■プロフィール

しーやんやっさん

Author:しーやんやっさん
良い家を創りたい! お客様にとにかく喜んでほしい!
そんなことを考えて家づくりに取り組んでいます。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

杭工事
sDSCF6160.jpg

岡山のFJ邸
工事が始まりました。

ここは、岡山の2号線より南
ということは、まず最初にやらなければならないのが・・そう、杭工事。


今回やるのは、鋼管杭
なんで鋼管杭なのか・・・・

それは





続きを読む >>
スポンサーサイト
FJさまのいえづくり | 19:19:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
リンクはりました。
弊社のホームページで
ゆふ珪藻土さんとのリンクを貼りました。

トップページの左側下の方
緑色のバナーがそうです。

そこへ入って、動画説明を見てみてください。

先日ご紹介した、調湿の実験の様子もばっちり載ってます。


是非とも、是非とも です。

息吹木の家のこと | 07:48:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
このお休み
b0224296_242867.jpg

ここのところのお休み
先日の日曜日は地鎮祭

昨日はOB宅の点検と土日もフル稼働でがんばってます。


新たな仕事をいただいてきて、そればっかりに夢中で
今までお世話になってきたOBさまを忘れてしまっていた・・・・ではしゃれにならないですから。
点検のたびに、こうやって床下に潜ってます。(写真取り忘れたので、上はイメージなんですが・・・汗)


昨日のお宅はもうすぐ10年

床下や、天井裏などの基本的な構造部分はもちろん大丈夫なんですが
やっぱり10年もたつと・・・ あちこちにある程度の不具合が出てきます。

そう、うまいことしたもので
10年保証の物は、それを過ぎると、修理が必要だったり、物を交換しなくてはならなかったりと。


家って、ときどき「うちはメンテナンスフリーです。」なんたことを聞きますが
そんなことは絶対にあり得ない!! 
って思ってます。

なにかあれば、交換修理

傷んでいれば補修

だめだったらやりかえ

主要構造部分は、一生懸命作り上げて何十年も保つように考えていますが
どうしても傷んでくるところって絶対にあります。

10年ではないにしても
この先20年、30年と住み続けようとおもったら、そんなところを補修しながら住み続けていく

これが、今までも、そしてこれからも必要なことだと思います。

弊社では、そのサイクルが少しでも長くなるように
たとえば外壁なんかでも、窯業系サイディングは使わないようにとか

たとえば樋も、ガルバニウム鋼板製のものをつかったりとか
少しでも長く保つ物を、とかんがえて使ってますが、やっぱり補修は必要です。


こんな風に書くと
志水の家は、長く持たないのか??

なんて考えられる人もいるかもしれません


メンテナンスフリーなんて絶対にあり得ない、と思うし
痛まない物なんて世の中に存在しないと思ってます。

皆様はどうでしょう???






もしかすると
メンテナンスフリーの下側は、むちゃくちゃなことになっている・・・・
なんてことあるかも


お客様(OB)のこと | 08:26:39 | トラックバック(0) | コメント(0)
地鎮祭
sIMGP5960.jpg

今日はMSさまの地鎮祭

今回は津山での地鎮祭です。


今日も空は晴れ渡り、絶好の地鎮祭日和

お父様、お母様も遠くより来てくださり
本当にいい地鎮祭ができました。


今回の工事は、岡山と津山が集うような格好になってしまいますが
それぞれ、少づつ工事をずらしながら、どちらにもきちんと目が届くよう細心の注意をもって臨みたいと思います。

そうでないと、うちでやっていただく意味がないですから。


これから、忙しい充実した日々が始まります

その現場もきちんと、しっかりとがんばっていきます。

よろしくお願いします。

OOさまの家づくり | 12:32:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
補助金をいただくこと
sClipboard01.jpg

今度秋からかからせていただく物件
おかげさまで、ゼロエネの補助金をいただけることになりました。

なったのですが
今現在、本申請にむけて、その中身を詰めています。

この作業
実は、本当に多くのハードルがあって、それを一つ一つクリアしていかなければならず
結構な作業量があります。

だから・・・・結構大変!!


以前、長期優良住宅をしていて(今もしていますが)
補助金をいただいていたときも、本当に大変でした。

膨大な書類を作成して、それを提出
しばらくすると、いろんな質問状や、指摘事項が。

それを直して、答えて、もう一度申請。

そんなことを繰り返して、やっと許可が出てくる。

そして、そして
終わった後には

その報告書作成。


補助金をいただくってこと
お国からお金をいただく訳ですから、ただなんとなく、じゃあ通らないのは当たり前。

多くの作業、書類の作成を経て、やっといただけるもの。


そんなんだから、中には
「そねーなもん申請しても、わしらはちょっとも得にならん。じぇけん、やらんほうがええ。」

なんて言う人もいたり・・・・


実際、ほんと大変です・・・・

でも

やっぱり、よく考えてみると
それは、自分のためじゃあなくて、お客様のためになること。

だから、多少大変でもやって行かねば。


何のために仕事をしているのか

その原点の話。



がんばります!!!


家づくりで思うこと | 19:05:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
うちエコ診断士
UTIEKO.png

うちエコ診断士という制度があります。

環境省が、家庭のco2削減に向けて新たに創設した制度なんですが
その削減に向けての診断とアドバイスを行うのがうちエコ診断なんです。

そのアドバイスをするうちエコ診断士になろうとおもったら

8月に一次試験
1時間 X 3教科のペーパー試験

9月に2次試験
実際に模擬面談を行っての審査

があります。

そして
これらを無事、なんとか、本当になんとかくぐり抜けて
無事、というかやっと合格をいただけました。


格好をつけるわけではないんですが
資格を持っていようが、いまいが、それがお客様に利益になる知識であれば、もちろん勉強してアドバイスをしなければならないのが、わたしたちプロに課せられた課題だと思います。

実際問題、知識や経験においては、試験を通った人間より遙かに多い人もいるかもしれません。

ただ、そんなことも、あんなことも、すべてひっくるめて
人間いつまでたっても勉強!!

それを思うばかりです。


これで一応
野池先生のところの『省エネマイスター』と『うちエコ診断士』が取れたので
省エネのことは、なんとか語れるようになったかな・・・・・


今後も、だんだん働かなくなっていく脳にむち打ってがんばります。

私のこと、家族のこと | 18:50:22 | トラックバック(0) | コメント(0)
地鎮祭
sIMGP5794.jpg

今日は、岡山でFJさまの地鎮祭

写真でわかるとおり、ご兄弟のご家族、お父様お母様も来てくださり
とってもにぎやかな地鎮祭ができました。


これから始まるいえづくり

この場所も遠いところですが、力一杯がんばります。

お受けした以上、遠い近いは関係ないですからね。


とにかく、この笑顔が、もっともっとすてきな笑顔になるよう
がんばります!!


FJさまのいえづくり | 18:06:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
蒜山の家 お引き渡し
sIMGP5482.jpg

先日 蒜山の家をお引き渡ししました。

この家にも、ホンとよく通わせていただきました。

蒜山はちょっ遠いかな・・・
なんて思っていたんですが、違う道を開拓したりして

結構快適に通わせてもらいました。

季節は、一番暑いときだったんですが、
蒜山へ行くと、陰は涼しくて、しかも、カッコウもずっと鳴いていて
いいところでしたね。


そんな蒜山へも、これkらはあんまり行けなくなる
そんな風に思うと
やっぱ、ちょっとだけ寂しいですね。

お引き渡しの時はいつもそうですが
今回もおかげさまで、なんか名残惜しい気分になりました。


雄施主様には喜んでいただいて
「本当に木の香りしかしない、いい家ですね。」

って言っていただいたのが何よりの喜びです。



なんだかんだ言っても
まだ宿題も残っているので、また行かねばなりません。

でも、ゆっくりお別れができるので
いいかな・・・・


今回も手前みそではありますが
いい家できました。

ありがとうございました。



WAさまの家づくり | 19:16:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
いいところ、わるいところ
今回も前回に続き珪藻土のお話。

というか、

私のいつもの持論・・・・かな・


前回の湯布珪藻土
、すごくいい、とってもいい・・・・・

で済ましてしまってはいけないですよね。


どんないいものでも、絶対に欠点はあります。

問題は、それを欠点としてとらえるか、長所としてとらえるか??

もしくは
欠点として嫌ってしまうか、その欠点を知ったうえで、それを補う工夫をするか

ってこと、なんではないでしょうか??


そういう意味でいうと、今回の湯布珪藻土
とってもいいんですが、壁ですれると、ちょっと粉っぽいものが付きます。

ちょっと触れたくらいでつく、というのではなく、ちょっとこするようにすると
粉が付く、という程度なんですが、これはやっぱり弱点。

この弱点、実は長所の裏返しなんです。

というのは

この壁材、傷をつけたり、一部汚したりしたとき
本当に簡単に、素人さんでも塗り直しができる壁材だからなんです。

普通の壁材、もちろんエコクイーンでもそうはいかない。

簡単な汚れ程度だったら、消しゴムで消したりできるんですが
えぐったような傷をつけると・・・・ちょっと

でも、湯布はできるんです。


どうでしょう?

かたや、粉はつかないけど、傷の補修は難しい

かたや、粉はつくけど補修は超簡単。

こうなると、選択は難しくなりますよね。

欠点・・・・・いやいや長所??

さあ、どっちでしょうか??


こんなこと、
家づくりではたくさん、たくさんあります。

それは、、材料の問題だけではなく、施工においてもそう。

同じように珪藻土を塗っても、方やよく割れる、方やそうでもない
なんてことよくある話。

この領域にまで入り込んで話をしだすととんでもなくなるので
やめますが

要は、そんなことをきちんと教えてくれるかどうか??


いろんなこと知って、自分でいいとこ、わるいとこ 見極める
賢い消費者になりましょう。



家づくりで思うこと | 16:53:59 | トラックバック(0) | コメント(0)
湯布珪藻土の伝道師
s-DSCF6095.jpg

今日は井筒さんが、わざわざ広島から来てくださった。

井筒さんといえば
私たちの仲間内では、言わずと知れた湯布珪藻土の伝道師。

昔、空間工房のm君がエコクイーンにほれ込んで売っていたように
いや、それ以上に彼は湯布珪藻土にほれ込んで、その良さを伝えている。


だからこそ、蒜山のWA邸はすべて湯布珪藻土で施工した。

結果、すごくよくなった!!

空気感はもちろん申し分なし!

雰囲気もなんかとってもいい!!


でも
私のブログを読んでくださっている皆様

もしかしたら、感じているかも
「志水の、なんかいい、とってもいい、がまた始まった。」って


そんなこともあろうかと(汗)
今回のお話のネタは、上の写真のやつ。

これは、井筒さんが持ってきてくださった7つ道具のうちの一つ
湿気実験ボックス(言い方悪い?)


片方の箱には、珪藻土が塗ってあって、もう片方には何も塗ってないベニヤの箱

両方の箱に、お湯を入れたグラスを入れます。

すると・・・・5分もすると写真のような状態に。


わかりますか??

左側の箱、景色が映りこんでるな-- じゃあないんですよ。
湿気で曇って、結果映り込んでいるんです。

右側の箱は・・・・
なんともないでしょ。

温室時計も入れてあって、右のは78%、左のほうは98%

そして、もう少ししたら、計測不能
つまり100%を超えてしまいました。


これは、あくまでこの実験ボックスでの面白実験ではありますが、
この調湿能力が、やっぱり珪藻土や自然素材を使って
いーーーなーーと思えることなんです。

そう、これ、このこと
志水が」「いーなー」とか「とにかく感じてみてください。」と言っていることの一端

わかりますかーー???


こんなわかりやすくするための工夫
今回も伝道師、井筒さんがたくさん提案してくれました。

も少ししたら、HPのほうでも、こういった実験映像や、メンテの動画アップする予定です。

是非ともご覧ください。


家づくりで思うこと | 16:31:54 | トラックバック(0) | コメント(0)
WA邸 ミニ賢学会
sDSCF6082.jpg

今日は、蒜山のWA邸のミニ賢学会。

予約した頂いた方のみのものでした。


結果
4組の方にいらしていただきました(^_^)v

これだけの少数ですと、どの人たちともしっかり対応、お話ができていいですね。

うちはもともと、数を追う会社ではないので
こんな方が、やっぱいいなーーーって思います。


遠くまでわざわざいらしていただいた皆様
本当にありがとうございました。

勉強会、研修 | 18:09:02 | トラックバック(0) | コメント(0)
外壁塗り下地
sDSCF6040.jpg

真庭のOY邸も進んでます。

外部は、いつものように
耐力面材モイスを貼って、その上に透湿防水シート タイベックシルバーを貼って
その上に通気胴縁をつけて・・・・
そして、ラスいたを取り付けて、その上にもう一度防水シートを貼って
ラス網(モルタルを塗るための芯材)をかけたところ

随分いろんなことしてるでしょ。

今回の現場は、団地
しかも、新たに売り出したところなので、周りは新築ラッシュ。

そんな中で

よそは

下地壁、即 仕上げ壁
みたいなところあり

良くて、胴縁、仕上げ壁みたいなところばっかり


弊社の場合、何度も何度もいろんなことをして、手間をかけていく
これは、伊達や酔狂でやっているわけではありません。

家を少しでも長持ちさせたい
メンテナンスが少しでも少なくなったほうがお施主様が楽だろう

そんな想いからやっていること。


こんなことでも
仕上がってしまえば、素人さんには同じように見えるでしょう

でも、やっていることには意味が有る

わかってください。

OYさまの家づくり | 18:15:06 | トラックバック(0) | コメント(0)
WA邸 もうすこし
sDSCF6048.jpg

蒜山のWA邸
これだけできました。

今週、その他の仕事を終わらせ、完成に向かいます。

そして
今度の日曜日は、ミニ賢学会。

予約された方のみの賢学会となります。

ご希望の方はHPよりお申し込みください。

WAさまの家づくり | 09:10:22 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad