FC2ブログ
 
■プロフィール

しーやんやっさん

Author:しーやんやっさん
良い家を創りたい! お客様にとにかく喜んでほしい!
そんなことを考えて家づくりに取り組んでいます。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

BELS
bels.jpg

久しぶりですが、今度計画している家で『BELS』を取得しました。

「BELS」(ベルス)とは、”建築物省エネルギー性能表示制度”のことであり、住宅の燃費を評価・表示

するための制度となっています。

つまり「BELS(ベルス)」とは、国土交通省が定めている「建築物の省エネ性能表示の

ガイドライン(建築物のエネルギー消費性能の表示に関する指針)」をもとに、住宅の燃費について

第三者機関が承認を行う制度です。


住宅が消費するエネルギー量を分かりやすく表示する「BELS」(ベルス)では5段階評価を採用しており、

星の数によってその性能を示します。

ちなみに星の数による一時エネルギー消費量の基準は以下の通りです。

星2つ・・・省エネ基準適合レベル相当

星3つ・・・低炭素住宅相当

星4・5つ・・・平成28年基準以上


今回の家は、もちろん☆5つ

BEI値は0.4で60%削減です。

ちなみにBEI値とは、設計一次消費エネルギーを、基準一次エネルギー消費量で割ったものです。

この”BEI値”は、数値が低ければ低いほど住宅の省エネ性が高いということを表しております。

同じ☆5つでも、さらにそれを上回っている、という結果ですね。


最近は性能にこだわる方が増えてきたので家の性能のグレードも上がってきています。

計画時には高くついても、将来的に長い目で考えると安くつく

そんな家造り、大切ですね。



スポンサーサイト



OOさまの家づくり | 09:02:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
2030年
2030.png
先週の土曜日、NHKで興味深い番組を放映していました。

その第1回 「暴走する温暖化~脱炭素への挑戦」というものです。

その内容は

地球温暖化、人口爆発と食糧問題、プラスチック汚染…いま人類は、新型コロナウイルスによるパンデミックだけでなく、

さまざまな世界規模の課題に直面している。こうした課題について、「分岐点」といわれているのが2030年。つまり、このまま問題

を放置すれば、2030年には取り返しのつかない未来へと進んでいくことになるのだ。

シリーズでは、最新のCGを用いて、未来の世界を映像化。この10年の間に、どうすれば危機を回避し持続可能な未来を実現でき

るか考えていく。


このままいくと早ければ2030にも、産業革命前から+1.5度に達するといわれる地球の平均気温。実は、この“臨界点”を超えて

さらに気温が上昇すると、温暖化を加速させる現象が次々と連鎖し、“灼熱地球”へと暴走を始める可能性が最新研究で明らかに

なってきた。その時、私たちの暮らしはどうなるのか、そして、どうすれば破局を回避できるのか。脱炭素を目指す世界の最先端の

動きをルポ、この10年私たちが歩むべき道を考える。


番組では、このまま行くと、夏の最高気温43度、台風の大型化、洪水の大量発生・・・などなど

悲惨な未来を予想していました。

実際問題、そのことの予兆はもうすでに起こっています。

このまま行くと・・・・・


このことは決して人ごとではありません。

今私たちが出来ることをやらなければなりません。

何かをやることで大量のCO2が削減出来る、ということは無理です。

全てやれることをやって、少しずつ減らして行かなければなりません。


そういう意味からすると

弊社の場合

省エネ住宅を造ることでエネルギー消費を抑えること

自然エネルギーを活用すること

できるだけ地産地消を進め、CO2の排出量を減らすこと

こんなことで少しでも地球環境に貢献出来るのではないでしょうか。


子供達に明るい未来を

みんなが願っていることですね。




OOさまの家づくり | 08:37:57 | トラックバック(0) | コメント(0)
蒜山のいえ 完成賢学会開催のお知らせ
idesama.png

蒜山の家がもうすぐ完成します。

今一生懸命仕上げにかかっています。


蒜山といえばログハウス、みたいな感じもありますが、この家は絵のとおり普通といえば普通の外観です。

というのも、蒜山に長年住まれているお施主さまが暮らしやすい家を造るため

いろんな知恵を出してくださってできたのがこの家だからです。


内部はもちろん息吹木の家仕様

いつものように気持ちの良い空間ができあがっています。



少し遠いところではありますが、晩秋の蒜山を楽しみがてらにいらしていただければ幸いです。


日時 ; 12月 1日(日) 10時~17時

場所 : 真庭市蒜山 


お越しいただいた方、一人一人に丁寧に接客させていただくため、予約制とさせていただきます。

お申し込みはこちらからお願いします。

OOさまの家づくり | 08:37:15 | トラックバック(0) | コメント(0)
もう一度 賢学会について
明日、明後日と完成賢学会を開催するのは、先日来からご案内の通りです。

今回もいつも通り、『予約制』で行います。


弊社は、チラシは作りますが、新聞折り込みなどしないので、ご案内は、このとおりウエブ上か

DM、そしてお知り合いの方へのご案内のみとなっております。


ではなぜそんなことにしているのか、もう一度整理してみます。


弊社も6年くらい前までは、新聞にチラシを入れて、「どなたでもウエルカム」で賢学会を行っていました。

最後のそれは、両日とも朝から多くの方にご来場いただき、食事を取る間もなかったほどでした。

数にしてみれば、両日で40~50組くらい

それを,女房と2人でご相手するのですから、もうてんやわんやで、終わってみて女房に「どうだった?」と聞いても

「なんか忙しくてヨー分からんかった・・」ということ

それは私とて同じこと。

とにかく次から次からですので、一生懸命話はするのですが、1人の人に話をしていて、その間に来られた他の人も放っておけない

のでお話をする、それを繰り返していると、もう何がなんだかよく分からない状態・・・・


一般的な見学会では、スタッフに協力業者を呼びつけてお手伝いをさせる、なんて光景よく見ますが

所詮お手伝いはお手伝い、きちんとしたご説明や想いは語れません。

ですから、弊社ではそんなスタッフは全然いないのです。(協力業者も呼びつけられなくてほっとしているかも・・)


で、思ったのは、数を競っても何にもならない、ということでした。

だったら、予約制にして数を絞ろう。

それが答え。


予約制なんかにして全然人が来なかったらどうしよう。

すごく不安もありましたが、

一人一人の方に、きちんとご説明、解説、そして何より『家づくりの想い』をお伝えする

この本質的なところを大切にしよう、

そして、それができるなら、たとえ1日1組でもいいじゃあないか、という想いに至りました。


どの頃からですか、見学会を『賢学会』という字にしたのは。

HPにも書いてありますが、ただ単に見て回るのが見学、それに対して「どうしてそんなことになっているのだろうか?」とか

「なぜそんなことをしているのか?」とかいった、家づくりの本質的なところまできちんと理解していただきたい

そして、それによって,良いもの悪いものをきちんと見分けられる『賢い消費者』になってほしい

そんな想いから。



前から私よく言いますよね。

スーパーにいって、この野菜の産地はどこだろうか? 農薬の危険性はどうだろうか?

そんなことを一生懸命考えて買い物をする賢い主婦

そんな賢い方が、家のことになると・・・・

になってはダメですから。



最後に

本当に大切なものは目には見えないんだ。

星の王寺様の一説です。






OOさまの家づくり | 08:39:35 | トラックバック(0) | コメント(0)
OBさまのブログ「まるでカフェのような自然素材のお家」
とあるOBさまがブログを書いています。

題名が「まるでカフェのような自然素材のお家」

その中の「健康になる家」では以下のように書かれています。


新築に住み始めてから、早くも5ヶ月が過ぎました。この時期はいつも、かもがやという植物とハウスダストでひどい咳に悩まされて

いましたが、第一種換気のマーベックスを入れていることもあり、屋内の空気はキレイで外気との差もほとんどありません。

これが私の健康を、維持してくれています。少し高かったですが日々の素敵な生活に欠かせない出費だったと思っています。表面

的な価格が新築購入の全てでは、ありません。

今後その家で30年以上生活するのに、以前と同じ病に悩まされるなんて、悲しすぎます。

家を買いたいと思ったのは2014年、悩みに悩んで業者を、決めたのが2017年、家が建ったのは2019年。本当に長い間、色んな業

者で見積もりをとったり、間取りを書いたりしましたが、ここまで理想に近づけることができたのは、親身になって計画を進めてくれ

た工務店の皆。家族経営のちいさな工務店だけど、県内ナンバーワンの実力ではないでしょうか。




ありがとうございました。m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m

ここまで言っていただくと,ホント感謝しかありません。


このお客様、他にも「家のデーター、電気代」ではきちんと自分の家の電気代を把握して

きちんと分析されています。


決して飾らない本音のお言葉

ありがとうございます。


他にもいろいろ書かれているので,是非とも飛んでみてください。


OOさまの家づくり | 17:32:25 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ