FC2ブログ
 
■プロフィール

しーやんやっさん

Author:しーやんやっさん
良い家を創りたい! お客様にとにかく喜んでほしい!
そんなことを考えて家づくりに取り組んでいます。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

床下から天井裏まで
s-DSCF7017.jpg

今日はOB邸の点検日

屋根部分から床下までしっかり見させていただきました。

写真は、私がネズミのように(?)床下へ潜っているところ。

手前みそではありますが、
基礎コンクリートがきれいにならされているので、とても潜りやすいです。


点検の結果、細かいところはのぞき、異常なし。

これからも家をかわいがってやってください。


そして昼からは

s-DSCF7033.jpg

リフォームの見積もり依頼のお客様の所へ。

今度の写真は、天井裏。

本当にせんべいのような断熱材がひいてありました。

こちらもいろいろと見させていただき、見積もり作業へ。



というわけで
今日は床下から天井裏まで、しっかり見させていただきました。





スポンサーサイト
家づくりの実際 | 18:34:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
屋根の工夫
s-CIMG3190.jpg

以前屋根仕舞いの話を書いてから大分たってしまいましたが、
今日はその話の続きです。

この写真を見て、分かりますか??

「屋根でしょ??」

って当たり前やンか!!

そんな話ではなくって・・・

続きを読む >>
家づくりの実際 | 18:23:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
屋根仕舞い~タルキ止め
s-CIMG3170.jpg

W邸 建前を終えてからずっと晴!!
むちゃくちゃありがたい事です。

今現在、屋根仕舞いを大体終え、壁の耐力面材を貼っていっているところ。


「屋根仕舞いちょっと遅いのでは??」
と思われる人もいらっしゃるかも・・・・

でも遅いのには遅い訳があるんです。

続きを読む >>
家づくりの実際 | 18:00:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
夏のEソーラー
うちの家はダブルソーラーの家

一つは皆様がよくご存じの太陽光発電のソーラー

もう一つは、太陽熱集熱器のソーラー

名をびおソーラーと言います。


このびおソーラー
元々はOMソーラーとしてして開発されました。
それは
東京藝大教授だった奥村昭雄(1928~2012)が独自に開発した空気集熱式ソーラーを元に開発されたパッシブ・ソーラーシステムです。

OMソーラーは2006年12月に特許期限が切れました。

それを機に
奥村先生は、もっと広く普及されるべきだと言う想いから、その発展系として誕生したのが
このびおそーらー。

s-ws_structure1.jpg

絵は冬の様子なんですが
屋根面で集めた熱を基礎まで送って暖気を出しています。

ただ、暖気を送ってそれが暖かい
という事だけではないんです。

この装置の肝は
床下のコンクリートは、1年を通して約15℃くらいでほぼ一定だというと

冬に15℃といったら暖かいですよね。

その熱もついでにいただいて、家を暖めようというのがこのシステムの考え方。


といった具合に
冬は暖か、快適ーーーと言うのが原理ではあるのですが
まさに我が家は実験棟

冬どうなるのかは、実体験としてまたリポートさせて頂きます。



で、今日の話は
そんな、びおソーラー

夏はなんの役にも立たない!!

ではなくて、それこそ実体験として、
「こりゃ夏もなかなかいけるぞ!!」っていうお話。

実はこの装置には「夏モード」や「室内強制循環」というモードがあるんです。

s-biohouse-sumai-summer.jpg
(絵は壁からの集熱パネルのモデルで、実際のものとは違いますが、イメージとしてこんな感じです)


「夏モード」は
夏の夜になって室内よりも室外が冷えて来ると、温度を関知してファンを動かし、室外の冷えた空気を取り込むというもの。

「オーこれはいいや!」ということで
設定温度を25℃にして、動くのを確かめてみましたが・・・

この地域、夜しっかり冷えてくれるので、風通しまでしっかり計算して建てたこの家では、その空気の方がよく冷えてくれるので、殆ど役に立たない(涙)

でも、町中の窓をしっかり締めて寝ないといけないような地域では○・・かも・・


で、注目は室内循環モード

装置は屋根裏のロフトスペースにあるので、そこの空気を吸い込んで床下に送るのがこのモード。

多少回しておかないと床下環境にも悪いし・・・
なんて思いながら回してみると

これがなかなか良いんです。

しっかり涼しい!!


天井裏の空気なんて暑いがな
と思われるでしょう。

でもしっかり断熱した我が家は、1階も2階も、そしてロフトも殆ど同じ温度。

その同じ温度の空気が、先ほど言った年中安定して15℃くらいの空間を通ってくるのだから
そりゃ、涼しいはず。

考えたみれば分かることなんですが
「夏のびおソーラー、おぬしなかなかやるな」と気づいた次第です。



こんな風に、実体験としてお伝えする
これが出来るのもこの実験棟のおかげ。

まだまだこれから気づいたこと、リポートしていきます。

こうご期待あれ




家づくりの実際 | 09:13:54 | トラックバック(0) | コメント(0)
実験棟 上棟
s-IMGP8819.jpg

本日 実験棟 上棟しました!

実験と言うからには、いろんなこと してみよう、と思っています。



まずは・・・・

断熱から、行ってみようかな。


でも

明日からまた雨の予報


ぼちぼちやっていきます。

家づくりの実際 | 21:11:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad