FC2ブログ
 
■プロフィール

しーやんやっさん

Author:しーやんやっさん
良い家を創りたい! お客様にとにかく喜んでほしい!
そんなことを考えて家づくりに取り組んでいます。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

完成賢学会へ向けて追い込み
P1180252.jpg

東一宮のMSさま邸 完成賢学会に向けて作業が追い込みです。


その中の一つ、ウッドデッキ

今回は、『obiRED』というものを使いました。

オビレッドのHPはこちら


ウッドデッキを作る場合、一番考えなければならないのが耐久性

年がら年中雨にさらされるのですから当然ですよね。

弊社では、今までから『スギの赤み』といって、スギの白い部分ではなく

赤い部分を使ってきました。

それは、スギの赤い部分が非常に腐りにくいところだからです。

今回使用するオビレッドも、その部分を使用して造られていますが

これを使うわけは、製品としてきちんとしている点と、乾燥が行き届いているからです。


耐久性という点から言うと

例えば

zai_wdadv.png

こんな感じの、木に似せてつくった人工木もあったり

zai_wdul.png

木の中でも非常に耐久性が高い

ウリン(写真のもの)だとか,iイペだとか、セランガンバツ・・・・

などの製品もあります。

どちらの製品も、価格がとても高いというのが欠点ですね。


そういった意味から

今回選んだオビレッドは、その辺のバランスがとれて材料だからです。


今回のものは、オビレッドに薬剤を注入したもので

より耐久性を高めています。


どれくらい保つのか??

なんとも言えない部分ではありますが、長いこと保たすための判断なので

期待しています。




スポンサーサイト



MSさまの家づくり | 11:41:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
建前
P1180130.jpg

昨日は美作市で建前でした。

微妙な天気予報のなか、今日はいける!

ということで行った建前

予想どおり、なんとか夕方まで降られずにすみました(^_^)v


今回のテーマはプロバンス

さあ、どういう家に仕上がって行くでしょうか?

楽しみですね。

KTさまの家づくり | 08:34:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
津山市で地鎮祭
P1180055.jpg

昨日は津山市で地盤調査

おじいさまの田んぼの一部を造成して造った土地

そんなんですから、おじいさまも心配されて、現場に駆けつけてくれました。


「昔は土地を埋めたら2~3年はそのままおいとったもんじゃけど、こねーに早よーとりかかて世話ねーんか?」

とご心配

昔はそうだったかもしれませんが、今の考え方では家の基礎を支えてくれるのは

表面の地層ではなくて、それから2~3m下の地層が大事なんですよ

だからこうして、槍みたいなものを突き刺して、その沈み具合を見ながら

下の方の地盤の堅さを見て行くんですよ。
aturyokukyuukonn.png

上図のような感じですね。


というようなことをご説明しながら調査を見守りました。


さて判定結果は??



FTさまの家造り | 08:33:39 | トラックバック(0) | コメント(0)
東一宮の高性能なすっきり和風の家 完成賢学会開催のお知らせ
motosimi.png

東一宮にまた新しく家が出来ました。

広々リビングの高性能なすっきり和風の家です。


お施主さまと、何度も何度も打ち合わせを行い

一緒に造り上げた家です。

随所にこだわりもちりばめられています。

もちろん今回も、息吹木の家の空気感はそのままです。

是非ともごらん頂きたくご案内いたします。。

日時 : 12月5日(土)、6日(日)
       9時~17時半

場所 : 東一宮


お申し込みいただいた方に地図をお送りします。


お申し込みは下記をクリックしてください。

https://forms.gle/xRaEe6BmdnFvu7Vw9

息吹木の家のこと | 14:02:24 | トラックバック(0) | コメント(0)
岡山で地盤調査
P1180050.jpg

昨日は、岡山の北区で地盤調査

久々の岡山での現場です。


つやまで地盤調査をすると、大体7割くらいは『改良工事』なしでも大丈夫という判定が出るのですが

岡山は、その数字が全く逆なんですよねーー。

さて、地盤の状態は??


このMDさま

実はずいぶん前からのお付き合い

この度やっと計画が定まって、こうして家の実行段階に進んできた方です。

そうしたぶんだけ、というか、やっぱ想いが深くて

こうしてなんとか着工の前段階までたどり着くことが出来ました。

着工は1月になってから

それまでやらなければならないことが満載です。

いい家造りにむけて頑張りましょう!

MDさまの家づくり | 08:09:13 | トラックバック(0) | コメント(0)
耐震等級3と実大実験
sato.png


構造塾の佐藤先生のユーチューブを見ていたら

耐震等級3の家より、実大実験した家の方が強いんですか?

という内容で発信されていました。

その根拠は

実際に実大実験をしているメーカーが、最近増えてきた耐震等級3をとっている工務店と差別化

するために、営業トークをして使っているようです。

実大実験、これは実験場で実際に家を造って、それを実際に揺らしてみて、その性能を検証する

というものですから、

メーカーさんには、「うちは実際に揺らしてみている結果ですから、机上のものとはちがうんですよ。」

というわけ。


で、結果的には

どちらも同じ!! ということ。


そもそも、耐震等級3の計算根拠というのは、いろいろな大学の先生とかが、

実代実験を繰り返しやって、散々耐震性能を検証した結果導き出したもの。

だから

実際には実代実験をしたのと同じこと、だと言うことです。


佐藤さんのYouTubeはこちらから。




メーカーさんの根拠のない営業トークにはくれぐれもご用心を

というお話



業界のこと | 08:30:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
津山市 緊急事態宣言
jishuku.png

今県北が大変なことになっています。

津山中央病院でクラスター発生!

勝央町の事業所でクラスター発生!

津山市だけでも54名の患者さん、県北を合わせると100名近くの症例が・・・


これを人口比で現すと

東京なんかでいうと3000人規模の症例とというような恐ろしい増え方。


ですから、上記のように、実質的な緊急事態宣言が津山市から発令されました。

やっぱり県北は田舎だから、そんなに増えないだろう、という油断があったのでしょうか


息吹木の家としては、全員おかげさまでなんともないのですが

この先本当に注意しなければなりません。


皆様もくれぐれもポスターの言うようなことを守って慎重にお過ごしください。

業界のこと | 10:20:59 | トラックバック(0) | コメント(0)
基礎梁
P1180027.jpg

美作市のKTさま邸

配筋が出来上がりました。

検査も、いつものようにきっちり合格

この後生コンクリートを打設します。


P1170489.jpg

この写真は、別の現場のものですが

赤い○をしたところ

基礎がないですよね。

人が通るため・・・・?

それもありますが、床下エアコンを仕込むためにわざと開けているんです。

でも

それって何も考えずに開けてしまっていいんでしょうか?

kiso2.png

何も考えずに、必要だから、と言う理由だけで開口部を設けたのが上の図の下の絵です。


基礎の立ち上がり部分は、『基礎梁』といって、建物を支える大事な部分

これは、木材の梁一緒で、建物を支えるための大事なもの

だから本来は、途中を開けたりせずに、端から端まできちんと通ってないとダメなものなんです。

しかし実際には、床下を点検したり、先ほどの床下エアコンを仕込んだりすると

基礎の間のどこかは図のように開口しなければなりません。

だから

上の図の上の絵のように、上がない分下に梁を造って、結果的にその梁がずっと通っている

ということを実現しなければなりません。

このような梁を『地中梁』を言います。

P1180042.jpg

わかりますかね??

下に掘り込んだぶぶん。

これが本来上にある部分を逆転して、下に造ったということですね。


出来てしまえば、目に見える部分しか分かりませんが

構造計算(許容応力度計算)までしていくと、こういった地中梁の大切さが分かります。

もちろん今回も、それに基づいた設計で出来ています。


KTさまの家づくり | 15:07:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ