FC2ブログ
 
■プロフィール

しーやんやっさん

Author:しーやんやっさん
良い家を創りたい! お客様にとにかく喜んでほしい!
そんなことを考えて家づくりに取り組んでいます。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

支持杭について思う その①
最近ニュースをにぎわせているもののひとつ
それがマンションの支持杭のこと

何が問題なのか??

これだけニュースでやっているので皆様もよくご存じの通り
建物を支える杭が支持層、いわゆる堅い地盤まで届いていないこと

そして、それにより、もしも地震などで液状化現象(地面がどろどろになる)
が起こった場合、建物が傾いてしまうおそれがあること

それが大問題!!
杭基礎
なのはよくご存じですよね。

簡単な絵ですが、上記の通りです。


この事件で問題なのは、この事象もそうですが
もう一つ

大手であろうが施工を急ぐ、もしくは費用の面で厳しいとなると
こんなこともあり得ると言うこと
結局は最後は人間がやることですから。

また、最近のニュースでは、会社全体が係わった形跡も・・・
みたいなことも言われていますが、やっぱりやるところはやるのか・・
ってかんじですね。



おお怖!!
なんて思っているあなた

決して人ごとではないんですよ、これが

地震が起こった時に、マンションなど大きな建物は傾いていないのに、なぜ住宅は傾くんだ
とおもったこと、ありませんか??

それは、大きな建物が鉄筋コンクリートだから・・・ではなくて
先ほどの話のとおり、杭を支持層まで届かせていて、液状化に対抗できるから、なんです。

マンションなど大きな建物には、支持層まで杭を届かせる、そういう規定が定められている
からこそ問題になっているんですが、住宅はどうでしょう?

以前の記事でも書いたのですが、残念ながら住宅にはそういう規定はありません。

これは法律上の問題だけでなく、一番は費用。
通常の状態で計算値さえあえば、支持層まで届かない摩擦杭でもOKなんです。

anzen_img23.jpg

これが摩擦杭ですが、もちろん支持層まで届いてません。

通常の状態ではこれでもOKなんですが
いったん地震が起き、流動化現象が起きると・・・・・

マンションではこれが大問題になっているのですが
一般の住宅では全然と言っていいほど話題になりません。

でも、このブログを読んでくださっている賢いあなたならわかりますよね。

家は軽いから大丈夫、なんてもんだいではありませんよね。

いったん建ててしまえば、杭工事なんてほぼやり直しが効かないしろもの
家をこれからしようと思っているあなた
よくかんがえてみましょう。



それから、・・・・・・

まだまだ怖い話 

あったりするんです。

続きは

また今度

こうご期待??

スポンサーサイト
業界のこと | 06:27:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
リノベ学校
DSCF8076.jpg

昨日は大阪でリノベ学校

今回は、リノベの達人三澤文子先生がいらっしゃるということか
普段の受講生以外ににもたくさんの人が。

さすが住宅医スクールを主催されているだけのことはある
と関心しきり。

 
講義の中身は、住宅改修の具体的な手法の解説と
モデルを用いての演習、グループ討議、ほっぴょうとその講評

今回はなかなか具体的ですごく勉強になりました。

同じモデルでリノベショーンを行うに当たっても
やる人間によって、極端に言えば、一つとして同じものはない。

裏を返せば、それだけ無限の可能性がある、ということですね。


ただ、三澤先生も言われてましたが
どんなことをやるのも勝手だし、いくつもやることはあるだろ
でも
基本的な構造だけは絶対に先に押さえておかないと、すべてがパーになってしまう。

その通りですね。

勉強会、研修 | 07:33:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
屋根じまい
DSCF8042.jpg

美咲町のOO邸
ここまで進んでいます。

というか、やっと屋根じまいが出来ました(汗・・汗)

大きな家なので、なかなか進まなかった・・
というのもありますが

断熱、気密などの仕舞いなど、やることも非常に多かったのに
少ない人工でやってきた、ということもありますね。

ただ、多くの人工をかければ進みも早いのですが
いろいろな細かい作業が多いので、それを丁寧にしていこうと思えば
それはそれで正しいことなんだろう、となかなか思うように進んで行かない現場を見ながら
思います。


こらから壁の仕舞いなどもありますが
今回は特殊なものも使ったりと、複雑な部分も多々ありますので
大胆かつ慎重に進めて行かねばなりません。

Q1住宅 一朝一夕には出来ません・・・



OOさまの家づくり | 08:44:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
女房の誕生日
DSCF8037.jpg

今年も女房のバースデーケーキ

毎年アンジェさんでスペシャルオーダーなんですが
今年のはちょっとふつう・・・かな??


女房の誕生日
これだけは絶対に忘れてはいけません!!

これからうまいもの、食べに行ってきます。






私のこと、家族のこと | 18:02:24 | トラックバック(0) | コメント(0)
お元気ですか!?10月号
お元気ですか2015,10

お元気ですか!?10月号 ただいま配布中!

今月号の最大のお知らせは   望年会

今年は12月19日

まだまだ早い・・・って

いやいや12月なんてすぐに来てしまいますから。

皆様予定よろしくお願いします。



お元気ですかもここのところ娘に書いてもらって少しだけ楽してます。


おげんきですか!? | 19:10:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
なんとかここまで
DSCF8012.jpg

しばらく更新がストップしてしまいました。
お詫び申し上げます。

忙しいのは言い訳にならないのですが・・・・
やっぱり忙しい・・・


なんて言っている間に、美咲町のOO邸
なんとかここまでこぎ着けております。

といっても

断熱、気密措置
いろいろとあってのここまで

ここまでくるのにいろんなことやってます。

Q1住宅への道はなかなか険しい!!


ありがたいことにお天道様は屋根を仕舞うのを待ってくれてます。

もう少しがんばります。

OOさまの家づくり | 18:18:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
建前
DSCF7821.jpg

昨日は美咲町のOO邸の建前

10月10日は絶対に雨が降らない日!!
のとおり、薄曇りの中での絶好の建前日和になりました。

建物が大きいので、屋根まで完成・・・
というわけにはいかなかったのですが、大工さんたちもがんばってくれたおかげで、だいぶできあがりました。

IMG_6097.jpg

夕方からはもちまき

たくさんの皆様が来てくださり、盛大にできました。

みんなで“福”を分かち合う
というこの儀式

みんな笑顔で帰って行かれる顔を拝見して
この行事 本当にいいものだな、と実感しました。

OOさまの家づくり | 08:55:34 | トラックバック(0) | コメント(0)
土台敷き
DSCF7794.jpg

今日は美咲町OO邸の土台敷き

いつも通り、檜の120角の土台

いつも通りに敷いています
といいたいところですが・・・・

写真にも小さく写っているとおり
長ーーーい束、みえますか??

やっぱ基礎が高いわ!!
ということで、大工さんもちょっと勝手が違うので悪戦苦闘

なんとかここまで出来ました。

10日の建前に向けて、着々と準備が進んでいます。

OOさまの家づくり | 18:29:57 | トラックバック(0) | コメント(0)
構造賢学会
DSCF7778.jpg

昨日は岡山で構造賢学会

多くの皆様にきていただいて、構造のこと勉強していただきました。


いつも申し上げているとおり
なんでもそうだと思うのですが、出来てしまえば見えなくなってしまう部分ってはとっても大切

家の場合は、そのことが性能に影響をおよぼしていることがほとんどなのでなおさら。

ほんん、出来てしまえば、よっぽどわかった人でない限り、外見上なんの違いもなくなってしまう
そんなのって怖いですよね。

だから

こうやって構造を見ていただく機会を設け、勉強していただき「賢く」なってもらう
これが見学会ではなくて賢学会

構造のことになると、よけいにそうですよね。


来ていただいた皆様
本当にありがとうございました。

少しはためになったと思います。

勉強会、研修 | 08:05:34 | トラックバック(0) | コメント(0)
新住協関西支部での勉強会
DSCF7769.jpg

昨日は大阪で勉強会
新住協の関西支部主催の勉強会です。

今回は、断熱気密の始祖ともいえる鎌田先生の講演

そのせいか、会場は大勢の人でいっぱい、いっぱい。

中身もQ1住宅について、丁寧にわかりやすく説明してくださったので
とても勉強になりました。

その後は懇親会にも参加
大勢の人と知り合いになれました。

人の輪が広がるっていいですね。


じつは私、この新住協さんに入会しました。

大阪へ行って一杯やるため・・・・・・(汗)

それもありますが、やっぱり勉強!

そして

やっぱり一杯・・・・

勉強会、研修 | 10:41:29 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad