただきます。

うますぎます!!!!


久しぶりに食べたので、はっきり言って食べ過ぎ・・・・

夜遅くまで満腹状態が続いたのは言うまでもありません。


ごちそうさまでしたm(_ _)m



私のこと、家族のこと | 08:34:34 | トラックバック(0) | コメント(0)
さんまとごはん
P1140147.jpg

今日は昼間からサンマを焼いてます。

こいつで日本酒を一杯やると格別!!

って、違うんです。


今日これを焼いたわけは

今度計画中のお客様が、スーパーラジエントヒーターがどんなものか体験してみたい

ついては、いつもご飯を炊いている鍋を使って、いつものお米が、どれだけ美味しく炊けるかやってみたい

というご要望

じゃあやってみましょう。

それは良いけど、やっぱなんかおかずがいるよなーーー

ってことでのサンマ焼き


どうせやるなら、やっぱ最高の焼き方で、ということでの七輪

P1140151.jpg

みんなでいただきまーーーす。

なぜか娘もちゃっかりいます。


P1140154.jpg

サンマも、もちろんご飯も最高!!

無茶苦茶美味しかった!!!!

って私が満足してどうするの(汗)


お客様も美味しい!!って言ってくれてましたが、どうでしょ?

サンマ焼くのに四角い七輪買います!

って

本題はスーパーラジエントヒーターの方



どうだろなーーー

わかんねーだろうなーーー

って古い(汗)



YMさまの家づくり | 18:44:28 | トラックバック(0) | コメント(0)
10年前
先日県南に10年目の点検に行ってきました。

県南・・・そう、県南に出るきっかけとなった家

矢掛の家です。


早いもので、もう10年。

こないだ一生懸命通っていた・・・どんな感じなのに、もう10年。


矢掛、と聞いて、無理! 無理! と思っていたんですが

「志水さん来ていただけますか!?」というお施主さまのお言葉に心を動かされて

そこまで言われるんなら、と通いました。


思えばあの頃は、まだまだ息吹木の家の名もまだまだ売れていなくて(今でも、まだまだですが)

とにかく「お客様のお役にたちたい!」という想いだけで突っ走っていたように思います。

だから、遠い距離を走る行き帰りの車の中では、どうやったら、どうやったら・・・・

そんなことばかり考えていたように思います。


そして今

細かい部分や、やり方は別にしても、10年前と同じなのは

健康的に過ごせる安心、安全な省エネハウス

こういった根幹の部分は全く変わっていないのかな、と確信しています。


家や住宅は、売るんではなくて

その想いやコンセプトを理解してくださって、共感してくださる方に建てていただく。

もし、弊社のやり方や考え方が間違っているのならば

弊社は存在し得ないだろうし、社会に必要とされない、ということ

しかし、今現在もやれている、というのは家を造る会社として、その存在が必要とされているからだろう、と思います。


10年経って思うのは

「お客様のためになにかしたい。」という想い一つで、がむしゃらにやり続けて良かった! ということ

そして、この人達が私達を支えてくださったんだということ。

本当にありがとうございました。

10年たちましたが、これからもお付き合いよろしくお願いいたします。




もう一つ 10年たって思う、実感するのは

あの頃は、まだまだ若かった、てこと・・・・・

息吹木の家のこと | 18:05:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
お引渡し
P1140102.jpg

今日は美作市のARさま邸でのお引渡し


ARさまとは、実は2年越しのお付き合い

2年前に「志水さんのところでお願いします。」と言われた時には、すみません、すぐにはできないんです・・・

というお返事

でもARさま、しっかり1年待ってくださってのこの家

ですから、さぞや感慨深いことかと思います。


また1軒の家づくりの物語が一つの幕を閉じようとしています。

この物語も、なんとか成功に追われたのかな・・・って思います。


家っていうハードそ造るのではなく、家づくりの物語を紡ぎ出す

こんなことも、息吹木の家としてできたかな・・・・


一つの幕は閉じましたが、これから長い長いお付き合いが始まります。

お引渡しのときは、いつも嬉しさと寂しさが入り交じるのですが

そんな気持ちいつまでも忘れないような家づくり、今後もやっていかねば!

って思います。


なお、このARさまの奥様

この地でネールサロンを開業されます。

男の私には全くわからない世界ですが、その店のほうもおいおいご案内させていただきます。

よろしくおねがいします。



ARさまの家づくり | 16:51:46 | トラックバック(0) | コメント(0)
冬期の家事行動について
6bdba244a655a24cf51dc10a727a2b4e-640x335.png

業界紙の新建ハウジングさんに面白い記事があったのでご紹介します。
 
旭化成建材(東京都千代田区)快適空間研究所および旭リサーチセンター(東京都千代田区)ハビトゥス研究所はこのほど、首都大学東京、駒沢女子大学と共同で実施した第4回「住まいの温熱環境の実態と満足度」調査の結果を発表した。それによると、温熱性能が高い住まいに暮らす人ほど、冬季の家事行動を「億劫に感じる」比率が低いことがわかった。

冬季の入浴時に「寒さで震えることがある」と回答した比率は、温熱性能が低い住まいでは57%だったのに対し、高い住まいでは32.3%と約25ポイントの差があることがわかった。冬季の入浴を「億劫だ」と感じている人についても、それぞれ38%、20.5%となり、約18ポイントの差となった。

 寒さを解消するために「起床時はすぐに暖房機器でリビングを暖める」人の割合は、温熱性能が低い住まいでは69.4%だったのに対し、高い住まいでは44.1%と5割を下回っていた。「寒くて使えない、使いたくない部屋やスペース」がある人の割合は、温熱性能が低い住まいでは35.7%、高い住まいでは27.4%だった。これらのことから、温熱性能が高い住まいに暮らしている人ほど、無理のない家事や行動、無駄のない空間利用をしている傾向が高いことがわかる。

 年間を通した家全体の温熱環境に対しての満足度を、「住宅購入前の住まい形態」別にみると、購入前に戸建て住宅だった人は81.3%が「たいへん満足」「やや満足」と回答したのに対し、マンション・アパートだった人の満足度は52.1%と、約30ポイントの差があった。

 また、住宅検討時に温熱性能について「かなり調べた」「調べた」人の満足度は81.1%、「あまり調べなかった」「調べなかった」人の満足度は38.4%と、満足度に40ポイント以上の差があることがわかった。実際、温熱性能について調べた人の住まいでは、冬の起床時の居間・食堂の室温が、調べなかった人の住まいより平均2.8度高くなっている。


この記事を読んで、昔良く言われていた事を思い出しました。

そんな暖かい家に住んどったら、人間がおえんようになってしまう。寒いときは寒いようにせんといけまーー

まさにそんな言葉とは裏腹の結果

当然といえば当然

寒かったら、そくさくとこたつに入ってあたたまる。

一旦そうなったらなかなか出てこれない。

もしくは、

家全体が寒いものだから、狭ーいエリアだけを暖房する

その結果・・・・・

そんな感じですね。


それと、断熱なんかをきちんと調べた人の満足度が高かった。

こんなことも、やっぱ高ーーい買い物をするんですからきちんと調べて住宅を購入する、建てる

大事なことです。

業界のこと | 17:57:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad