FC2ブログ
 
■プロフィール

しーやんやっさん

Author:しーやんやっさん
良い家を創りたい! お客様にとにかく喜んでほしい!
そんなことを考えて家づくりに取り組んでいます。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スギ無垢材の抗ウイルス効果実証
いつもお世話になっている業界紙「新建ハウジング」

にうれしい記事が載っていたのでご紹介します。

以下

国産の木材が住環境において人の健康に与える効果を科学的に検証しながら、家づくりに生かそうと取り組む全国の工務店と九

州大学などでつくる協同組合「木の家の健康を研究する会」(理事長=安成信次・安成工務店社長)は、国産スギの無垢板材の表

面の抗ウイルス効果を確かめる実験を行い、このほど「新建材(樹脂建材)と比較してウイルス感染力を99.9%以上低下させる効果

がある」と実験の結果を公表した。

実験を行った同大農学研究院環境農学部門の清水邦義准教授は「ワクチン接種に限らず、住環境の側面からウイルス対策を促す

きっかけになる」と話す。

3men640-1-640x170.jpg
実験は1cm角の天然乾燥と高温乾燥した大分県産「津江杉」の無垢材、新建材それぞれに、インフルエンザウイルスを滴下し、2時間後にウイルス液を回収し感染力を評価した。


同組合理事長の安成さんは「家づくりにスギの無垢材を使うことで抗ウイルス効果があることを立証できた」とし「新型コロナの流行

によって感染対策、健康に対するニーズが高まっている中、地域で自然素材型住宅を手掛ける工務店にとっては追い風となる結

果だ。ハウスメーカーがうたう健康住宅とは異なり・・・・


という記事です。

安成工務店山は、日本を代表する工務店山の一つで、資金力jも豊富にあり

こういう実験を大学と共同できている、というのはうらやましい限りですが

抗して実験結果を公表して下さるのはうれしいことですね。


実験は杉材でしたが、結果はどの木材でもでも同じような結果がでるものと思います。

やっぱ自然素材の力って偉大だわ!


スポンサーサイト



業界のこと | 08:22:22 | トラックバック(0) | コメント(0)
ある大工さんのぼやき
先日現場に行ってきての休み時間での話

その現場には、手伝いの大工さんが来ていました。

その大工さんの話です。


彼は普段は、某大手ハウスメーカーの仕事をしているそうです。

そこでは、とにかく一番良いのは「早い」こと

どんなに丁寧にやろうとも

どんなに工夫を凝らしてやろうとも

そんなことは一切評価されない。

全く褒めてもらうこともない。

多少仕事が粗くても、とにかく早いのが一番


「荒かったら後が困るでしょ、どうするんですか?」って聞いたら

後でチェックが入るんだけど

直すのはみんな「リペアーやさん」

だから多少荒くても、あとでなんとかしてくれるみたいな腹がある、ということ

ひどいときには100カ所近いチェックが出るとか・・・・・


新築なのにリペアーさんが入って直すというのは、クロスなんかを剥がしてみるとつぎはぎだらけ、みたいな・・・

ま、仕上げがきれいだったそれで良いんでしょ。

そんな感じ



ってひどい話ですよね。

大工さんも、そこで働けば、ずっと仕事がもらえるから行ってるんだけど

全く仕事を評価してもらえないのはつらい、って言ってました。


私たちの会社では、大工さんをはじめいろんな職人さんの仕事をきちんと評価しながら進めて行きます。

そうすることで、お施主様ももちろん良いし、職人さんもうれしい、私たちも幸せ

という3方よしの和が生まれてきます。


うれしくて、もっと良いものをしてやろう!と思って仕事をするのと

あまり気乗りがしなくても、とにかく早いだけの仕事

どっちが良い仕事になるのか

皆さんも絶対に分かりますよね。

業界のこと | 16:28:24 | トラックバック(0) | コメント(0)
またまた地震
natural-disaster_10_01.jpg

またまた東北地方で地震がありました。


東北地方は、青森市は5.7% 仙台市は6.1%などで最も高い秋田市でも8.1%です。(震度6以上の確率)

しかし、確率が低くても注意が必要です。

▽確率が3%なら1000年に1回程度。▽6%では500年に1回程度。▽26%では100年に1回程度を示しています。


こういう風にものの解説では書かれていたのですが

仙台で6.1%って・・・・

実際には、2011年に起こってからまた、って

想定にあったといえばそうだし、なかったと言えばそうなるし


その想定でいえば、岡山は42%らしい。


そんなことを考えると

JISN6.png

やっぱり家は等級1では全然ダメ

等級2でも不安

そうなるとやっぱり、等級3で建てなくては!

JISN5.png

熊本地震のデーターが示してくれてます、等級3である必要性を。


もしも、想定外

これに備えてこそ安心・安全の家といえると思います。


業界のこと | 08:58:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
耐震等級3と実大実験
sato.png


構造塾の佐藤先生のユーチューブを見ていたら

耐震等級3の家より、実大実験した家の方が強いんですか?

という内容で発信されていました。

その根拠は

実際に実大実験をしているメーカーが、最近増えてきた耐震等級3をとっている工務店と差別化

するために、営業トークをして使っているようです。

実大実験、これは実験場で実際に家を造って、それを実際に揺らしてみて、その性能を検証する

というものですから、

メーカーさんには、「うちは実際に揺らしてみている結果ですから、机上のものとはちがうんですよ。」

というわけ。


で、結果的には

どちらも同じ!! ということ。


そもそも、耐震等級3の計算根拠というのは、いろいろな大学の先生とかが、

実代実験を繰り返しやって、散々耐震性能を検証した結果導き出したもの。

だから

実際には実代実験をしたのと同じこと、だと言うことです。


佐藤さんのYouTubeはこちらから。




メーカーさんの根拠のない営業トークにはくれぐれもご用心を

というお話



業界のこと | 08:30:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
津山市 緊急事態宣言
jishuku.png

今県北が大変なことになっています。

津山中央病院でクラスター発生!

勝央町の事業所でクラスター発生!

津山市だけでも54名の患者さん、県北を合わせると100名近くの症例が・・・


これを人口比で現すと

東京なんかでいうと3000人規模の症例とというような恐ろしい増え方。


ですから、上記のように、実質的な緊急事態宣言が津山市から発令されました。

やっぱり県北は田舎だから、そんなに増えないだろう、という油断があったのでしょうか


息吹木の家としては、全員おかげさまでなんともないのですが

この先本当に注意しなければなりません。


皆様もくれぐれもポスターの言うようなことを守って慎重にお過ごしください。

業界のこと | 10:20:59 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ