FC2ブログ
 
■プロフィール

しーやんやっさん

Author:しーやんやっさん
良い家を創りたい! お客様にとにかく喜んでほしい!
そんなことを考えて家づくりに取り組んでいます。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ARさま DIY開始
P9145087.jpg

湯郷のARさま邸

DIYの開始です。


すっかりおなじみになったこの光景

個人的な部屋や、クローゼット、納戸などは自分で塗ろう!!

みたいな感じで、ここのところほぼ90%以上のお施主様が壁の珪藻土塗りをされています。

やっぱ、塗ると空気感が全然違ってくる

そんなことが認識されているんだな、って実感です。



ただ、いくら塗るって言っても、いきなり珪藻土ってわけには行きません。

地味ーーーな養生作業から。

それが終わってパテ塗り

そして珪藻土

ですから、まだまだ道のりは遠い、ですが

じみーーーーな作業をきちんとこなしてこそ、珪藻土塗りがうまくいく

それを考えてじっくりやりましょう!

スポンサーサイト
ARさまの家づくり | 15:39:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
いつものウールブレス
P7254918.jpg

美作のARさま邸

いつものように、いつものようにウールブレスを壁に施工しました。

壁に・・というのは、いろいろな諸事情で天井がすべて終わってないから・・・


今度の話も、帰ってきた息子とのもの

「なんでうちは断熱材をウールブレスにしたん?」

という原点の質問。

断熱材を選んだポイントとしては、多く分けて2つ。

一つめは、自然素材であるかどうか?

2つ目は、施工性がどうか?


まず一つ目の自然素材という点からすると、

候補は、ウールブレス、セルロースファイバー、炭化コルク、ウッドファイバーってとこ

セルロースファイバーは、新聞紙を細かくしたものをブローイングといって、壁の中や天井に機械を使って吹き込むもの。

これを使わなかったのは、吹き込み方が悪いと“ドスンと”落ちてしまう、ということを何度か大工の証言として聞いたこと

そして、吹き込むのに機械が必要だ(これについては賛否両論)ということ


次に炭化コルクですが、名前はよく上がるのですが、使っているところを見たことも聞いたこともない、ので評価しようがない、という

ことでパス。


そしてウッドファイバー、 これは弊社でも屋根内使ったりしており、とてもいい断熱材だと思うのですが

如何せん、かさばりすぎるのが大欠点。

ウールブレなど、他の断熱材は圧縮して運搬してくるのですが、こいつはそれができいないのでそのまんま。

ということは、運賃も半端ないし、置き場所にだって困る。

ということで、断念。


ついでに番外編

水発泡のウレタン。 今はマシュマロ断熱なんて可愛い名前がついてますが・・・

これも機械で吹き込むのですが、吹き付けた途端、10倍位に膨らむ

これはすごい! って興味を持ったのですが、施工による差が大きいのと、削り取ったらそこから湿気が侵入してとんでもないこと

になる(某断熱の大先生談)ということ

そしてなにより、そこの現場に行かせてもらったのですが、匂いがたまらない!

化学系の匂いが・・・とてもそこに長くいられない

ということでもちろんパス。


ということで、今の断熱材ウールブレスにたどり着いたってこと

これは、ずっと以前にも書かせていただいたのですが、アトピーを患っているお子様も大丈夫だった、っていう実績もあるし

なにより、セーターにも使われているようなものですから、安全率は非常に高い、と思います。


これもいつも申し上げることですが

選んだものには、ちゃんと根拠があり、理由がある。

それが家を建ててくれる方々への責任ですから。





ARさまの家づくり | 08:52:38 | トラックバック(0) | コメント(0)
タイベックシルバー
P7034734.jpg

美作市のARさま邸

外部はこうして、いつものようにタイベックシルバーを貼り終えました。

こうしておけば今回のように台風がやってきても安心です。

この時点で雨がもらない、イコール最終防衛ラインがしっかりしている、ということですからね。


で、世の中には、このタイベックシルバーと同じような商品たくさんあります。

もちろん値段も違います。

後から出した商品は、大概前のものより安く販売してますからね。

でも、弊社はこれを使い続けているというのは

img_07.jpg

こういうことなんですね。

これは、タイベックのHPの資料ですから、多少大げさなのかもしれませんが

現実には、こうした資料をきちんと公開していて、良さをアピールしているのはほぼこの会社だけ

ということを考えると、やっぱり信頼できるところを選ぶべきであろう、と思います。

だって、いつの申し上げるように、将来に渡って変えられないもの、替えにくいものは、きちんといいもの、長持ちするものを使って

行かなくちゃお客さまに失礼ですから。

P6184195.jpg

もう一つ、タイベックシルバーにはこんな使い方も。

写真は、小屋裏内部

天井にシルバーを貼り付けているところです。

img_03.jpg

これは上記のようなことを期待してのこと。

夏の日中は60℃以上になることもしばしば、という天井裏。

少しでも気温を下げることができたら・・・という想いでこうしてます。

実際には、これをやるよりも断熱を強化したほうがいい、というご意見もたくさんあるのも知ってます

弊社では、断熱強化はもちろんして、その上でこれをやってます。

1℃でも、2℃でも、されど1℃ですから。


タイベックシルバーシルバーのことは、HPに詳しく書いてますから、またみてやってください。


タイベックシルバーを始め、いろんな商品があり、お金を出せば何でも買えます。



大切なのは

なんでもそうなんですが

なんでその商品を選んだのか?

どういう家にしたくてその部材なのか?

きちんとその理由が言えるかどうか、家に想いがあるかどうか

そんなところだと思うのですが、どうでしょう。

ARさまの家づくり | 08:41:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
床合板?
P6184193.jpg

昨日は朝一から美作の現場へ。

途中ニュースで、大阪で大規模な地震発生との一報

震度6、マグニチュードも6・・・・

って大変じゃん、とか思いながら現場着。

大工さんも、「ここらあたりも結構揺れましたね。」と言うのですが、車を運転していたせいか

私は全然わからず・・・(汗)

夕方に帰ってみると、みんな結構揺れた、と・・・・

知らぬが仏でした。


その話はおいておいて

今朝運んだのが写真のやつ

床に敷く合板、「ムクボード」です。

合板って言っても、9センチほどのものを横に張り合わせているだけのもの

普通の合板は全面にノリが付いているので、その使用量は桁違い。

こんなもの、この先フロアー材を貼ってしまえば見えなくなってしまう床にわざわざ貼る理由

それは先程ご説明したとおり

床下をエアコンなどで温めたときに、自然の摂理で、悪いものが放出される

つまり、のりの匂いがプンプンしてくる

そうすると、せっかくの自然素材の家に、いやーーーな匂いが充満・・・

そんなことにならないよう、こうして
ひたすらムクに近い合板、ってそう呼んでいいのか、どうかわからないようなものを使用する。

健康住宅なんて、よく聞きますが

やっぱ、そう呼ぶなら、ここまでこだわらないと。



弊社の家が、新築の賢学会でも木の香しかしない理由

こんなところにもあります。

ARさまの家づくり | 07:41:56 | トラックバック(0) | コメント(0)
屋根完了、オクトボー散布
P6114122.jpg

美作のARさま邸

梅雨の合間をぬって無事屋根工事完了。

今年は、降るときは降る、降らなければ大丈夫、といった結構はっきりした天気だったので

梅雨の合間にもかかわらず、無事建物を濡らすことなく屋根工事完了できました。

おかげさまでm(_ _)m


さた、屋根工事が終わって、濡れなくなってところでやらねばならないのが防蟻工事

そう、いつものホウ酸の防蟻剤『オクトボー』の散布です。

実はオクトボー、とっても良い防蟻剤ですが、一つだけ大きな弱点があります。

それは

濡れると流れてしまうこと。

それ以外は、一度散布すると、ほぼ半永久的にその効果が持続する、というすぐれもの。

加えて

シロアリには効くが、人体にはほぼ無害

塩や、醤油と同じぐらいの毒性

って、毒じゃないですけど・・・・・


そんな安全なものですから、いつも散布するのは私

お客様の目の前でもなめて見せたこともしばしば。

今年からは、息子も手伝ってくれているので、より念入りに散布できています。


自然素材、自然素材っていいながら、ここだけは毒性の強いものを撒く

って、やっぱ違いますもんね。


ARさまの家づくり | 08:17:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad