■プロフィール

しーやんやっさん

Author:しーやんやっさん
良い家を創りたい! お客様にとにかく喜んでほしい!
そんなことを考えて家づくりに取り組んでいます。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

W邸お引き渡し
s-CIMG3597.jpg

今日はW様邸のお引き渡し

色々なことを説明して、最終金額の精算をして・・・・
最後に鍵をお渡しして。

お引き渡し完了




他の会社がやるような
紅白幕をして、みたいな派手なことはできませんが
今回もお施主さまに思い出をたどってもらい、感慨も一入(ひとしお)だったように思います。


わたしもいつものように
嬉しいのと寂しいのと・・・・

感慨一入でした。





スポンサーサイト
Wさまの家づくり | 17:56:02 | トラックバック(0) | コメント(0)
明日は賢学会
s-CIMG3594.jpg

明日はW邸の賢学会

だというのに・・・

外部では、洗濯物干しのためのデッキを作っています。


いままで、OBのお宅の増築工事をしていて
なかなかできずにいたのですが、賢学会にぎりぎりセーフ

といっても
テラス屋根がまだついていないんですけど・・(汗)

でも
デッキは一応できたので、なんとか形にはなりました。


明日 ご予約頂いていた皆様
よろしくお願いいたします。

今回は、完全予約制ということで
なんか安気にしてしまっていますが、例のごとく“空気感そのもの”を感じにいらしてください。

それだけでも「他の家とは違う!!」と言うことが分かっていただけるものと思います。

ご来場お待ちしております。m(_ _)m

Wさまの家づくり | 18:22:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
みんながいなくなった
s-IMGP9823.jpg

今のW邸の様子

いろいろな職人さんが出入りしていたこの現場も
清掃が済んで静かな状態です。


手前みそではありますが
今回も結構いいできだと思います。

いろんな職人さんが、いろんな想いで仕上げてくれたこの家

本当によくできました。


今週の日曜日が賢学会

それが済むとお引き渡し


もうちょっとでこの家ともお別れになってしまいます。

いつもいつもそうですが
嬉しいような 寂しいような・・・

みんながいなくなって静まりかえった部屋で、この家を感じながら
そんな想いになってしまいます。



この家をさせてくださったお施主さまに感謝

この家に携わった下さった全ての職人さんに感謝です。


Wさまの家づくり | 08:34:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
W邸外部
今日ブログを見直していて「しまった!!!!」
と反省・・・・<(_ _)><(_ _)><(_ _)><(_ _)>

W様の家の進行状況ほとんど書いてなかった(汗・・・汗)


大分たっているので、もちろんいろんなところ進んでいます。

今日は外部ということで

s-CIMG3211.jpg

最初の写真はまだ一部骨組みが見える状態です。

壁の部分が白く見えているのは「耐力面材モイス」

ごく簡単に言うと
これを貼ることで地震に強いバランスの良い家ができます。

もちろん透湿性能もバッチリです。

s-CIMG3283.jpg

壁全体にモイスを貼り、その上に透湿防水シートを貼りました。

貼っているのはもちろんタイベックシルバー

雨は通さず、湿気だけは二がしてくれ、その上熱反射までしてくれる逸品です。

最近は似たような製品が結構出てくるようになりましたが
それに対してタイベックは他社との差別化を図るため、業界で初めて20年保証を打ち出しました。

自信の表れなんでしょうね。

いずれにせよ、取り替えが効かない部分ので、一番信頼の置ける製品を使っています。


s-CIMG3308.jpg

タイベックの上に通気胴縁を取り付けました。

家から出てた湿気を二がしてやるための大切な工夫です。

これを取り付けたあと、通気がスムーズに行くように、タイベックのしわなどを直してまわり
同時に防水を完璧なものにしていきます。

ここが防水の最終防衛ラインになりますから。


s-CIMG3388.jpg


塗りで仕上げる部分にはラス板を取り付けます。

これは、これで2重壁となり、先程説明したように通気層ができます。

静岡の方ではこれを「あらし」とか言うようですが
塗りを行うためには一番良い下地です。

s-CIMG3394.jpg

母屋には、サイディングを取り付けました。

弊社では基本的に窯業系のサイディングは使いません。

昔は使っていたのですが、
ワーキングジョイントといって、サイディング同士を突きつけて使う場合、どうしてもそこのコーキング(防水剤)が切れてしまうことが多いからです。

基本的には、その下に胴縁があって、水の最終防衛ラインがあるのですが
やっぱりあんまり入ってもらっては困ります。

それから、窯業系のサイディングは、経年変化で、どういったらいいか「くたびれ」が目立ちます。
なんか、美しく汚れず、みすぼらしくなってしまう・・・

全てが全てじゃあないですが
なんかそんな感じがしてなりません。

大手ハウスメーカーなんかは、ほぼ100%窯業系のサイディングですが・・・



今回使ったのは。鋼板のサイディング。

これは、ガルバニウム鋼板、といって
昔のものと違って、とても雨風に強いものです。

それは屋根材によく使われている、と言うことからも納得できると思います。

こいつだと、基本的に、さっきからいうワーキングジョイントがないので
コーキングの切れがあまり心配ありません。

色落ちも窯業系よりは相当しにくい。と思われます。


そして
塗りのところには、もう一度防水紙を貼って万全にしているのが見て取れます。


s-CIMG3483.jpg


そしてこれが今の状態。

ノンクラック仕様の壁材を塗りつけました。

あとは窓周りを防水して、仕上げ材を塗れば足場が落ちます。



内部も造りつけの家具などの造作に入っています。

ぼちぼちですが、確実に着実に進んでいます。



Wさまの家づくり | 17:48:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
現場打ち合わせ
s-CIMG3210.jpg

昨日は現場でWさまと打ち合わせ。

今まで平面上でしか打ち合わせが出来なかったのですが
これからは、こうやって実物を目の前にしての打ち合わせがメインになってきます。



図面上では分かっていたようでそうでないこと
結構ありますモンね。

だから
こうしたことが面倒なようでもやっぱり必要。

そして、自分の家が出来ていくさま
自分の目でしっかり確かめて、職人さんとも時には話をしたりして
家づくりに間接的にでも参加していくこと 大切です。



これから、どんどん歴史を重ねていきましょう。

想いがあればあるほど家づくりの中身が濃く、充実したものになりますから。



Wさまの家づくり | 18:13:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad