FC2ブログ
 
■プロフィール

しーやんやっさん

Author:しーやんやっさん
良い家を創りたい! お客様にとにかく喜んでほしい!
そんなことを考えて家づくりに取り組んでいます。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

デッキからお花見
P3293772.jpg

OBのTDさま邸にご訪問。

ふと見ると、公園の桜が満開

やることをやった後、デッキでのんびりお花見


設計段階から、せっかくの公園を借景として使わせてもらおう、という狙い

デッキだけでなく、内部のピクチャーウインドから見る桜も最高

見事はまってます(^o^)v


パッシブももちろん大切ですが、借景という考え方も非常に大切ですね。

スポンサーサイト
お客様(OB)のこと | 18:21:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
体力面材モイス
moiasu.png

今日も良い天気

おかげさまで、小原の現場も外周面がしっかり進んでおります。

只今、体力面材モイスを貼り、透湿防水シート タイベックシルバーを貼り終えました。

で、今日は、体力面材モイスのお話。


久々にモイスの話なんですが、

この話題を持ち出したのには訳があります。

というのも、良いものだということは、この場でずっと申し上げていたんですが

なかなかそれが分かりにくかった。

それは、私の説明が拙いこと、もちろんこれが一番なんですが、もう一つ

それは、WEB上のHPも、前年ながらもう一歩、って感じだった、ってのもあると思います。


ところが、モイスの販売が、三菱マテリアルというところから、アイカ工業というところに変わって

モイスの説明も一新。 とても見やすく、わかりやすくなった、と思います。


最初の写真が、それこそアイカさんのもの。

モイスにご興味がある方は是非とも行ってみてください。

アイカさんのモイスのページはこちらから


って、それではおしまい、ではつまらないので、私からも一言

上の写真から言うと、
良いところ一番 地震の耐力面材として優れている。

これを使うことで、家の耐力を取るときにバランスよく取れる

そして、釘の種類、撃ち方で、その倍率が変えられること

具体的には、2.7倍~3.8倍 

これって、結構便利で有益


もう一つは、結露に強い ってこと。

これを使うことによって、羊毛断熱材ウールブレスの性能が100%出せる

結果、HPでも謳っている、「高断熱・高調湿の家」が出来上がる、ということ。


耐力をしっかり取りながら、同時にこのことができる

そんな面材は、やっぱモイスが一番かなーーって思ってます。


他にも良いところありますが、このことが弊社がモイスを使う一番の理由。

なんでも良いから使っているわけじゃあないですよ。



今の息吹木の家を創っているのは、全てに理由やこだわりがあるものだから使っている

そんなもので出来上がっているんです。

それがお客様の利益になると信じて!!



家づくりで思うこと | 18:50:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
今度は津山で構造賢学会
kouzou.png

今度は津山で構造賢学会開催します。

構造の大切さは、口が酸っぱくなるほど申し上げているので

今更申し上げませんが

それを確かめにいらしてください。

日時 : 4月1日(日) 10時

場所 ;津山市小原


お申込みはこちらから

勉強会、研修 | 19:07:56 | トラックバック(0) | コメント(0)
CHLでの勉強会
昨日は岡山でCHLでの定期会合

ご存知のように、CHLでは、対外的な活動も視野に入れながら、それぞれのスキルを高め合うために勉強を重ねていこう

ということで活動を続けております。


勉強といえば、外部から講師を招いて・・・みたいのこともありますが

それぞれの会社や個人が持っているスキルをはっぴょうすることで高めあう

そんなことのほうが手っ取り早いし、案外勉強になるのではないか

ということで


今回の発表者は、わたし。

ホームズくんというソフトを使っての温熱計算や、構造計算について発表させていただきました。


発表自体は、皆様の勉強になったかどうか・・・

それぞれのスキルの違いもありますので微妙なところもありますが

発表して何がいいのか、っていうと

やっぱり自分自身が勉強になる、ということ


そのソフト自体、いつも使っているもので、なれきっているので

普段ではなんとも思わないところでも

発表となると

どうすればわかりやすく話せるか、など考えなければなりません。

そうすると

普段はなんとも思わないところでも、ふっとした気づきがあったりするもの。

そう、もしかしたら、一番勉強になっているのは自分自身かも

ってことですね。


いずれにしても、真面目な会社が、こうしてより合って高めあっていく

そんなことがいい家をつくることにつながるのなら

もっと、もっとやっていくべきですよね。






勉強会、研修 | 08:22:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
春を食す
P3153733.jpg

最近めっきり暖かくなりました

って言ってたら、当然寒くなったりで、まさに三寒四温ですね。


でも、春はもうすぐそこまで来てます。

春といえば

そう、山菜が取れ始める季節

うちも取ってきました、ふきのとう

早速天ぷらにして春を食しました。


他にも、つくしやかんぞうなんかも

ちょっとほろ苦い、取り立ててうまい、ということもないのですが

やっぱり、あのほろ苦さが春って感じ・・・?



ごちそうさまでした(^o^)v

私のこと、家族のこと | 16:09:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
FMさま邸進行具合
P3083635.jpg

つやまのFMさま邸 ぼちぼち進んでいます。

外は、ほぼ耐力面材であるモイスを貼り終わり、サッシを取り付け待ち

中は、ご覧のように、ウールブレスを床に充填して、あら床を貼り終えました。


ここのところ、基礎断熱工法が多かったのですが、今回は床断熱


ここで床断熱と、基礎断熱の違いについて、ちょっとだけ


床断熱は、建物の一階床下の全面に断熱材を取り付けて、外部の温度(熱気、冷気)の影響を受けないようにします。

対して、基礎断熱は、床下まで部屋内と考えます。

床断熱のメリット・デメリットとしては

床断熱では、配管等、いろんなものとの取り合いが多くなるため、気密が取りにくい

断熱材がすぐ床の下にあるので、短期的に見ると、床がぬくもりやすい

などが考えられます。

対して基礎断熱は

外周壁の布基礎部分の気密化を意識するだけで気密施工が容易に出来るので、断熱気密性能を安定的に確保しやすい

基礎と土間のコンクリートは室温や地熱の蓄熱層として使えるので、省エネルギ―効果と室温の安定に効果がある

一方、基礎をきちんとしていないと、蟻害に会いやすい

などがあります。


では、どちらが良いのか??


ご覧のように、メリット・デメリットはやはりあるので

最終判断は、お話をきちんとして、ご相談して、というのが本当のところ。


そういったところからすると

蓄熱、気密、という点からみると基礎断熱工法が多くなっているのも事実。


悩ましいところですね・・・




FMさまのいえづくり | 12:15:54 | トラックバック(0) | コメント(0)
気密測定
P3153728.jpg

昨日は早島の現場で気密測定

結果は、Ç値 0.8


この結果をどうみるか

高断熱・高気密派のみなさんは、ちょっと悪い、と見るかも

そういう人たちは、とにかく 0 に近づけるために東奔西走しているから。

でも、私達は結構満足



というのも

C値が2とか3とかいうのは論外ですが

1を切るくらいなら、気密としては安全地帯


弊社の場合

高断熱・高気密じゃあなくて、高調湿を目指しているので

いわゆる、ベーパーバリアといったものは一切つかわない

(ベーパーバリアって外壁をナイロンみたいなものでくるんでしまうもの)

写真の通り、ウールむき出し

その状態でこれだけの数値が出るのは結構良い!!

なんて思っています。


これをバリアーで覆ってしまうと

せっかく木やウールが調湿してくれるのに、ビニルが邪魔してしまいます。


結露を起こしてしまうのなら、全然話は違いますが

それも、計算や、実証で確かめていますので

気密を追うためのバリアはしません。


ま、0.8という数字は、言ってみれば、立派な高気密でもあるんですけど。





MHさまのいえづくり | 08:29:06 | トラックバック(0) | コメント(0)
2018リレーマラソン
P3113663.jpg

今年もやって来ました。リレーマラソン大会!!

そして、もちろん息吹木の家として参加。

今年も、沢山のOBの皆様、そしてこれから建てる予定のお客様に集まっていただきました。

IMGP9968.jpg

そして、そのOBの皆様のお子様も大きくなって

こうして、親子でのリレーもできるようになりました (^o^)v

IMGP0073.jpg

終わったあとは、恒例の写真撮影。

みんな口々に「楽しかった!!」って

そして、そして、息吹木の家といえば

P3113683.jpg

終了後のBBQ


楽しく汗をかいて、美味しく頂いて

とてもハッピーな1日でした (^o^)v

息吹木の家のこと | 08:18:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
構造賢学会
P3103656.jpg

昨日は、早島で構造賢学会でした。

構造賢学会は、完成のそれと違って地味ーーーなため、あんまり人気はないのですが

実はとても大切な賢学会であることは間違いありません。

というのも

この時点で、ほぼ家の性能が決まってしまうから。

それは構造はもちろんのこと、断熱なんかもそうなんです。

そういうことが、間近で見られる賢学会

どういう工夫でしているのか?

どういう考え方でやっているのか?

しっかりご説明できたと思います。



来られる組数は少なくてもいい、

極端に言えば 1人でもいい

熱心に聞いてくださる方がいらしゃたら、

そんな思いが強い賢学会

それが構造賢学会ですね。


MHさまのいえづくり | 07:59:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
ガイアの夜明けを見た
昨日、ガイアの夜明けを見ました。

題名は

ニッポン転換のとき〜住宅編『中古』に価値がある!〜“新築信仰”に挑む〜

この題名だと見ないわけにいかないでしょ。


主な内容は

テレビでもおなじみの、カチ○スという会社が、だれも取り合ってくれないような中古住宅を買い取ってリフォーム

きれいに作り直して販売する、というもの

その販売価格は、その周辺の新築住宅の7割程度?

番組では、新築を立てた人がやってきて「しまった、こんな住宅もあったんだ・・」

みたいなことをやっていました。

さて、これってどうでしょう??

中古住宅を300万円ほどで引き取る

これは、壊すしかないと思っている人にとっては願ったり叶ったり。

それをリフォームするのに、外構なんかも併せて、総額の上限が500万(300万だったかな)

それで、販売価格1200万ほど。

見栄えもかっこよく、中も今風に


購入者は言う

「住宅ローンに縛られて、他に何にもできない、じゃあつまらない。だからこういうお手頃価格の家を買う。」


その通りの話です。

新築を買えば、その分ローンも増えて生活を圧迫してしまいます。



だも私は思います。

本当に価格だけでいいんでしょうか??


あの家を買って、生活する。

冬は寒いだろうなーーー  夏は暑いだろうなーーー

あの壁、ペンキ塗りだけで済ませてしまってるから、5年位したら塗り替え必要だろうなーー

そんなことが、ちょっと見ただけで容易に想像出来てしまいます。


中古住宅を活用する

とても素晴らしいことだと思います。

安くして販売し、お客様の負担を減らす。

これもとてもいいことだと思います。


でも


こんなことをして販売すると

結局後の光熱費がかかったり、メンテナンス費用がいったり・・・

その時だけ安けりゃそれでいいんでしょうか、と思ってしまいます。


番組の最後の方でやっていました。

寒い、暑いを克服して、かっこよくて快適な家にする。

この話は、残念ながら尻切れトンボで終わってしまいました



ここまで考えて提案しないと

お客様のためにならない、と私は考えます。


そうすることで、もちろん費用はアップすると思います。

申し訳ないですが、お客様は素人です。

良いも悪いも分かっていない人がほとんどです。

だから、きちんと快適さ提案もしないとダメだと思うんです。


最終的に、どういったリフォームを選ぶか

それはお客様次第。


私たちは、そんなリフォームを「本質改善型リフォーム」と呼んでいます。


住んでみて、こうして良かった! って思えるリフォーム

新築並みに快適で、暑さ寒さ知らずの家

それが本質改善型リフォームです。


番組でやっていたのは、残念ながら、部品交換型リフォーム

見栄えだけ良くして、後はなんにもかわっていない、というもの


繰り返しますが

これはこれであり、だと思います。

値段が安く一戸建てが買えるんですから。


でも、それだけでいいのかどうか??

そういう選択肢もある、ということが分かる

そんな消費者になって欲しいな、っておもうのですが


いつも申し上げる

スーパーに買物に行って、野菜一つ買うのに、日本産だろうか中国産だろうか

安全だろうか、どうだろう、と一生懸命考えて買う賢い主婦の皆様が

どうして家になると、安易に・・・・


失礼しました・・・m(_ _)m


家づくりで思うこと | 19:10:10 | トラックバック(0) | コメント(0)
在来木造住宅
P3033620.jpg

建前から数日たったFMさま邸

昨日は、結構な雨と風で外部、特に屋根の仕上げが出来ず、細々とした仕事を。

今日は、おかげさまで晴れそうなので、外回り屋根のの仕事をどんどんと進めていきます。


ここで、疑問に思う方もいらっしゃるかも

というのは

最近の、特に量販型の住宅って、屋根なんか早いですよね---

建前を行ったその日には、屋根の合板まで出来てる

なんてことよくあること。

それに比べ弊社は

屋根を仕舞ってしまうまで数日はどうしてもかかってしまいます。


それって
単純に弊社の職人が遅いから???

ではないのです。

弊社の場合

屋根なんかも化粧の表し、つまり木を見せたりするものですから

さっとしまってしまって、あとで化粧材(主に建材)をつけてなんかしよう

というのと違い、その時の仕上げ、イコール最終仕上げとなります。

そうすると

自ずからどうしても慎重に、丁寧に仕上げなければなりませんよね。

そんなことから(複合的な要素もありますが)

どうしても仕上げが遅くなってしまう、ということになってしまいます。



先日、ご近所の方が来られて

「やっぱりこうして建つ木造住宅はいいですね、この立ち姿がきれいですから」と

そう、木造在来は、その立ち姿がきれい!

建った瞬間は、そう思うひとがきっと多いハズ。

でも、工事が進んでいくうちに・・・

なんかどれもこれもおんなじに


その美しさを少しでも残したい

そんな思いから、木の良さを外見でも

そんなふうに思い、思い 家造りしてます。


書き出したら止まらなくなるのでこの辺で



FMさまのいえづくり | 08:33:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
晴天の元での建前
IMGP9881.jpg

今日は津山市で建前でした。

前日まで、全国的に大荒れの天気

でも今日は、抜けるような青空のもとでの建前

いろんなことが段取りよく行き

とてもいい建前ができました。




しかしながら

私個人的なことではお施主さまにもご迷惑をおかけしたことお詫び申し上げます。

申し訳ありませんでしたm(_ _)m

ただ、本当に喜んで頂いたこと

本当に感謝しております。

ありがとうございました。

FMさまのいえづくり | 18:43:14 | トラックバック(0) | コメント(1)

FC2Ad