■プロフィール

しーやんやっさん

Author:しーやんやっさん
良い家を創りたい! お客様にとにかく喜んでほしい!
そんなことを考えて家づくりに取り組んでいます。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

CHL岡山 野池さんがやってきた
昨日は、CHL岡山の会議

今回は、大阪から野池さんがやってきての講義


考えてみれば(考えなくても)、CHLは、野池学校で温熱を学んで、試験を受けて、省エネアドバイザー拠点となった
会社の集まり

だから、野池さんはいつまでも私達のお師匠さま

いくらアドバイザー拠点だからと言っても忘れていることは沢山、こうしてお師匠さまをお迎えして

もう一度復習するのも大切ですよね。



ということで、今回の学びは、温度シミュレーションと、その実測について

自分が造った家が、どういう性能で、どういう温熱環境なのか?

それを事前にシミュレーション、そして、実際の温度測定

その繰り返し


簡単なことのようですけど、きちんとは出来ていないことに反省

OBさまのとつながりはきちんとあるんですが、全棟温度測定というわけには・・・


でも、やっぱり、なん棟かに一つや2つはやっていって

自分のやっていることに、きちんと裏付けをとることの大切さを感じ直しました。


5月からは弊社の愚息も帰って来ることですし

時間をきちんと取って、やるべきことやっていかねば

そんな感じです。


やっぱこうして他社の皆様と集まったり、お師匠さまの言葉を聞いたり

刺激を受けることが大切ですね。



スポンサーサイト
業界のこと | 08:36:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
業界紙の記事より
業界紙の記事で面白いものを見つけたのでアップします。

タイトルは、「男性よりも女性の方が温熱環境に魅力感じる」というもの

住宅の温熱環境に対する魅力は性別によってかなり差があることがわかった。旭化成建材(東京都千代田区)快適空間研究所と旭リサーチセンター(東京都千代田区)ハビトゥス研究所が、首都大学東京、駒沢女子大学と共同で行った調査の結果だ。

温熱環境が良い住宅で魅力に感じることを男女別でみると、「家のどの場所にいても快適に過ごせる」では男性36.3%に対し、女性53.3%と17ポイントの差がついた。「健康的に体調良く過ごせる」という項目についても男性56.8%に対し、女性65.6%、「暑さ・寒さのストレスがなくなる」でも男性が36.9%、女性が47.0%と、ともに10ポイント近い差があった。女性の方が男性よりも温熱環境に魅力を感じていた。温熱環境の向上により、男性よりも女性の方がさまざまな家事行動が楽になるとイメージしていることが影響しているようだ。

merittto.png

実際、窓ガラスの断熱性能と家事行動との関係を見ると「家の中が暑くて料理をするのが億劫に感じる」比率は、シングルガラスの住まい(グラフ クラスA)は60.3%だったが、Low-Eペアガラス+トリプルガラスの住まい(同クラスC)の人は32.5%だった。

ryori.png

温熱環境の良さが女性にとって住まいの魅力になることを示す結果だ。


どうでしょう??

家の中にいる時間を考えると、いま時点では女性のほうが圧倒的に長いし、やることも多いので室内環境

特に一番わかり易い温熱に対して敏感である、ということなんでしょうね。



ということは

温熱に力を入れ、プラスアルファとして、空気感にこだわっている弊社

やっぱり間違いではない、ってことですよね。




業界のこと | 08:25:28 | トラックバック(0) | コメント(0)
美作材
先日の記事 美作材のトラック

早速見かけたよ!!

なんて都合のいいことがあるわけないですよね・・・(汗)


で、今回のお話は、トラックのことではなくて、美作材そのもののことについて


皆様は「美作材」ってごそんじでしょうか??

この美作って地域、御存知の通り中国山脈に囲まれたところ

だから当然そこら内中に山があって、そして木が生えている。

そんな地域だから、昔から木材を扱うことをなりわいとして生きてきた人も沢山います。

ただし、例えば吉野杉とか、秋田スギとかいった超有名なブランドと違って

この産地の場合、そんな無茶苦茶良いものは取れなかった、というのも事実

でもそれって、裏を返せば、庶民が使いやすい材が沢山あったってことですよね。

そんなところに目をつけて、業界みんなで結束してブランド化したのが美作材。


その頃は、私も材木業界にいて、このブランド化に関してはいろいろと下働きさせていただいたものです。

なんか懐かしいなーーー


弊社の場合、私がもともとそんな立場だったということ

そして何より、やっぱ木が好きでたまらない、ということで

ほぼ100%美作材で家を造っています。


美作材のいいところ

それは、何より手が届きやすい価格であること

そして、杉、桧、松 とほぼすべての国産材が手に入ること

そんないいとこだらけの産地なんですが



岡山では殆ど使われていない、という驚愕の事実

ごぞんじでしたか ?????

津山と岡山、たった60キロほどしか離れていないのに・・・・・・



では岡山では何が使われているのか

ほとんどすべてがホワイトウッドという輸入品

そして、それの集成材


ホワイトウッドに関しては以前もちょっとだけ触れましたが

絶対に絶対に使いたくない木材

他のものの悪口はあまり言いたくないのでここでは控えますが

安い、便利、流通がいい そんな売り手側の理由だけで材を決めてほしくないものです。


そんなんで美作材は県南ですらあまり使われない材になってしまい

使うことがあっても、なにか高級材みたな扱い

せっかくすぐ近くの山に生えている木を使わないなんて

って思うのはわたしだけでしょうか?


お客様が弊社の展示場(と言っても自宅なんですが)に来て言われること

「木のいい香りがしますねーーー」

そう、良い木の香り、

これって国産材だからこそするものなんです。

だってよその外在ばかり使っている家ではしないでしょ。


こんな香りのする家

これこそが、人間が長く住み続けられる家、

いやいや、本来住むべき場所だと思うのですが。



高断熱住宅にして快適で家計に優しい家を造る

そして

高気密住宅だからこそ、その中身は木の香りがする人間に優しい空間にする


そのどちらが欠けても、現代における家造りはダメだと思っています。

それこそ私のいつも言う 不易流行 の家造り。




なんかこんなことばかり話しているとエンドレスになりそうなので終わります。

興味がある方はお話に来てください。

エンドレスでお話しましょう・・(笑・・・汗)



業界のこと | 09:07:51 | トラックバック(0) | コメント(0)
美作木のいえ設計コンペ
P1193189.jpg

今年も、美作木のいえ設計コンペが開催されます。

今年のお題は「子どもが育つ家」


弊社からも出品しますよ。

いつものように、大元彩華作で。


持っていくのに壊れないよう、ラップを掛けていますが
当日は、屋根を取って中をみてみたり出来ます。

まずは明日、明後日
津山のイオンで。

その次の週は
倉敷のイオンで開催します。

お時間が許される方は覗いてみてやってください。

よろしくお願い致します。

業界のこと | 19:15:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
耐震等級 松尾さんの記事から
私はフェースブックをやっています。

その理由は

近くの人達は時々会えるし、別に問題はないのですが
遠くの人

特に工務店さんとか、設計士さんとか
せっかくつながっているのに、なかなか会えない人

そんな人達から刺激をいただける
という意味では、フェースブックはとてもいい手段だと思っているから。



フェースブックをみていると時々面白い記事を見かけます。

今回は、設計士の松尾さんの記事からご紹介しますね。



耐震等級3にしない会社が多いのは単純に社内で許容応力度計算ができるスタッフがいないから。外注すれば15万程度かかるのがもったいと思うから。外注するのに時間がかかるから。という全て業者側の論理ばかりだと思います。

そこで耐震等級1とか2で建てて、大震災が来たら地震保険でカバーするという手法の金銭的価値がどんなものだろうかと調べてみました。

建物2500万円、家財道具200万円という設定で年間の保険料はほぼ4万円、10年で40万円、一般的なローン期間である30年で考えれば120万円となる。

元になる耐震等級は各社バラバラですが、どの会社であっても
40万もあれば耐震等級3にすることはだいたいできると思います。ましてや120万もあれば絶対余裕で可能です。

これ住宅業界以外ではあまり見られないいわゆる「市場の歪み」というやつです。

絶対に耐震等級3で建てた方が得なのにそれをやっている人がほとんどいないという現象です。

投資の世界であれば、このような市場の歪みがあれば0.01秒以下で裁定取引が行われてそのような歪みはなくなってしまうところです。

住宅実務者の皆さん、自分の面倒さにかまけてこれ以上任意保険なしで車を運転させるような耐震性が低い住宅を販売するのはやめませんか??

業界のこと | 08:40:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad