FC2ブログ
 
■プロフィール

しーやんやっさん

Author:しーやんやっさん
良い家を創りたい! お客様にとにかく喜んでほしい!
そんなことを考えて家づくりに取り組んでいます。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

もう一度 賢学会について
明日、明後日と完成賢学会を開催するのは、先日来からご案内の通りです。

今回もいつも通り、『予約制』で行います。


弊社は、チラシは作りますが、新聞折り込みなどしないので、ご案内は、このとおりウエブ上か

DM、そしてお知り合いの方へのご案内のみとなっております。


ではなぜそんなことにしているのか、もう一度整理してみます。


弊社も6年くらい前までは、新聞にチラシを入れて、「どなたでもウエルカム」で賢学会を行っていました。

最後のそれは、両日とも朝から多くの方にご来場いただき、食事を取る間もなかったほどでした。

数にしてみれば、両日で40~50組くらい

それを,女房と2人でご相手するのですから、もうてんやわんやで、終わってみて女房に「どうだった?」と聞いても

「なんか忙しくてヨー分からんかった・・」ということ

それは私とて同じこと。

とにかく次から次からですので、一生懸命話はするのですが、1人の人に話をしていて、その間に来られた他の人も放っておけない

のでお話をする、それを繰り返していると、もう何がなんだかよく分からない状態・・・・


一般的な見学会では、スタッフに協力業者を呼びつけてお手伝いをさせる、なんて光景よく見ますが

所詮お手伝いはお手伝い、きちんとしたご説明や想いは語れません。

ですから、弊社ではそんなスタッフは全然いないのです。(協力業者も呼びつけられなくてほっとしているかも・・)


で、思ったのは、数を競っても何にもならない、ということでした。

だったら、予約制にして数を絞ろう。

それが答え。


予約制なんかにして全然人が来なかったらどうしよう。

すごく不安もありましたが、

一人一人の方に、きちんとご説明、解説、そして何より『家づくりの想い』をお伝えする

この本質的なところを大切にしよう、

そして、それができるなら、たとえ1日1組でもいいじゃあないか、という想いに至りました。


どの頃からですか、見学会を『賢学会』という字にしたのは。

HPにも書いてありますが、ただ単に見て回るのが見学、それに対して「どうしてそんなことになっているのだろうか?」とか

「なぜそんなことをしているのか?」とかいった、家づくりの本質的なところまできちんと理解していただきたい

そして、それによって,良いもの悪いものをきちんと見分けられる『賢い消費者』になってほしい

そんな想いから。



前から私よく言いますよね。

スーパーにいって、この野菜の産地はどこだろうか? 農薬の危険性はどうだろうか?

そんなことを一生懸命考えて買い物をする賢い主婦

そんな賢い方が、家のことになると・・・・

になってはダメですから。



最後に

本当に大切なものは目には見えないんだ。

星の王寺様の一説です。






スポンサーサイト



OOさまの家づくり | 08:39:35 | トラックバック(0) | コメント(0)
OBさまのブログ「まるでカフェのような自然素材のお家」
とあるOBさまがブログを書いています。

題名が「まるでカフェのような自然素材のお家」

その中の「健康になる家」では以下のように書かれています。


新築に住み始めてから、早くも5ヶ月が過ぎました。この時期はいつも、かもがやという植物とハウスダストでひどい咳に悩まされて

いましたが、第一種換気のマーベックスを入れていることもあり、屋内の空気はキレイで外気との差もほとんどありません。

これが私の健康を、維持してくれています。少し高かったですが日々の素敵な生活に欠かせない出費だったと思っています。表面

的な価格が新築購入の全てでは、ありません。

今後その家で30年以上生活するのに、以前と同じ病に悩まされるなんて、悲しすぎます。

家を買いたいと思ったのは2014年、悩みに悩んで業者を、決めたのが2017年、家が建ったのは2019年。本当に長い間、色んな業

者で見積もりをとったり、間取りを書いたりしましたが、ここまで理想に近づけることができたのは、親身になって計画を進めてくれ

た工務店の皆。家族経営のちいさな工務店だけど、県内ナンバーワンの実力ではないでしょうか。




ありがとうございました。m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m

ここまで言っていただくと,ホント感謝しかありません。


このお客様、他にも「家のデーター、電気代」ではきちんと自分の家の電気代を把握して

きちんと分析されています。


決して飾らない本音のお言葉

ありがとうございます。


他にもいろいろ書かれているので,是非とも飛んでみてください。


OOさまの家づくり | 17:32:25 | トラックバック(0) | コメント(0)
CHL岡山第21回会議
昨日は久しぶりにCHL岡山の会議

基本的には、一ヶ月に1回くらいのペースで開催使用、ということになっているんですが

ここのところ、水害やら名古屋での省エネミーティングやらで、ほんとひさしぶりの開催です。


さて、この会ですが

最初は、自立循環型住宅研究会フォーラムの発表を岡山からもしようじゃないか、ということで始まり

翌年は、省エネミーティングの岡山での開催と続き、

なんかしら、本当に忙しく慌ただしく過ぎて行ったように思います。

じゃあ今後は・・・・



この会は基本的に、野池さんのもとで勉強し、地域アドバイザー拠点をとっている会社の集まりです。

ということは、すべての会社が省エネの基本的なことは理解し、それを実践しているということ

だったら基本に立ち返り、そこのところをもっと深く理解しなければならない、のではないか

そうなると

やっぱ勉強!!ということになりますが

一人ではやりづらい、からみんなで勉強

ということか・・・・・


地元にこもって仕事ばかりしていると、たしかにそれ自体ははかどるはず

でも

それをずっと続けていると、世の中の情勢がわからなくなってしまう。

自分がどの位置にいるのか、その立ち位置さえわからなくなってしまう。

大げさな言い方かもしれませんが、ほんとそんな感じです。

だから、外へ出かける

だから、会に入って刺激を受けたり、与えたりする。


行くのも時々面倒になりますが

会の意義ってそんなもん・・・



OOさまの家づくり | 17:19:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
二宮で地鎮祭
IMGP0642.jpg

今日は、津山市の二宮で地鎮祭でした。

ここのところ、ずっと雨で、この地鎮祭も雨模様の天気の中での開催でしたが

うまく地鎮祭の間だけ降らずにすみました。

おかげさまで良い地鎮祭ができました。

本当におかげさまです。


こちらの工事は、まだいろいろとやることが多く

着工自体は、今月末ぐらいからになりそうです。


どの物件もそうですが、全力投球あるのみ

がんばります(^o^)v




OOさまの家づくり | 16:07:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
構造のお話②
webapi.jpg 
webapi (2) 



この上記の記事

実は、某大手サイディングメーカーより抜粋したものです。

書いてあるのは、「通気構法 外壁の性能を長期間維持」ってタイトルでの説明

何が書いてあるかと言うと

通気層をきちんと設けることで

・壁体内結露を防止できますよ

・雨水の侵入を制限して、入ってきても下に落ちやすいですよ。

・夏季には通気層が効いて涼しいですよ。

ってこと


どうでしょう??

きちんと書いてあるのに、どうして直に貼っているのでしょうか??


少なくとも私達は、こんなこと常識的に知っているので、たとえモルタルとサイディングとの違いは

あろうとも、直に貼ったり、塗ったりすることはできません。

弊社の場合だと、「通気胴縁の施工」 「ラス地の施工」 「フェルトの施工」なんかがみんな減ら

すことができますが、これってどう言うんでしょうか??

簡略工法?? スピード工法??  

いやいや、これって私から言わすと、手抜きです!!

 

これは、この写真の現場を攻撃してるのではなく、モルタルを塗っている現場なんかでもそうですが

直に塗ったり、貼ったりしている現場のなんと多いことか、ってことなんですね。


これで本当に困ったことには、

仕上がってしまったら、素人さんには全くその違いがわからないこと。

さらに困ったことには、プロでも結構無頓着なこと。


だから弊社は

躯体を傷めないため、長持ちするため、昨日ご紹介したような構造にしています。

いつも言うように、やることにはすべて理由があり、意味があるのです。




更には

地震に対する構造計算するときに、通常体力面材や筋交いを計算して、その等級を割り出しているの

ですが、その最低限で計算して等級3(最高レベル)を出しています。

ということは、ラス地なんかを貼る、という行為はその計算に含めていない

のですが

これも計算に算入しようと思えばできないこともない、というのが事実



これをわざと入れない、というのは、地震に対する“余力”を取るため

熊本地震でも検証されたようですが

ギリギリで等級3を取るのではなく、その他の余力が結構効いている

との学者先生の見解。

ギリギリ合格点60店をとって通過するよりも、実は70点、80点会ったほうが良いに決まっている

そういうことですね。





OOさまの家づくり | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ