FC2ブログ
 
■プロフィール

しーやんやっさん

Author:しーやんやっさん
良い家を創りたい! お客様にとにかく喜んでほしい!
そんなことを考えて家づくりに取り組んでいます。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

断熱が必要
前回の記事 怖い話ですよね。

家で凍傷なんて信じられないですよ。

しかも、そんなことを招いてしまうかもしれない住宅のストックが90%以上もあるなんて・・・

そんなだから断熱は大切ですよ! ってずっと言い続けているんです。


で今回は、その断熱どれくらい必要なのか?

考えてみたいと思います。

dannetu1.png

これは以前にもご紹介したと思いますが、近畿大学の岩前先生が断熱と健康の関係を示したものです。

見ての通り、断熱のレベルが上がるほど疾患の改善率が上がっていますね。


では、どうすれば断熱のレベルが分かるのでしょうか?

0102.jpg

この表はUA値というものを地域別に現したものです。

1地域というのは、一番寒い北海道

8地域というのは沖縄

といった風に、地域別で基準が違うのは当然ですよね。


そしてUA値というのは熱の逃げやすさを現しています。

これも寒い地域の方が数値が小さく出ていますが、当然そうなりますよね。


ここで弊社の施工する地域を見てみると

津山は5地域 岡山は6地域となります。

省エネ基準を見ると、どちらも0.87

これをクリアすると「次世代省エネ基準の住宅」という、なんか立派な称号をいただけます。

では、これをクリアしさえすればいいのか?

というとそうでもない、というのが現実ですね。

この数値を決めるときに、どうも各種団体や大きな企業から圧力(?)が・・・


ま、とにかくこれではちょっと、ということでできたのが「HEAT20」という基準

これは、さっきから申し上げた「この基準ではちょっと・・・」という研究者、住宅・建材生産者団体の有志が立ち上げた団体で

これくらいの基準が必要だろうという趣旨で作られました。

G1グレードは、冬期間、無暖房でお15℃を下回る割合が20%以下

G2グレードでは、同じように15%以下

目指しています。


温度では分かりづらいかもしれませんね。

j5_1.jpg


これを暖房費に当てはめると、こんな感じ。

断熱がもたらす効果がよく分かります。


では断熱をするときに「とにかく北海道並で!」というのも分かりますが

費用や日射取得のことなど諸々考えると、そこまでは・・・となりますよね。

ちなみに弊社の場合だと

今建てている建物の平均的なUA値が0.4前後

6地域だとG2グレード以上、5地域だとGIとG2の間というところです。

もちろん、ご要望によってはもっと高い数値の家もやってます。

が、さっきから申し上げるコストとのバランス、快適さなどなど考えると

というところですね。




スポンサーサイト



家づくりで思うこと | 09:27:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
なんかいい
先日の土曜日は新規のお客様にいらして頂きました。

お話をお伺いすると

はじめは住宅展示場から、っていういつものパターン

それでもなんか違うなー、ってことでいろんな工務店などの見学会などへ

そんなとき、同じように家探しをしているお姉様から

「息吹木の家っていいみたいよ。」 ていうことから弊社をWEBで検索

そして今日に至ったということ。

そんなんですから、弊社のHPはもちろんのこと、このブログも隅から隅まで読んで下さっている、とのこと。

ありがとうございますm(_ _)m


そんな会話の中で、お客様がふと

「ここってなんかいいですね。」と

それに対して私は

「なんかいい、ってよくブログなんかでも書いていることですよね。わかりますか?」

「分かります、分かります! なんか居心地がいいっていうか・・・」

そうなんです。

それこそ私が時々書くこと 「なんかいいんです。」

これって宗教なんかで、人をだます(?)時なんかに使うような、ちょっと怪しい・・・ことば?

それでも「なんかいいんです。」って使うのはやっぱ訳があるから。

で、今回のお客様

「なんかいい。」って発して下さった。


弊社のお客様になって下さる方って、この「なんかいい」が分かる方が非常に多い

お客様によっては

「いろんなところの展示会に行くんですが、やっぱり志水さんのところの空気感が一番いい。」

って言って下さる。


そうそう、なんかいい、って空気感の違い

弊社はそれをとても大切にしています。

高断熱高気密の家をしているからこそ、余計にそこのところは大切

人生の半分は家ですごしているんだから

そこは大切


弊社の空気感、「なんかいい」を体感しに是非ともいらして下さい。



家づくりで思うこと | 08:25:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
壁仕上げの下地
P1170178.jpg

赤磐のTMさま邸の今の様子です。

外壁に、まずモイスを貼り

その次に、透湿防水シートを貼り

胴縁を取り付け

その上にラス板を張り付けています。

この後、塗りのための防水シートをもう一度取り付け、最終の塗り壁仕上げとなるわけです。


なぜこんな面倒なことをするのか?

何遍かここでもご紹介していますが、もう一度考えてみましょう。

結露1

上の図を見て下さい。

今の住宅は程度の差がありますが、基本的に高気密となっています。

内部で発生した湿気は出口を求めて壁を通り抜けて外へ出ようとします。

ところが、外へ出ようにも、肝心の出口がなければ・・・・

そこで湿気は止まってしまい、そこで結露が発生してしまいます。

これは家を傷める最大の原因 内部結露です。

では

tuukisou.png

こうすればどうでしょう?

内部で発生した湿気は壁の内部をすり抜け外壁でも止まることなく外へ出て行ってます。

こうすれば怖い内部結露も心配しなくていいですね。


これを実現させるためには

湿気を通しやすい断熱材 

弊社の場合ウールブレス

そして湿気を通しやすい外壁材

弊社の場合 モイス

そして湿気の通り道である胴縁

これが不可欠です。


これらをきちんと確保した上で外壁を仕上げていく

だから最初に申し上げたように、あんな面倒な2重に壁を造るようなことをしているんです。


仕上げてしまえば見えなくなってしまう部分

ここら辺も大変重要な部分です。



それからもう一つ

最初の写真を見て「あれーー??」って思った方もおられるかも

それは・・・・

ラス板を貼るのに間が空いてますよね。

これってなぜだか分かりますか??


答えは

一つはすべて貼る必要がないから

というのも、上を塗り壁で仕上げるのにある程度の間隔で貼っていれば全然問題にならないから。

なんだそれだけか・・・

だけではないんです。

さっきの通気層のお話で、絵のようにきちんと通気層が確保されていれば問題ないのですが

何らかの原因、例えば透湿防水シートの緩みなどで通気層が塞がれたら・・・・

ご安心下さい。

板と板との間が空いているので、もし通気層が塞がれたとしても横に逃げるバイパスができているんです。

つまり通気が縦横両方にできる、ってこと

なかなかよくできているでしょ。

家づくりで思うこと | 08:55:38 | トラックバック(0) | コメント(0)
打ち合わせ
ここのところなんだかんだで

それから、なんか気分が乗らない、というか・・・・

とにかくこのブログ更新してませんでした。

もうしわけありませんm(_ _)m

今後は、なるべく定期的に更新していきたい、とおもっておりますので

応援よろしくお願いいたします。


さて、今日のお題は「打ち合わせ」です。

ご存じの通り

弊社の家づくりは1軒1軒それぞれが違うので、お客様との入念な打ち合わせが必要です。

まずは設計段階

間取りをどうするのか?

スタイルをどうするのか?

中身をどうするのか?

等々
・・・・

この段階で8割から9割程度は決めていきます。

そして契約、着工へ


その後決まったからどんどん進めて行くのか

っていったらそうでもないんです。

お施主様はやっぱり素人

図面ではなくて本物を見てやっと納得して頂けることも沢山あります。

そこで、建ってからも必要に応じて度々打ち合わせ。


お客様にとっては一生に一度の家づくり

だからこそいろんな想いを持っておられます。

私たちはその「熱い想い」に応えるべく、いろんな提案をしたり、いろんなお話し合いをしたり

それが私たちの仕事と思ってやっておりますし、そうしてやってきました。

ただ

家づくりが始まったら、いよいよ決断の時

順番にいろんなことを決めていかねばなりません。

あれもしたい、これもしたい

あれもいいかも、やっぱこっちかな?

いろんな想いが、いっぱいの想いがあるだけに決断は難しいかもしれません

でも最後はなにか一つに絞っていかねばなりません。

なんでもそうでしょうが、それがものを選ぶということ。



決まった工期のなかで家を完成へと導いていくために

さあ決断しましょう。

それはきっと最良の選択ですから。









家づくりで思うこと | 08:32:46 | トラックバック(0) | コメント(0)
木を使う②
先日書かせて頂いた記事 どうでしたか?

耐久性能で言えば、やっぱ長いこと使っていこう思ったら偽物よりも本物って感じですよね。

でもそれ以外に木を使うって大切なことがあるんですよ。

それは

人の健康のために役立つ、ってこと

木を使うメリットってあちこちで言われてますし、弊社のHPでも書かせて頂いてます。

グローバルに考えると、地球環境に貢献している

なんてことまで進展する話なんですが

そこまで考えなくても、木を使うって単純に気持ちいい!!

って思いませんか?

弊社の完成賢学会なんかでも、よく言うことは

見るのではなく、感じにいらして下さい  ってこと

この意味

入った時に、いわゆる新築の匂いがするのではなくて木の香りが漂ってくる

これってとても大切なことだと思うんです。

新築の匂いって

実は化学物質の匂いなんです。

新車を買ってもするでしょ、独特の匂い

あの匂いがすごくいい、なんて方もいらっしゃいますが

ほとんどの方が木の香りと比べると、こっちの方が断然いい!! といわれます。

木にはそんなパワーがあるんですね。

それはやっぱり、人間も自然の中の一部であり、その中で暮らしてきたから。


昔の家には『シックハウス」というものが存在しなかった。

昔の家は、木と紙と土出でいたから。

その代わり隙間風ピューピューで寒かった。

その欠点を補うために、高断熱高気密の家が登場

その結果、温熱的にはとてもいい環境を手に入れることができました。

弊社の造る家も、温夏的にはそんな家を目指していますし、実際暖かい家だと評してくれてます。


でもそんな閉鎖的な家で室内環境が悪かったらどうでしょう?

化学物質の匂いがプンプンしていたら・・・

慣れるから大丈夫??

24時間換気が働いているから大丈夫??


いえいえそんなことはないと思います。

できるなら、いえいえできる限り室内環境を良くするために使わなければならないもの

それが昔昔から使ってきた人に優しい材料じゃあないでしょうか。


木を使うってことは、回り回って自分自身の健康を守るってことにつながる

そう思いませんか。


家づくりで思うこと | 08:40:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ