■プロフィール

しーやんやっさん

Author:しーやんやっさん
良い家を創りたい! お客様にとにかく喜んでほしい!
そんなことを考えて家づくりに取り組んでいます。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

イマガワ工場見学
DSCF8148.jpg

昨日はイマガワさんの工場見学

イマガワ????
って思うかたもいらっしゃるかも

イマガワさんは、国産材の杉檜に特化した建具
ドアなどを造っている会社

そのすばらしさは、これまで完成賢学会などに来ていただいた方にはわかるはず

残念ながら、岡山ではあまり使われていないのですが、関東方面ではちょっとしたブランド建具メーカー


今回は、その工場に、製作現場はもちろんのこと、そのこだわりなどを感じていただくために
近々建てる予定のあるお客様に集まっていただいての賢学です。

15分ほど話を聞いていただいた後、工場をぐるっと見学

最後は・・・・
訳あり商品を格安でゲット

いろんな意味で収穫のあった1日でした。

スポンサーサイト
勉強会、研修 | 09:03:09 | トラックバック(0) | コメント(0)
リノベ学校 最終
DSCF8141.jpg

今日は大阪でリノベ学校
何度も通った学校ですが、今回が最終日

で、今回のお題は
1985シミュレーターという野池さんが開発したソフトを使って、実際の意物件を判定するという
実際に則した勉強

19856シミュレーター
このブログではあまり聞きなれないものですが・・・・
これは、せっかくのいい道具を持っていても、猫に小判だった(汗)
というか、ほっておいてしまっていた私の責任・・・(大汗)

ということで、素晴らしいソフトを活かすために、今回の勉強

ただ今、ワイファイをもってバスの中で復習中

これを使いこなせるようになって、みんさまによりわかりやすい提案を!!

頑張らねば!!



あっと、シミュレーターのこと

これは、リノベにはすごくわかりやすいもの

今の現状の性能を入力
現状を把握したところで、改善案をだしていく

それが、例えば極端にいうと
窓1枚替えたらどうなるのか、シミュレーションできる

替えていくごとに、性能値が変化し、わかりやすくお金も変化していく。
もちろん
温度の変化も一目瞭然


こんないいもの、生かさねば・・・・・

すみません(汗)

勉強会、研修 | 20:04:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
ウールブレスであったか
DSCF8138.jpg

今年の11月は異常な暖かさ
おかげで、平野部では紅葉が進まないとか、山間部では雪が降らないとか・・・・

言っていたら
突然の寒気・・・・

でもうちのイチローくんは、ウールブレスであったか、あったか

人間にも犬にも優しい断熱材
ウールブレスでした (^_^)v


私のこと、家族のこと | 18:40:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
岡山で打ち合わせ
DSCF8133.jpg

昨日は岡山で打ち合わせ。

午前中は、今計画中の方
午後は、岡山のHJ邸での現場打ち合わせ。

で、写真は、左官の大極さんが塗りの見本を見せてくれているところ。

塗りで仕上げる、というのは
ちょっとした塗り方の違いで、見え方はもちろんのこと、雰囲気も違う
果ては、色だって違って見えることも。

だから、こうして事前に、目の前で塗ってみせてくれて
その変化を感じていただく。

大極さん、休みなのにありがとうございましたm(_ _)m


そして、その後は、仕上げに向けていろんな打ち合わせ
棚をどうするのか?? 高さはどうなのか??
仕上げ方をどうするのか?? ・・・・・・

現場でお話すること、本当にたくさんあります。
でも
そうすることが大切。

次回は12月に入ってから。

HJさまのいえづくり | 09:43:51 | トラックバック(0) | コメント(0)
雑誌、& 冊子 掲載
DSCF8122.jpg

まずは雑誌掲載

今年も、KG情報さんの“暮らすびと”に載せてもらいました。

中身は、岡山のFJ邸

なかなか良いできです(^_^)v

書店でごらん頂くか、弊社の貸し出しでごらんになってください。

DSCF8124.jpg

続いては
みまさか木の家の会で冊子を作りました。

加入23社の紹介冊子です。

もちろん弊社も載っています。

こちらは、差し上げることが出来ますので、ご希望の方は言ってください。

息吹木の家のこと | 08:17:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
女房の研修
11221865_805128836265399_7234030678516838211_o.jpg

昨日は大阪での研修会
地球の会のらしさネクスト研究会の勉強会

とはいっても、参加したのは女房だけ

私は、こちらでの段取りが忙しくて断念・・・(涙)


夜、女房が帰ってきて、
「今回の勉強会おもしろかったよーー」って

いろいろと資料を見せてくれてお話

見て、説明を聞いて
これは、私がこれからあるべき姿の一つだと思っていることとほぼ同じ、でした

これは確かにおもしろい!!

勉強会よかった!!
で終わってしまわずに、是非とももう一度咀嚼(そしゃく)して検討してみたい。

出来れば私自身も大阪へ行って見てみたい、聞いて見たい
と思える内容でした。

中身については・・・・
本当にじっくり検討して、近い将来皆様に発表できるようがんばります。

こうご期待!!  かな・・・



勉強会、研修 | 08:31:38 | トラックバック(0) | コメント(0)
施工を伴って・・・
現場には2種類の人間がいる
ものを売りに来る人間と、実際に施工する人間

私は昔材木屋でした。

材木やっていうのは、工務店さんや大工さんに材木を売る、という商売

それを使って家やいろんなものを造り出すのが、まさに大工さんや工務店さん

材木屋は・・・・

やっぱものを売るだけ・・・・??

それじゃああまりにつまらない!!!

ということで十数年前こちらの世界に来たのですが
はっきり言って大変

そりゃあものを売るだけの方が全然らくちん

でも、でも

その大変を乗り越えたところに大きな、大きな喜びがあるのも事実。

だから私は、材木やという物売りを捨ててこちらの世界に来ました。

誤解のないように言っておきますが
材木屋でも立派に物売りだけじゃあない商売をしている人たち
たくさんいらっしゃいます。

すばらしい!と絶賛したくなるような人たちもたくさんいらっしゃいます。

でも私は、やっぱこちら側に来てよかった
と心から思っています。


物売りじゃあだめだ!!!!!

ものを売る人間は責任がない

施工する人間には責任が伴う

だから、すばらしい、すごい

きちんと施工する人間は、責任を伴っていることを知っている
だから一生懸命になれるんだと思う。

現場には、そういう人間ばかりいてほしい

物売りじゃないんだから。


家づくりで思うこと | 17:49:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
お客様と寄り添って
娘が入社して、彼女はもっぱら営業というか
おきゃくさまとのお話のためのプラン作りや、下地作り

それを今まで私と女房とでしていたのですが
その仕事が少なくなったので、私の方はもっぱら現場へ出かけることが多くなった

もちろん、仕事というものは、とってくればいいというものではなくて
頂いてきた仕事をいかに丁寧に、きちんとやっていくかが勝負

そういう意味では、現場というのは一番大切なところ

だからこそ、せっせと通い続けているのです。

でも
娘が入ったおかげで、分業というか
そんなこんで、結構忙しい仕事をやっていけている、というのも事実


でも、今回は、たまたまというか、巡り合わせというかで
現場の方がちょうど開いたので、昨日今日とお客様との打ち合わせ

で、やっぱ、というか
お客様との打ち合わせ、お話、雑談・・・・・・
これも大切って感じる。

現場で仕事をするのも、
ただ目の前の仕事を“こなす”のではなくて、気持ちを入れて、お客様の顔を思い浮かべながらやる

こんなことって、さっき言った、お客様と寄り添っていなければ出来ないこと
だと思う。

事実今までそうしてきて、今がある。

だから、現場をやるのも大切
たとえ雑談でもお話するのも大切。

私たちの造っているものって家なんだけど
家っていうハードじゃあないのかも。





家づくりで思うこと | 18:12:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
良いものをおすすめする・・・
DSCF8115.jpg

岡山のHJ邸

何をしているのかというと・・・・

先日施工したものをご紹介しましたよね。
そう
電磁波対策

それが効いているのかどうかの中間検査

電磁波対策をしているところは、もちろん数値が少ない
逆に、していないところは、やっぱり数値が大きい

そりゃそうですよね
そうでないとやった意味がない

でも
微妙なラインがある、というのもこれまた事実

うーーーーん??????

やっぱり電磁波
よく分かりません・・・・・(汗)


考えてみれば

うちの建築の歴史って
たとえば

アトピーのお子さんがいらっしゃって
そのこが、どうもグラスウールの断熱材に特に反応している
何とかしなければ!!

と探しだしたのが、いまやうちのスタンダード
ウールブレス、羊の毛の断熱材。

またたとえば

防毒マスクをして施工しているシロアリ業者を見て
あれをしなければ施工できないようなものって・・・・
やっぱ人間に悪いからだよねーー

と思い、探し出したのが
オクトボーー
ホウ酸のシロアリ忌避剤


そんな具合で、
自分で見て、感じて、考えて、人にとっていいものを採用していこう! 
と改善を重ねながらやってきました。


そこで、この電磁波

重ね重ねですが、やっぱりよく分かりません・・・・・(汗)

自分で感じないから???
私が鈍感だから????
鈍いから・・・

うーーーーん????

お客様のご要望にお応えしてやっているのですが

どうでしょう??

珪藻土の時なんかは
本当に「これはすごくいい!!!!」

本当にそう感じたからこそ、いまやうちのスタンダード




やっぱ、わかりません







家づくりで思うこと | 08:52:54 | トラックバック(0) | コメント(0)
今更ながらですが・・・
DSCF8066.jpg

本当に今更ながらなんですが・・・・
会社の看板をつくりました。

本当は県道からの入り口に設置したかったのですが
なかなか難しいところがあったので、ぼろ倉庫のところに設置

手前みそですが
色が鮮やかなので、結構遠くからも見えるかも・・・(汗)


とりあえず、一歩前進!

息吹木の家のこと | 10:54:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
ウールブレス、電磁波対策
DSCF8083.jpg

久々の岡山の現場の記事です。
すみませんm(_ _)m

外部は下塗り、中塗り、とほぼ終わり、最終段階
これについては、また別の記事でアップしますね。

そして
内部は、ウールブレスをほぼ完了!

いつもながら、手前みそですが 良い感じ!!

先日はお施主さまも来ていただいて、やっぱり
「断熱材が入ると良い感じですね。」と

なんかウールブレスって、ほんと、和むというか、気持ちいい、というか
不思議に良い感じですね。

この感じ
やっぱ入って感じて見ないとわかりません。


そして、そして今回は

DSCF8102.jpg

お施主様のご要望もあり
電磁波対策をしています。

深緑のものはスパンボンドといって、電磁波をシャットアウトしてくれるもの
これを寝室に敷き込んでおります。

電磁波に敏感な方は
「とてもよくなった!!」という感想を持たれるようです。


残念ながら、私は電磁波に強いのか、鈍いのか
その辺のところはよくわかりません・・・・(汗)

珪藻土なんかは、施工するとその良さが本当にわかるんですけどね。


ま、とにかく、こんな感じで現場進んでいます。


ウールブレスの良さ、体感したい方はまた声をかけてください。
感じてみないとわかりません。


HJさまのいえづくり | 08:35:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
支持杭について思う その②
前回の話、こわかったですねーーー

ここのところ毎日のように報道されていて出てくる真実

それは、個人の仕業ではなくて・・・・
やっぱり会社ぐるみ、ってこと

やっぱりかーーー

なんてかんじなんですが
前回もちょっとだけ触れたように、これって体質なんですね・・・・・


そんなことに関連して
実は今回も怖い話なんですよ。

というのも
マンションの杭の偽装事件、これを見て
「私たちももう一度確かめなくては!!」と思い、地盤調査および改良の会社に連絡
来社いただいて話を聞かせてもらいました。

その結果
弊社で使っている改良会社は大丈夫だろうな、ということを確信するとともに
しっかり裏話も聞かせてもらいました。

専門的な話は難しいので、かいつまんで、簡単にお話します。


い打ちというものの目的
1.建物をささえるために行う
2.建物の基礎にクラックが入らないために行う


1,は当然ですよね
そのために大金を払って行うのですから。

問題は2のこと

このことは普段全く言われないことなんですが、ここが大変。

杭の本数って、
杭の支持力は、地盤調査に基づいて杭の規格と材質と径によって、一本当たりの支持力を計算(KN/本)します。
(建物上家重量+基礎自重)÷杭一本当たりの支持力=必要杭本数(小数点以下切り上げ)
独立基礎の場合は、基礎一か所あたりの負担荷重を計算して必要本数を計算する事となります。

となっておりますが
これは先ほどから申し上げているとおり、建物を支えるための計算

実はこれでいくと、実際に施工している杭の本数より少なくてすむ、ことが多いんです。

でも実際には計算より多くの杭を打ち込む
なぜか??

それが先ほど申し上げた建物の基礎の問題

少ない本数で済ますとなると、杭から杭までの間隔が広く開いてしまいます。
広く開くと・・・・

たとえば木で考えると、細くて長いものを使うと、途中で折れてしまう、なんてことがありますよね。
そんな場合どうするかといえば、太くて大きなものを使う
そうすれば多少では折れない、
本当に単純に言ってしまえばそうなるのです。

基礎だって同じなんです。

支えるものが少なかったら、基礎そのものをを補強してより頑丈なものにしなければならない!!


そういう前提で考えると
基礎をとても頑丈なものにする、もしくは計算上より多くの杭をいれる
どちらかをしなければ、基礎部分に無理が生じてクラックが入ってしまうことになります。

ところが・・・・・

計算上で保つ、建物が傾かない、のであれば、杭の本数を減らせ
という指示がある
という本当に恐ろしいことが現実にある
・・・・・

もちろん、基礎はふつうのものですよ。

ふつうの基礎をするとどうなるのか??

もうおわかりですよね

もちろん、基礎にクラック、ひびが入る。

クラックが入ると・・・・

それは基礎やさんのせい??????
にしてしまう?????

不条理な話ですよね(涙)



裏話なので、ここでは実名まで公開できませんが
あなたがよく知っている会社も含まれていました。

うちはたくさんの仕事をやっているんだから、言うことを聞け
聞くのが当然だ!!

という大きな会社の論理

もちろん、その改良会社は、そのメーカーさんとは縁を切っているそうですが
それは、そこの社長さんが「儲からなくてもまじめな仕事をして生きていきたい。」
という信念からだそうです。

ま、やっぱり
逆に大きな会社ほど、そのときの責任の所在があいまいになるので
こんなことがやりやすくなるのでは・・・
といいうことばにも、ちょっと寒気が・・・・

そう、今の偽装もそのとおり・・かも



いつも申し上げている
見えないところほど大切

それは皆が皆専門家ではないので、目の前で手抜きをされていてもわからないかもしれません
(私たちはそれに携わるものとして勉強しなけらばなりませんが)

だから、結局は・・・
信用すべきは人だったり、会社だったり

それは会社の規模じゃあない、ってこと今回の事件でもはっきりしていますよね。

でも
そこしかない、とおもうのですが
どうでしょう??

業界のこと | 08:00:36 | トラックバック(0) | コメント(0)
師匠来津
昨日は、午前中「美作木の家」のバスツアーの面々が弊社を見学に。

美作木の家では、こうして年1回一般の方々を募集して家を見学したり、市場に行ったり、森へ伐採を見に行ったりと
バスツアーをしています。

その流れの中での見学でしたが、残念ながらちょっと参加者が少ない・・・

どんなイベントでもそうですが、やっぱりいかに参加者を増やすか
ここ永遠課題ですね。

でも、来ていただいた方には、「息吹木の家の空気感」感じてもらえたと思います。
見るだけじゃない、来て感じてみないとわからないこと、ありますから。



昨日の本命はこれじゃない!

はるばる伊勢の地から、私たちの尊敬する師匠ともいえる方がいらっしゃる。
その方は、せこ住建の社長 

いやいや、今は息子さんに社長の座を譲られて相談役とか。

三木市で車のイベントがあるとかで、そのついでといってもついでほど近くないのですが、
それでも、こうしてよって下さいました。

車はベンツのSLといって、ベンツのスポーツカー2シーター

それに齢70のおっさん(失礼m(_ _)m)が乗ってくるのだから、
ちょっと粋。

以前の乗っていた車はBMWの330という、そこら辺ではあまり見かけない車
それに乗って「湾岸道で200キロで走ると、めちゃ気持ちええんや!」
とさらり

やっぱりぱわー あります。

そんなせこさんが、わざわざ津山まで。


来られた目的は・・・

話していてわかりました。

私たちに檄を飛ばすため。

私のブログもずっと見ていてくださって、
勉強するもええ、でもな、やっぱりあんたもええ加減年やし、ええかげん芯を持たなあかん!!


自分の会社の実例も交えながら、そんな話をしてくださいました。

芯を持つ、コアに生きる
とても大切なことです。

弊社でも、しっかりやっているつもりですし、現にその点ではこだわりを持っています。

でも、社長から見ると・・・
まだまだ足らん
のんかもしれません。

社長のお言葉
重く受け取ります。

今度はまた伊勢に遊びに行かせてください。

本当にありがとうございました。

他人は皆教師 | 06:56:18 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad