FC2ブログ
 
■プロフィール

しーやんやっさん

Author:しーやんやっさん
良い家を創りたい! お客様にとにかく喜んでほしい!
そんなことを考えて家づくりに取り組んでいます。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ガイアの夜明けを見た
昨日、ガイアの夜明けを見ました。

題名は

ニッポン転換のとき〜住宅編『中古』に価値がある!〜“新築信仰”に挑む〜

この題名だと見ないわけにいかないでしょ。


主な内容は

テレビでもおなじみの、カチ○スという会社が、だれも取り合ってくれないような中古住宅を買い取ってリフォーム

きれいに作り直して販売する、というもの

その販売価格は、その周辺の新築住宅の7割程度?

番組では、新築を立てた人がやってきて「しまった、こんな住宅もあったんだ・・」

みたいなことをやっていました。

さて、これってどうでしょう??

中古住宅を300万円ほどで引き取る

これは、壊すしかないと思っている人にとっては願ったり叶ったり。

それをリフォームするのに、外構なんかも併せて、総額の上限が500万(300万だったかな)

それで、販売価格1200万ほど。

見栄えもかっこよく、中も今風に


購入者は言う

「住宅ローンに縛られて、他に何にもできない、じゃあつまらない。だからこういうお手頃価格の家を買う。」


その通りの話です。

新築を買えば、その分ローンも増えて生活を圧迫してしまいます。



だも私は思います。

本当に価格だけでいいんでしょうか??


あの家を買って、生活する。

冬は寒いだろうなーーー  夏は暑いだろうなーーー

あの壁、ペンキ塗りだけで済ませてしまってるから、5年位したら塗り替え必要だろうなーー

そんなことが、ちょっと見ただけで容易に想像出来てしまいます。


中古住宅を活用する

とても素晴らしいことだと思います。

安くして販売し、お客様の負担を減らす。

これもとてもいいことだと思います。


でも


こんなことをして販売すると

結局後の光熱費がかかったり、メンテナンス費用がいったり・・・

その時だけ安けりゃそれでいいんでしょうか、と思ってしまいます。


番組の最後の方でやっていました。

寒い、暑いを克服して、かっこよくて快適な家にする。

この話は、残念ながら尻切れトンボで終わってしまいました



ここまで考えて提案しないと

お客様のためにならない、と私は考えます。


そうすることで、もちろん費用はアップすると思います。

申し訳ないですが、お客様は素人です。

良いも悪いも分かっていない人がほとんどです。

だから、きちんと快適さ提案もしないとダメだと思うんです。


最終的に、どういったリフォームを選ぶか

それはお客様次第。


私たちは、そんなリフォームを「本質改善型リフォーム」と呼んでいます。


住んでみて、こうして良かった! って思えるリフォーム

新築並みに快適で、暑さ寒さ知らずの家

それが本質改善型リフォームです。


番組でやっていたのは、残念ながら、部品交換型リフォーム

見栄えだけ良くして、後はなんにもかわっていない、というもの


繰り返しますが

これはこれであり、だと思います。

値段が安く一戸建てが買えるんですから。


でも、それだけでいいのかどうか??

そういう選択肢もある、ということが分かる

そんな消費者になって欲しいな、っておもうのですが


いつも申し上げる

スーパーに買物に行って、野菜一つ買うのに、日本産だろうか中国産だろうか

安全だろうか、どうだろう、と一生懸命考えて買う賢い主婦の皆様が

どうして家になると、安易に・・・・


失礼しました・・・m(_ _)m


スポンサーサイト
家づくりで思うこと | 19:10:10 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad