FC2ブログ
 
■プロフィール

しーやんやっさん

Author:しーやんやっさん
良い家を創りたい! お客様にとにかく喜んでほしい!
そんなことを考えて家づくりに取り組んでいます。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

またまた一週間
またまたブログを更新しないまま一週間が経ってしまいました。

毎日毎日暑い中で一生懸命いろんなことをして、帰ってきたら、とにかく一番にシャワー、風呂

メシ食ったら,もうぐったり・・・

そんなことの繰り返しで。

とにかく、この暑いのをなんとかしてくれないとダメですね。

P1160070.jpg

そんな中でやったのが、YMさまとの現場打ち合わせ。

いくら忙しくても、こういうことはきちんとやっておかないと

後から「やっぱりこうだった、ああだった。」みたいなこと起こりがち

だから現場打ち合わせは大事ですね。

それから

リフォーム現場の段取り、蒜山の細々したこと

材料の段取り・・・・・

やっぱ、やること山ほどあります。

P1160073.jpg

そして、久世のHKさま邸の片付けと、油塗り

今回リビングゾーンは「南西桜」のフローリングを使ったので、油を塗るとその違いがくっきり

色目ということで言うと、やっぱ広葉樹系のものはきれいですね。

この現場は、杉のフローリングも貼ってあるので、その違いも分かって面白いかも。

賢学会お待ちしてますm(_ _)m



そして、そして、これで終わりではありません。

このHK様邸、まだ細々したものが残ってますし、床下ももう一度お掃除

基礎断熱の場合は特に気をつけなければいけない部分です。

だから、大きなネズミ、掃除機抱えて潜ります。



そして、そして、もう一つ

18日に行う予定の木工教室

これの段取りもしておかなければ!!


お盆ほとんどなし、ですね(^_^)v

スポンサーサイト
息吹木の家のこと | 08:43:22 | トラックバック(0) | コメント(0)
この1週間
前回の記事から大分経ってしまいました。

だって・・・・

と言ってみても申し開きにしかならないのですが

この1週間の暑かったこと、暑かったこと

会う人会う人、交わす言葉は「暑いですねーー!!」

こればっかり。

本当に参りました、と過去の話のようにいってもまだまだ続きそうですが・・・・


そんな1週間

蒜山のIDさま邸へも出かけ、断熱を仕込んできました。P1150989.jpg

もちろんいつものウールブレス

違うのは、今回のものは120㎜仕様ということ

寒い蒜山、少しでも暖かく、ということでの判断。

断熱は,壁だけで決まるものではないですが、他も含めて性能値を上げようと思えばこれくらいは必要かな・・ってことですね。


それから,久世のHK邸へも

ここは仕上げに向けてまっしぐら。

棚受け金物を取り付けたり、塗装を施したり・・・・

とにかく仕上げに向けてのしごとは結構あります。

9日には掃除が入るので、良くなること間違いなし。

乞うご期待ですね。


そして、そして津山のYMさま邸

外部のタイベックシルバー ほぼ貼り終えました。

台風シーズンを迎えようかというこの時期、いつまでもブルーシートではダメですから。

P1150982.jpg

とにかく、これでひとまずは安心、ということで


で、実はこれらに加えてこんな工事も

P1160040.jpg

OBのKGさまの車庫を建てさせていただきました。

木製の車庫、やっぱりアルミのそれと比べると、やっぱ良いですよね。

KGさまも、「かっこいいやつを!」というご要望でしたので、そういう風に造りましたm(_ _)m


それから、実は改造も進んでいます。

この暑いのに、ちょっと大変。

でも、今はやりの“空調服”を着ながら頑張っていきたい。と思います。


最後に

P1160024.jpg

ごんごまつりの花火も,孫を連れて楽しみました。

すごい人出に戸惑いながらも、一旦座ってビールをすすると、花火モード

楽しかったです。

息吹木の家のこと | 08:47:35 | トラックバック(0) | コメント(0)
珪藻土塗り体験会2019
P1150498.jpg

珪藻土塗り体験開始です。

今年は、今着工中の人、これから計画中の人 併せて5組

OBの方4組と大勢のみなさまにご参加いただけました。


今年も、広島からゆふ珪藻土伝道師 井筒さんが指導に来ていただき

とても楽しく、わかりやすい会になりました。

P1150502.jpg

本番の塗り体験ですが

新人さんはもちろんのこと、すでに住まれているOBさまも3組のご参加

その時には子供がまだまだ小さくて、きちんと体験していないから、とか

本当に楽しそうに参加されていました。


一方で新人さんは

これから実際に自分の家を手がける、とあって、OB様に比べるとちょっと真剣

でも井筒さんのご指導を仰ぎながら、どんどん上達

最後は,どの方も立派! といえる仕上がり

お疲れさまでしたm(_ _)m


この後、新人さんは,井筒さんによる素材教室に参加

無垢材と合板床の良いところ悪いところを、目と感触で体験

悪いところのリカバリー方法など、実際の暮らしに即して解説

短い時間ではありましたが、とてもためになる教室でした


そして

P1150525.jpg

最後はいつものようにBBQ!

新人さんOBさんnとの交流がしっかりできたのはもちろんのこと

井筒さんへの個別の質問も沢山あり

とても楽しくて充実した時を過ごせました。


みなさん,お疲れ様でした。

そして,ありがとうございました。





息吹木の家のこと | 09:12:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
結露の非定常計算
P1150491.jpg

本日は、とある新規のお客様のご要望によりプレゼンをしました。

そのプレゼンというのが、先日も“ちらっと”ご案内した「結露の非定常計算」です。


家がどんどん気密化、高断熱化していく中で、私たちが一番心配しなくてはいけないのが結露という問題

昔の家、アルミサッシももちろん無いし、断熱材だって入っているかどうか分からないようないえだったら

そんな心配は皆無と言って良いのですが、今の住宅では,この問題は深刻。


もちろん,結露するかどうか,よく分からない、では論外

ですから、それをきちんと論理的、数学的に証明する必要があります。

そのために用いるのが、結露の定常計算というもの。

これは、ある一定の条件の元で,その部位が結露するかどうか計算で証明するもの

その条件というのは、結構きつめで行うので、通常はこの定常計算でOKだったらほぼ安心。


しかしながら、気候は変動するものだし、気温だって毎年同じではない、と考えると

「定常」ではなく「非定常」と考えた方が理論的

だから

そこの気候条件を何年か分を入力して、実際の気候、気温、湿度まで入力して計算する

これが非定常計算というもの


実際によく言われるのは、定常で大丈夫だったら、非定常も大丈夫

逆に定常で不安だったら、非定常で計算してみる、 こんなことです。


それもご説明した上で、「それでも、きっちり納得したい。」と言われるお客様

そんなわけでやってみました非定常計算

P1150494.jpg

これは写真ですので、もちろん静止画ですが、実際にはこのグラフは、めまぐるしく動いています。

この場では説明しづらい部分もありますので割愛しますが、

この計算でやっても結露は出ないであろう、と言う結論です。


もちろん,実際に見てみたい、と言われる方は、是非とも申し出てください。

動画を見ながらご説明いたします。



せっかく建てる住宅

何年か経って、おかしいな、と思って壁を剥いでみたら・・・・・

壁の中はカビだらけ!!

笑い事ではありません。

実際にそんな住宅は存在します。


家を相談しに行くときに、大事な質問事項いくつもありますが

結露対策は?

どうやって計算していますか?

これは最重要科目の一つに上がることは間違いありません。

息吹木の家のこと | 18:41:10 | トラックバック(0) | コメント(0)
世の中は10連休
10連休が始まりました。

そして今日4月30日は平成最後の日

テレビでもラジオでもその話題で持ちきり。


私はというと、

しっかり仕事をさせていただいております。

おそらく建築業界では、10連休なんて夢のまた夢だろうと思います。

ま、仕事がいただけている幸せ、これをかみしめなければ!


でも、全く休みなしとはいかないので

5月3日~6日はお休みをいただきます。

よろしくお願いいたします。

息吹木の家のこと | 18:25:58 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ