FC2ブログ
 
■プロフィール

しーやんやっさん

Author:しーやんやっさん
良い家を創りたい! お客様にとにかく喜んでほしい!
そんなことを考えて家づくりに取り組んでいます。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

木の乾燥
PA302764.jpg

弊社は、先日から書いてあるようなことからすると
“高断熱・高気密の家造り”そする工務店と思われるのかな、って考えます。

確かに、高断熱の住宅を作っているのも事実

でもそれだけではありません。


名刺にも書いてあります。

弊社は、「不易流行」の考えに基づき、健康で快適な家をお客様とともに創り上げる会社です。

そう、これなんです。

断熱とか、気密とか、自立循環型住宅とか
こんなことはすべて「流行」の部分

で、今回のお話は「不易」の部分です。


写真を見てください。

木材を寝かしたり、立てたりしている写真です。

これだけみると
「それがどうした・・・」みたいなですが

木をずっと扱ってきている私としては、これはとても大切なことなんです。

今家造り、特に木を使う家造りにおいて大切なものの一つ
それが“乾燥”

木って森に生えている時は、もちろん地面から水を吸い上げて
それで葉っぱを茂らせて、光合成をして・・・みたいなこと小学校で習いましたよね。

だから、そんな木を切って来た時には、水分でいっぱい。

そんな水分でいっぱいのものをそのまま使ったりすると
曲がったり、寸法が縮んだり、割れたり・・・・・

全く良いことがありません。

だから、
木は、切って製材して、乾燥させて
やっと住宅に使えるものになるんです。

昔、昔は、そのまま使ったりしたものですから、もう大変だったのですが
今は殆どのものが乾燥材として流通しているので、それを使えば大丈夫。

ではなぜこんなして乾燥させているの??
って疑問に思いますよね。

それは、

構造材として売っている木材は、そんなして乾燥しているのですが
造作材、つまり、窓枠だったり、ドア枠だったり、するような内部に使う木材

これは、例えばフローリングなんかは乾燥しているのですが
他の枠なんかは乾燥材自体がない、というのが実情

だって、殆どの会社や工務店でさえ木じゃなくて、木みたいなやつ

YKKやリクシルなんかが売っている、ダンボールみたいなものを固めて
その上に木のシールを貼ったやつを使っているから

そんなこんなで、木の出番が減ってきている、というのが事実

でも

木が大好きな私は、なるべくなら本物の木を使いたい、という思いから
こうして木を市場から買ってきて、乾燥させて使ってます。

自然乾燥でも、こんな小さめなものならば十分乾燥出来ます。

せっかく木の家作っているんだから
しっかり本物を使っていきたい。

木は高い!!

なんていうデマも時々聞きますが
そんなことはありません。

冒頭に申し上げた「不易」
って言う部分

これは、変えては行けない部分、ということ

人間が健康的に過ごせる家造りにおいて
流行(例えば断熱)も大切ですが

不易(木と共に暮す)という部分も非常に大切です。

本物、使っていきましょう。

スポンサーサイト
業界のこと | 17:40:00 | トラックバック(0) | コメント(1)
自立循環型住宅研究会アワード
PA262756.jpg

大阪で開かれた自立循環型循環型住宅研究会アワード(自立研)へ参加してきました。

先日も書かせていただいたように
昨年は私自身が発表ということで大緊張して臨んだのですが

今年はそれがなく、安気、安気って感じで行ったのですが

いざ娘が発表となると
やっぱ、なんか緊張・・・

親ばかなのでしょうか???


今年の自立研

全体的に見ると、ちょっとこれは・・・・
なんて思える発表もあったのですが

やっぱり、きっちりやってらっしゃる方の発表はレベルが高い!

加えて

今年のゲスト、松尾先生の公表がすごい

言いにくようなことをビシバシ!!

発表も発表ですが、こちらの方もすごく勉強になりました。

22780650_1152584354876228_6101999209230249445_n.jpg

そんな松尾先生とは、懇親会の場でも親しく話をしてもらい

酒は沢山飲んだような記憶があるのですが
酔っ払う暇もなく、話に聞き入ってました。

最後に、野池さん、松尾さんと記念撮影

娘はもちろん
私、女房みんなが勉強になった2日間でした。

勉強会、研修 | 08:07:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
女房の誕生日
PA222668.jpg

22日 地鎮祭の日は同時に女房の誕生日でもありました。

この日は、倉敷の方は風、雨ともそんなに大したことは無かったのですが
津山に帰ると・・・すごい風!!

特に我が家のある田辺は、広戸風の影響もあるのか
凄まじく風が一晩中。

ケーキはこの日に予約してあったので取りに行って

この日はそんな状況で何処かにいくような場合ではあなかったので
お祝いは次の日に。

s-attachment00.jpg

ということで昨日はしっかりごちそう(^o^)v

美味いもの食って
女房の誕生日祝いました。


この日と、結婚記念日は、なにがあっても忘れてはならない日ですから。

私のこと、家族のこと | 18:28:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
地鎮祭
PA222667.jpg

昨日は早島で地鎮祭でした。

台風21号が接近中で大変心配しましたが、
雨は適当に降るものの、風は吹かず、いい地鎮祭ができました。


工事自体は、もう少し経ってからになりますが、

とりあえずは着工ということで

お施主様も「なんとかここまでこれた。」
と感慨深げ・・


また岡山で、いい家造るため頑張ります。


MHさまのいえづくり | 08:57:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
CHL岡山
PA172650.jpg

昨日はCHL岡山の勉強会

CHL岡山といえば
夏行われた省エネミーティングをやった会

今は、自立循環型住宅研究会への参加のためのミーティング

この会、覚えてますか??

去年は私も発表のため四苦八苦していたんですが
今年は、参加するだけなので、気持ちは非常に楽!

その代わり

といっては何ですが

今年は娘が発表で出ることになっています。


内容的には、まだまだ未熟な面も多々ありますが
参加することに意義がある、ということでの発表

参加して、皆様から様々なご意見を頂戴する

そこに進歩があります。

今月の25日~26日
大阪にて

頑張れ! 彩華!!


勉強会、研修 | 08:33:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
ゆるぎないデザインを学ぶ
PA122582.jpg

昨日は大阪で勉強会

ちょっと前までは、大阪へ勉強しによく通ったものですが
今回はほんとひさしぶり。

理由は
今、娘がやってくれているので、私よりもそちらに学ばそうということ

なんですが
やっぱ自分も学びに行かなきゃだめだわ
って感じです。

やっぱり刺激が違いますから。


それはともかく
昨日の講師は、堀部さん、米谷さん、そして野池さん
という豪華なラインアップ。

ゆるぎないデザインを学ぶ

ゆるぎないデザイン?????

ゆるぎない」??

難しいですね。


でも、なんとなくわかりました。

私が名刺にも書いてあるあれです。

不易流行

デザインの中にもこれをしっかり取り入れていくといこと。

そして
その家は自分のものだけでなく、社会性があり
利他の心を持つこと。

そういうことだと思います。


学んだこと
また活かしていくため、研鑽します。



勉強会、研修 | 08:39:46 | トラックバック(0) | コメント(0)
防水措置
P9052412.jpg

倉敷のIWさま邸
津山の現場に比べ若干遅れてはいますが、いつものように牛歩ながら着実にすすんでいます。

この現場は、いつのの塗り壁と違い、外部はガルバニウム鋼板で仕上げます。

ですから、この写真のタイベックシルバーの上に胴縁を縦、そして横に2重にして
その上に仕上げ材となりますが、その工事は今月15日くらいから。


で今回は、仕上げ材の話ではなく、防水のお話。

家には窓を始め、いろんなものが飛び出しています。

その周りは、やっぱりきちんとしておかないと雨が入りやすく
ひいては漏水の危険性が高いところになります。

窓まわりなどは、両面のテープを張って
その上に防水シートを被せるようにすれば、テープと防水シートの2つでの防水措置となります。

ところが写真のように単純に飛び出しているものは、その周りをきちんと防止テープで覆ってやる必要があり
これを怠ると、そこから漏水ということも十分あります。


これを行うときには、専用の防水のためにものがあるのですが
私はあえてこうしてテープを貼っています。

このテープ
丸いものに貼ったことのある人ならわかると思うのですが

大きく切って貼ると、片方が平面、片方が曲面になるのでうまく貼れず
隙間が出来てしまいます。

そうしないためには
細かく切って、一枚一枚丁寧に丁寧に貼っていくしかありません。

それ専用の役物を使えばそんなことする必要もないのですが

一枚一枚丁寧に貼っていく
その作業そのものが、自分自身のモチベーションにもつながる

その家をきちんと仕上げていくんだ
という気持ちにつながるので、こうしています。

もちろん
必要とあらば、ホースを持ってきて、漏水検査も行います。

P9052413.jpg

写真は、電気の線の貫通部

これはものが細いので、のびーーーる防水テープをくるりと巻いて
その上から、念のための防止テープで押さえています。


防水の仕方
それだけで語り尽くせないほどの話はありますが

この作業にかぎらず、簡単に早くもいいですが
いかに丁寧にしてくかが鍵ではないでしょうか。



写真が小さくてわかりづらくてすみませんm(_ _)m

IWさまのいえづくり | 08:36:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
ストーブメンテナンス
P9252515.jpg

先日、我が家の薪ストーブのメンテナンスをプロにやってもらいました。

普段煙突掃除なんかは自分でやるのですが
2~3年おきにはプロにやってもろうということでのメンテナンス。



実はうちのストーブ、もうかれこれ30年くらい働いてくれます。

そのせいもあって、くたびれてきている部分も多く
やっぱり定期的なメンテナンスしたほうが将来を考えるならば良いかなって思うんです。


実は家も一緒

よく巷では「うちはメンテナンスフリーですから。」なんて聞くんですが
それって本当???

家は毎日紫外線に晒され、時には雨も降るし、雪だって降る。

そんな風雪に耐えるようなものが全くのメンテナンスフリーなんてありえない!!


そりゃ、そんなものに耐えうるような素材を使ったり、知恵を絞って納まりを考えたり
なるべく痛まないようなことは、もちろんします。


やっぱり何十年という月日の間には傷んで来ますよね。


だから、痛みきってしまう前に
例えば外壁の塗装をし直すだとかしていったほうが、つぎの10年20年を見据えたときには
絶対いい!!!

痛みきってしまうと、塗装のし直しなんかでは追いつかなくなって、まるごと交換
みたいなことになってしまいます。



だから、これから家を建てようとする皆様

あまーーい言葉にはご用心、ご用心ですよ。

特にメーカーさんなんて良いことしか言いませんから。

息吹木の家のこと | 18:02:15 | トラックバック(0) | コメント(0)
朝のニュース番組でも
22140878_1468690229878350_1817763811560199387_n.jpg

先日ご紹介した週間文春の記事

今度は、同じ内容で朝のニュース番組ののなかの特集でやってました。


ますます私達の常識が世間の常識になりつつあります。


やっぱり時代が動きそうな感じですね。



業界のこと | 17:28:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
倉敷での構造賢学会
PA012550.jpg

昨日は倉敷での構造賢学会でした。

どこやらのおえらいさんではないですが
できるだけ丁寧にわかりやすくご説明させていただきました。


・地震に強い構造とは?

・家を長持ちさせるためには

・気密・断熱とは?


家造りを行う上で、いろいろな大切なことがありますが、
構造を見学すると、分かること沢山あります。

だから、構造をしっかり見ておく
ってとっても大切なんですね。


今回もしっかり理解していただけたかな??


わからないことがあればなんでも聞いてください。

非常に高度なことは難しいかもしれませんが
たいがいのことにはお答えできるだけの勉強はしているつもりですし

いつ見て頂いても恥ずかしくないことはしているつもりですから。



勉強会、研修 | 17:48:51 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad