FC2ブログ
 
■プロフィール

しーやんやっさん

Author:しーやんやっさん
良い家を創りたい! お客様にとにかく喜んでほしい!
そんなことを考えて家づくりに取り組んでいます。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

業界紙の記事より
業界紙の記事で面白いものを見つけたのでアップします。

タイトルは、「男性よりも女性の方が温熱環境に魅力感じる」というもの

住宅の温熱環境に対する魅力は性別によってかなり差があることがわかった。旭化成建材(東京都千代田区)快適空間研究所と旭リサーチセンター(東京都千代田区)ハビトゥス研究所が、首都大学東京、駒沢女子大学と共同で行った調査の結果だ。

温熱環境が良い住宅で魅力に感じることを男女別でみると、「家のどの場所にいても快適に過ごせる」では男性36.3%に対し、女性53.3%と17ポイントの差がついた。「健康的に体調良く過ごせる」という項目についても男性56.8%に対し、女性65.6%、「暑さ・寒さのストレスがなくなる」でも男性が36.9%、女性が47.0%と、ともに10ポイント近い差があった。女性の方が男性よりも温熱環境に魅力を感じていた。温熱環境の向上により、男性よりも女性の方がさまざまな家事行動が楽になるとイメージしていることが影響しているようだ。

merittto.png

実際、窓ガラスの断熱性能と家事行動との関係を見ると「家の中が暑くて料理をするのが億劫に感じる」比率は、シングルガラスの住まい(グラフ クラスA)は60.3%だったが、Low-Eペアガラス+トリプルガラスの住まい(同クラスC)の人は32.5%だった。

ryori.png

温熱環境の良さが女性にとって住まいの魅力になることを示す結果だ。


どうでしょう??

家の中にいる時間を考えると、いま時点では女性のほうが圧倒的に長いし、やることも多いので室内環境

特に一番わかり易い温熱に対して敏感である、ということなんでしょうね。



ということは

温熱に力を入れ、プラスアルファとして、空気感にこだわっている弊社

やっぱり間違いではない、ってことですよね。




スポンサーサイト
業界のこと | 08:25:28 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad