FC2ブログ
 
■プロフィール

しーやんやっさん

Author:しーやんやっさん
良い家を創りたい! お客様にとにかく喜んでほしい!
そんなことを考えて家づくりに取り組んでいます。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

建前
P1180130.jpg

昨日は美作市で建前でした。

微妙な天気予報のなか、今日はいける!

ということで行った建前

予想どおり、なんとか夕方まで降られずにすみました(^_^)v


今回のテーマはプロバンス

さあ、どういう家に仕上がって行くでしょうか?

楽しみですね。

スポンサーサイト



KTさまの家づくり | 08:34:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
基礎梁
P1180027.jpg

美作市のKTさま邸

配筋が出来上がりました。

検査も、いつものようにきっちり合格

この後生コンクリートを打設します。


P1170489.jpg

この写真は、別の現場のものですが

赤い○をしたところ

基礎がないですよね。

人が通るため・・・・?

それもありますが、床下エアコンを仕込むためにわざと開けているんです。

でも

それって何も考えずに開けてしまっていいんでしょうか?

kiso2.png

何も考えずに、必要だから、と言う理由だけで開口部を設けたのが上の図の下の絵です。


基礎の立ち上がり部分は、『基礎梁』といって、建物を支える大事な部分

これは、木材の梁一緒で、建物を支えるための大事なもの

だから本来は、途中を開けたりせずに、端から端まできちんと通ってないとダメなものなんです。

しかし実際には、床下を点検したり、先ほどの床下エアコンを仕込んだりすると

基礎の間のどこかは図のように開口しなければなりません。

だから

上の図の上の絵のように、上がない分下に梁を造って、結果的にその梁がずっと通っている

ということを実現しなければなりません。

このような梁を『地中梁』を言います。

P1180042.jpg

わかりますかね??

下に掘り込んだぶぶん。

これが本来上にある部分を逆転して、下に造ったということですね。


出来てしまえば、目に見える部分しか分かりませんが

構造計算(許容応力度計算)までしていくと、こういった地中梁の大切さが分かります。

もちろん今回も、それに基づいた設計で出来ています。


KTさまの家づくり | 15:07:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
地鎮祭
P1170958.jpg

土曜日は、美作の地で地鎮祭でした。

台風14が接近する中で、どうなることやら、と心配していたのですが

当日は晴れ!

少々風が残ったものの、抜群の天気の中執り行うことができました。

おかげさまですm(_ _)m



KTさまの家づくり | 08:14:36 | トラックバック(0) | コメント(0)