FC2ブログ
 
■プロフィール

しーやんやっさん

Author:しーやんやっさん
良い家を創りたい! お客様にとにかく喜んでほしい!
そんなことを考えて家づくりに取り組んでいます。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

断熱のちょっとだけ難しい話②
昨日の話、ちょっとだけでもお分かりいたでけたでしょうか??

「弊社は〇〇を使っているから大丈夫!」とか「W断熱だから・・」なんてうたい文句

これって、しっかり眉につばをつけながら聞かなければならない、ってことだけでもわかれば大丈夫かな、って

でも改めてこうやって書いてみると、グラスウール(10k)換算で400㎜なんて言い方をすると、なんかやっぱすごい

って感じですね。

これからはこういった言い方した方が良いのかな?? なんて思います。



で、今日は

昨日の熱抵抗の話、結構わかりやすかった、とおもうんですが、

世の中断熱を語るとき今一番使われているのは『Ua』っていう言葉

これは『外皮平均熱貫流率』といって、外に面している部分の平均した熱の逃げやすさはどれくらいなの?

っていうことを現したことば。

昨日言った、熱貫流率を,屋根や床、そして壁といったすべての部分で計算して,その平均を出そう、っていうもの

だから、それぞれの値や部位が分かっていれば子供でも計算できるようなものなんですが

ちょっとだけ複雑なのは以下のようなこと。

ua.png

この絵は、省エネ計算ソフト「ホームズくん」からお借りした壁の中を現したものですが

壁の中には、もちろん柱がありますよね。それから間柱といって柱よりも細いものもあったりします。

それから外に貼る,構造用面材があったり、中に貼る石膏ボードがあったり。

断熱を考えるとき、断熱材が入っているだけではなく、そのほかのいろんなものもあるので

それらすべてを考え合わせてその壁なら壁の性能を出さなければなりません。

具体的には

断熱材の熱貫流率 

例えば 弊社のウールブレス 0.04

柱などの木材 0.12(天然木材1種)

石膏ボード  0.22

構造用合板 0.16

こんな感じです。


まず、壁の中に入っている柱や間柱 これらを見てみると断熱材よりだいぶ性能が悪いですよね。

だからこれは『熱橋』と呼んで、断熱の弱い部分と考え、その面積比で計算し、結果マイナス部分となります。

石膏ボードや外壁は、壁の外側に着いているので、断熱にプラスされるものとして考えます。

そしてそうやって計算したものが、壁のU値となるわけです。


これらのことをすべての部位で計算したもの

これが、外皮平均熱貫流率Ua値 となるわけですね。



じゃあ窓は・・・

って、もちろんそれも考えなければなりませんね。

窓はこちらでは計算できませんので、メーカー任せになってしまうのですが

大事なのは、窓の枠

jyusino.png

ご覧ください。

樹脂のU値 0.2 に対してアルミ200

信じられませんね。

考えてみれば、アルミって鍋なんかにも使うぐらいですから、熱がよく伝わって当たり前

こんなものを長年にわたって日本は使ってきたんですね・・・・

実際今でもアルミサッシを使っているのは、先進国の中で日本だけとか。

だから

私たちは、窓は樹脂(木材)でないとダメ。

ついでに中に入っているスペーサーも樹脂にしましょう,っていってるんです。

これは、ペアガラスがどうとか、トリプルがどうとか、いう前の議論かも。


で、窓のU値、ざっと言うとこんな感じ

madonoseinou.png

良い窓と従来のまど こんなに差があったんですね。

それでも考えてみてください。

トリプルガラスの良い窓でも、そのU値は1程度

こないだからよく出しているグラスウール10kのU値が0.5

ということは良い窓でさえ、ペラペラのグラスウールの半分の性能しかない、ってことなんですね。

だから断熱性能が高い,って謳っている会社の窓は小さいものが多い、のかなって思います。



なんかずいぶん長くなりましたので今日はここまで

窓は小さい方がいいのか?

また書きますね。






スポンサーサイト



勉強会、研修 | 09:14:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
断熱のちょっとだけ難しい話
先日の賢学会 エアコンをかけずで、断熱性能を実感できた、って言いましたけど

その断熱性能について現場でもご説明させていただきましたが、ここでもう一度復習を。


natumado.png

夏に熱が侵入してくるのは

やっぱり窓

73%って、とっても大きな割合ですよね。

ですから、現場では外側にタープやすだれをかけていたんです。

窓の性能はもちろん大切ですが、それ以上に日射を遮ろうと思ったら、窓より外側で日射を遮る

これが一番のポイント。

それを建築的にしようと思えば、軒(ひさし)がすごく深い家を造ればいい!

夏はこれが大正解ですが、あまりに軒が深いと・・・冬になったら,暖かい日差しがほしいのにほとんど入ってこなくなる

なんてことも。

だから、軒の長さは、夏至の頃から7月、8月中旬までは入ってこない程度にして、後は、外側にタープやすだれをして

日射を遮る、これが本当の正解。

これが断熱と並んでよく語られるパッシブ技術の一端ですね。


それに加え、今回2階が暑くなかった、ということ

表では、屋根が11%とあまり大きくない数字ですが、2階を涼しい空間にしようと思えば

やっぱり屋根の断熱を強化しなければ無理。

時々「断熱材何を使ってますか?」というご質問を受けるのですが

前にも申し上げたとおり、「何を使っているか」に加え「何㎜のものを使ってますか?」を加えるのが正解

何を使っているのか、では、その断熱材の物性しか分からない

例えば、今回屋根に使ったフェノールフォーム、その『熱貫流率』は、0.019と言う数字

これではわかりにjくいので,例えば

グラスウール 10k 0.05

高性能グラスウール 16k 0.04

ウールブレス 0.04

熱貫流と言う言葉が示すとおり、この数字は小さいほど熱が通りにくくなっているということ

それから見ると、フェノールフォームってすごいよね、グラスウールの半分以下ですから。

となるんですが、ここで登場するのが『厚み』

例えば、いくら良い布団を買ってきても、その厚みがすごく薄かったらどうですか?

それと同じこと、ちょっっと計算してみましょう。

グラスウール10k 100㎜   0.1÷0.05=2

フェノールフォーム 50㎜   0.04÷0.019=2.1

何をやったか分かりますか。

そのものの厚みを断熱材の熱貫流率で割ったものなんです。

そこで出てくるのが、『熱抵抗』と言う言葉

これは先ほどの熱貫流率と反対で、大きな数字の方が偉い、「熱に抵抗できる」ということ

上の式だと、ほとんど同じですよね。

これは、いくらフェノールフォームが性能が良いからといっても、4㎝の厚みでは、普通のグラスウール10kと変わらないですよ

と言うことなんです。

だから最初の、「何を何㎜使ってますか?」というのが重要なんです。


今回の場合、フェノールフォームを150㎜使っていますので

0.15÷0.019=7.9  という数字

これをグラスウール10kで換算すると なんと400㎜近く

大きな数字でいうと、なんかすごい! って感じですが、これを屋根に仕込んでいるから暑くない

もう一つ加えると

これは数字的にはほとんど影響はないのですが、いままでの経験上これは絶対、というのが『空気層』

これを断熱層の上側にきちんと作ってやることにより、断熱で遮断した熱い空気が逃げてくれる

そう思っております。


あと、『U値』だとか『Ua値』というのもありますが

これ以上書くと難しくなるのでまたの機会に。

ちょっとだけ難しいけど、役にたつ断熱のお話でした。




家づくりで思うこと | 08:47:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
久世の家 完成賢学会終了
P1160141.jpg

久世の家 完成賢学会無事終了しました。

予約の方をはじめ、ご近所の方々、そしてお施主様のご友人の方々 多くの皆様にご来場いただき

とても賑やかな賢学会になりました。

これもお施主様のご厚意によるものと感謝しております。

本当にありがとうございました。m(_ _)m

感謝といえば

P1160128.jpg

会場にはこんなメモ書きがあちこちに。

これは、お施主様がこだわったポイントなどを分かりやすく書いてくださったもの。

見学の方々からは「とてもわかりやすい。」と好評!

これもありがとうございました。

P1160123.jpg

そして今回の賢学会は、両日ともエアコンを使わずで行いました。

そのため、1階と2階の温度差がほとんどないことや、全体的な断熱性の高さを実感していただくことができました。

実際じっとしている状態では、全く不快感はなし。

我ながら良いできかな、って思ってます。




ただ、親子連れで,小さなお子様だと,抱っこしてたりすると、やっぱり通常より大分暑いので

そういう方は、汗がにじんでいるのをみると、ちょっと申し訳なかったかな、と思います。

エアコンをかければ,10畳用のエアコンで十分に涼しくなるのは実証済みなんですが

かけるか、かけないか・・・・ちょっと再考が必要かな・・という反省点もありました。


ともかく、暑い中わざわざご来場いただいた皆様にも感謝申し上げます。

本当にありがとうございました。m(_ _)m



HKさまの家づくり | 10:24:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
もう一度 賢学会について
明日、明後日と完成賢学会を開催するのは、先日来からご案内の通りです。

今回もいつも通り、『予約制』で行います。


弊社は、チラシは作りますが、新聞折り込みなどしないので、ご案内は、このとおりウエブ上か

DM、そしてお知り合いの方へのご案内のみとなっております。


ではなぜそんなことにしているのか、もう一度整理してみます。


弊社も6年くらい前までは、新聞にチラシを入れて、「どなたでもウエルカム」で賢学会を行っていました。

最後のそれは、両日とも朝から多くの方にご来場いただき、食事を取る間もなかったほどでした。

数にしてみれば、両日で40~50組くらい

それを,女房と2人でご相手するのですから、もうてんやわんやで、終わってみて女房に「どうだった?」と聞いても

「なんか忙しくてヨー分からんかった・・」ということ

それは私とて同じこと。

とにかく次から次からですので、一生懸命話はするのですが、1人の人に話をしていて、その間に来られた他の人も放っておけない

のでお話をする、それを繰り返していると、もう何がなんだかよく分からない状態・・・・


一般的な見学会では、スタッフに協力業者を呼びつけてお手伝いをさせる、なんて光景よく見ますが

所詮お手伝いはお手伝い、きちんとしたご説明や想いは語れません。

ですから、弊社ではそんなスタッフは全然いないのです。(協力業者も呼びつけられなくてほっとしているかも・・)


で、思ったのは、数を競っても何にもならない、ということでした。

だったら、予約制にして数を絞ろう。

それが答え。


予約制なんかにして全然人が来なかったらどうしよう。

すごく不安もありましたが、

一人一人の方に、きちんとご説明、解説、そして何より『家づくりの想い』をお伝えする

この本質的なところを大切にしよう、

そして、それができるなら、たとえ1日1組でもいいじゃあないか、という想いに至りました。


どの頃からですか、見学会を『賢学会』という字にしたのは。

HPにも書いてありますが、ただ単に見て回るのが見学、それに対して「どうしてそんなことになっているのだろうか?」とか

「なぜそんなことをしているのか?」とかいった、家づくりの本質的なところまできちんと理解していただきたい

そして、それによって,良いもの悪いものをきちんと見分けられる『賢い消費者』になってほしい

そんな想いから。



前から私よく言いますよね。

スーパーにいって、この野菜の産地はどこだろうか? 農薬の危険性はどうだろうか?

そんなことを一生懸命考えて買い物をする賢い主婦

そんな賢い方が、家のことになると・・・・

になってはダメですから。



最後に

本当に大切なものは目には見えないんだ。

星の王寺様の一説です。






OOさまの家づくり | 08:39:35 | トラックバック(0) | コメント(0)
旭川をのぞむ家 完成賢学会開催の知らせ
hisikawa.png

久世の完成賢学会 迫ってまいりました。

前回 『吉井川をのぞむ』と書いてしまっていたんですが、「旭川を望む」ですね

間違い指摘されて大汗ものでした・・・(大汗)


それはともかく

時間帯によって、もう少し空きがあるようです。

予約し忘れた!! という方 いらっしゃいましたら予約入れてください。

お待ちしております。m(_ _)m


勉強会、研修 | 07:52:02 | トラックバック(0) | コメント(0)
2019木工教室
IMG_7592.jpg

昨日は弊社の木工教室でした。

暑いにかにもかかわらず、沢山のOBさま、関係者のみなさまにご参加いただきました。

IMG_7611.jpg

こんなに小さなお子様も木工に参加

IMG_7613.jpg

もちろん,お父さんも頑張ってます。

IMG_7656.jpg

さあ、大分できてきました。

もう少しで完成です。

IMG_7673.jpg

完成した作品を手にみんなそろって記念撮影

本当に沢山でしょ。

IMG_7675.jpg

IMG_7678.jpg

お疲れ様の後は、いつものBBQ

そして、お父さん,お母さんには生ビールのご褒美(^_^)v

IMG_7683.jpg

暗くなると,子供達は花火に夢中

そして

IMG_7686.jpg

大人達は天体観測会

OBのWB様がとても大きな天体望遠鏡を持ってきていただきました。

感謝、感謝ですm(_ _)m


今年も賑やかで楽しい会になりました。

本当にありがとうございました。

息吹木の家のこと | 16:39:56 | トラックバック(0) | コメント(0)
台風一過
大型の台風10号

この地域を直撃か!? というコースでしたが

過ぎてみれば・・・ なんてことない、ですみました。

おかげですm(_ _)m


お盆でお休みをされている皆様は、せっかくのお休みだったのに、ちょっと残念 かもしれませんが

何事もないのが一番、と考えて連休後半を楽しみましょう。


連休後半と言えば、18日は木工教室

沢山の方のご予約をいただいてうれしい限りです

ですから

このお盆は、これの段取りだったり、台風に備えての現場段取りだったり、完成へ向けての作業だったり

そんなこんなで,結構忙しかった。

これもおかげか!?


今日も今日とて、お客様が来月に開催されるマルシェに出す作品(^?)づくりに向けての段取り

やることいっぱいです。(^_^)v

私のこと、家族のこと | 08:18:24 | トラックバック(0) | コメント(0)
またまた一週間
またまたブログを更新しないまま一週間が経ってしまいました。

毎日毎日暑い中で一生懸命いろんなことをして、帰ってきたら、とにかく一番にシャワー、風呂

メシ食ったら,もうぐったり・・・

そんなことの繰り返しで。

とにかく、この暑いのをなんとかしてくれないとダメですね。

P1160070.jpg

そんな中でやったのが、YMさまとの現場打ち合わせ。

いくら忙しくても、こういうことはきちんとやっておかないと

後から「やっぱりこうだった、ああだった。」みたいなこと起こりがち

だから現場打ち合わせは大事ですね。

それから

リフォーム現場の段取り、蒜山の細々したこと

材料の段取り・・・・・

やっぱ、やること山ほどあります。

P1160073.jpg

そして、久世のHKさま邸の片付けと、油塗り

今回リビングゾーンは「南西桜」のフローリングを使ったので、油を塗るとその違いがくっきり

色目ということで言うと、やっぱ広葉樹系のものはきれいですね。

この現場は、杉のフローリングも貼ってあるので、その違いも分かって面白いかも。

賢学会お待ちしてますm(_ _)m



そして、そして、これで終わりではありません。

このHK様邸、まだ細々したものが残ってますし、床下ももう一度お掃除

基礎断熱の場合は特に気をつけなければいけない部分です。

だから、大きなネズミ、掃除機抱えて潜ります。



そして、そして、もう一つ

18日に行う予定の木工教室

これの段取りもしておかなければ!!


お盆ほとんどなし、ですね(^_^)v

息吹木の家のこと | 08:43:22 | トラックバック(0) | コメント(0)
この1週間
前回の記事から大分経ってしまいました。

だって・・・・

と言ってみても申し開きにしかならないのですが

この1週間の暑かったこと、暑かったこと

会う人会う人、交わす言葉は「暑いですねーー!!」

こればっかり。

本当に参りました、と過去の話のようにいってもまだまだ続きそうですが・・・・


そんな1週間

蒜山のIDさま邸へも出かけ、断熱を仕込んできました。P1150989.jpg

もちろんいつものウールブレス

違うのは、今回のものは120㎜仕様ということ

寒い蒜山、少しでも暖かく、ということでの判断。

断熱は,壁だけで決まるものではないですが、他も含めて性能値を上げようと思えばこれくらいは必要かな・・ってことですね。


それから,久世のHK邸へも

ここは仕上げに向けてまっしぐら。

棚受け金物を取り付けたり、塗装を施したり・・・・

とにかく仕上げに向けてのしごとは結構あります。

9日には掃除が入るので、良くなること間違いなし。

乞うご期待ですね。


そして、そして津山のYMさま邸

外部のタイベックシルバー ほぼ貼り終えました。

台風シーズンを迎えようかというこの時期、いつまでもブルーシートではダメですから。

P1150982.jpg

とにかく、これでひとまずは安心、ということで


で、実はこれらに加えてこんな工事も

P1160040.jpg

OBのKGさまの車庫を建てさせていただきました。

木製の車庫、やっぱりアルミのそれと比べると、やっぱ良いですよね。

KGさまも、「かっこいいやつを!」というご要望でしたので、そういう風に造りましたm(_ _)m


それから、実は改造も進んでいます。

この暑いのに、ちょっと大変。

でも、今はやりの“空調服”を着ながら頑張っていきたい。と思います。


最後に

P1160024.jpg

ごんごまつりの花火も,孫を連れて楽しみました。

すごい人出に戸惑いながらも、一旦座ってビールをすすると、花火モード

楽しかったです。

息吹木の家のこと | 08:47:35 | トラックバック(0) | コメント(0)