FC2ブログ
 
■プロフィール

しーやんやっさん

Author:しーやんやっさん
良い家を創りたい! お客様にとにかく喜んでほしい!
そんなことを考えて家づくりに取り組んでいます。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

環境問題
この一週間もいろんなことがありました。

その中で最も印象的だったこと、

それは、ラグビーで日本がアイルランドに勝利したこと。

もそうなんですが、それ以外で私たちが一番関心を持たなければならないこと

それは、環境問題。



グレタ・トゥーンベリさん、国連で怒りのスピーチ

これはもうすごい、を通り過ぎて衝撃的でした。


多くの人たちが苦しんでいます。多くの人たちが死んでいます。全ての生態系が破壊されています。私たちは大量絶滅の始まりにいます。

それなのにあなたたちが話しているのは、お金のことと、経済発展がいつまでも続くというおとぎ話ばかり。恥ずかしくないんでしょうか!

30年以上にわたって、科学ははっきりと示してきました。それに目をそむけて、ここにやって来て、自分たちはやるべきことをやっていると、どうして言えるのでしょうか。必要とされている政治や解決策はどこにも見当たりません。


皆さんはどうお感じだったでしょうか??

彼女が発したのは、各国のトップに対しての言葉でした。

じゃあ、これは彼らだけの問題なのでしょうか?

いやいや、そうであってはならないはずです。

こういった問題は、

ただ単にトップダウンするでけでなく、ボトムアップ

みんな一人一人の問題として捉えなければならないはず。


そういう意味では、日本がきちんと態度を表明しない、というのは残念でなりませんが

だからこそボトムアップが必要なんだと思います。


私たちのできること。

まず第一は、地元の木を使って家を建てること

01.png

皆さんは『ウッドマイレージ』と言う言葉をご存じでしょうか?

木材は元々、他の素材と比べて製造時の環境負荷が小さい、と言うことは周知の事実です。それはもちろん、使い終わった木を

ペ レット材や他のものに利用すると言ったリサーチ性ににも優れている、ということからも明らかです。

では、木材なら何でも良いか、というとそうでもありません。外国産材を多く使用することは必ずしもエコロジーとは言えません。

輸送時の燃料消費により環境に負荷をかけてしまうからなんです。

この輸送時の環境負荷を見える化したものがウッドマイレージなんです。

表を見て分かるとおり、アメリカの5倍、ドイツの22倍もの環境負荷がかかっています。


日本は残念ながら、有数の森林大国でありながら、木材の7割を輸入しています。

実際地元の市場では、沢山の木材が売れ残り、製材所、山元、市場・・・みんな困窮しています。

02.png

ウッドマイレージの考え方を住宅に適用してみました。

これは、欧州材で家を建てた場合と、地域材で家を建てた場合の木材輸送過程のCO2排出量を環境負荷として現したものです。

国産材で建築すれば5倍以上も環境負荷が小さく、さらに地元産で建てた場合、14倍も環境負荷が小さいことが分かります。


さらに経済面から考えても、地域でお金を回して、その地域を豊かにしていく

こんなことは、当たり前のはずなんですが、そのお金は、どこかの巨大商社や、巨大会社が牛耳っている

というのが現実です。



次に省エネ住宅を建てる

次に省エネ住宅を建てることを基本とします。

これは語らずともお分かりでしょうが、一番わかりやすいのが自動車

今の車は、一昔前のものと比べると、驚くほど燃費が向上しています。

こないだも愛車で岡山まででかけると、25㎞/ℓ 

燃費が良いということは、= Co2排出量が少ない、ということ

だから、家も省エネ住宅を建てます。


そこで考えなければいけないのが、アクティブ、とパッシブ

アクティブ住宅なんて聞かないんですが、あえて比較するためにこう呼びます。

アクティブ住宅とは

省エネと呼ばれる機器をとにかくいっぱい入れて、積極的に省エネを達成させること

エアコンでしょ、給湯器でしょ、冷蔵庫でしょ・・・・・・・・

とにかく機械のみに頼ること

対してパッシブ住宅とは

難しく考えなくても良いんです。

太陽や、風、といった自然と仲良くする住宅のこと。

それがパッシブハウス。


例えば冬、

南側に大きな窓をつけると、晴れた日には太陽の恵みが燦々と降り注いでくれます。

ところがこれが夏になると、暑い暑い日がじりじりと照りつけて・・・・

それを制御するために、家の軒の出を考えて、冬は日が入るけど、夏は入らないようにする、

さらには、すだれやタープなどをつけ、日の光を制御する、といった工夫

こんなことをするだけで、家の暖冷房費は大きく変わってきます。


そのパッシブ技術に加えて、きちんと断熱、気密をすること

そうすることで、せっかくためた熱(冷も温も)を逃がさずためておくことができます。


そうした基本を押さえて家を建てた上で

先に述べた省エネ機器を導入していく

これが正しいやり方だと思います。



もっと細かく考えれば、リサイクルできるものはきちんとリサイクルする、とか言うことも考えられますが

こうして、1棟1棟環境のことを考えながら仕事をしていく

これが今私たちのできる環境への取り組みです。

これが
明日の幸せな家庭を築くためのお手伝いをしている私たちの今できることです。










スポンサーサイト



業界のこと | 09:20:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
山へ
P1160316.jpg

山へ行きました。

それも北アルプスの最深部の一角 鷲羽岳へ。


最深部と言われる理由は、距離がとても長いこと。

実際歩いてきた距離は40㎞近く

そんなのだから、あまり歳を取りすぎると行けなくなる!

みたいな危機感と焦燥感があって、

今年行かなければ行けなくなる。なんて想いがずっとありました。

そこで、「一人でも絶対に行く!」と宣言したところ、女房が保護者同伴でついてきてくれました。

P1160391.jpg

どうですか、この絶景の数々。

歩いて行かなければ絶対に行けない、そんな場所

P1160332.jpg

本当に長い距離を一歩、一歩  

もちろん登りですから、その歩幅も小さく、短く

登っても登ってもなかなかたどり着かない

でも、そうやって一歩一歩登っていくと山は確実に近づいてくれる

山登りはまるで人生のよう

そんなことを思いながら登ってきました。

P1160312.jpg

そしてたどり着いたのが鷲羽岳の山頂

女房と励まし合いながら、手を取り合いながら登頂できました。



これも、息子や娘が仕事を手伝ってくれだしたから。

感謝してますm(_ _)m


山で出会った人とそんな話をしていると

「いい息子さんや、娘さんをもたれてるんですね。どうやって育てたらそんなになるんですか?」

と言われ、

そりゃ、親が良いからですよ、と (大笑)

チャンチャン




私のこと、家族のこと | 11:12:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
構造賢学会in田熊
構造賢学会in田熊 終了しました。

って言っても、結局参加なしで終わってしまいました。

全くなかったかというと、そうではなくて、

当日になってのキャンセルだった、ということです。



元々構造賢学会はあんま人気がないのも事実で、そのため参加者事態も少ないというの事実。

そりゃあ構造を見るよりも完成したものを見た方が見応えはあるし

家の雰囲気やインテリアもよく分かる

方や構造は、いろいろ説明されてもあんまり分からないし、見応えもない

と言うのが本音のところ・・・・

そんなところだと思うのですが

それでもこうやって構造賢学会を開催するのは、家づくりにとって大切なところを是非とも知っていただきたいから。


ですから、たとえ1組のお客様でもやり続けて行かなければならないと思います。

それが私たちの家づくりの基本中の基本「お客様のために」ということの根幹だから。


難しくとも家の大切な部分きちんと勉強して、知って賢い消費者になってください。

いつもいつも言う

野菜など選ぶときに、「この野菜の産はどこだろうか?」 「農薬は大丈夫だろうか?」

など、きちんと見分けて選ぶ賢い主婦の皆様

家はそれと同じように、いやいやそれ以上に厳しい目で見て行かなければ!!

だって、高い買い物であると同時に、人生を過ごす上で半分は家にい居るんですから

まさに健康で過ごせるかどうかの大切な箱、それが家ですからね。





勉強会、研修 | 17:34:45 | トラックバック(0) | コメント(1)
手作りマルシェin津山 参加してきました(^_^)v
P1160428.jpg

手作りマルシェin津山 参加してきました(^_^)v

朝10時からのスタート

会場の外には、早くも結構な人たちが待ち構えている。

そんなので、30分もすると人、人・・・

うちも友情出演でお店を出したのですが、果たして売れるのか??

って思ってたら、売れました、売れました!

最終的には、残ったのがスパイスラック3個と端材だけ

半分くらい売れれば上等!って思っていただけに、意外半分、うれしさ半分


全体的にも結構な人がいたので盛況だったのでは?

それにしても、こんなこと企画されるYMさま

たいしたものです。



来年もある、と聞いて・・・・

また作らねば! 作れるかな?

と思うわたしでした。

息吹木の家のこと | 07:02:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
手作りマルシェin津山
tedukuri.png

以前ちょっとご紹介したイベント

そう,弊社のお客様がご自分で企画立案されて立ち上げたイベント

手作りマルシェin津山がいよいよ来週になりました。


弊社も、後援はもちろんのこと、出展者として当日参加させていただきます。

その名も 手作り工房 息吹木 

では何を出品するかと言えば

P1160264.jpg

OBさまにはおなじみ

木製の箱、 幅 約30センチ 高さ 約35センチ 幅 約45センチ

いろんなものを入れられる、ちょっとおしゃれな桧でできた箱です。

P1160265.jpg

次はスパイスラックを作ってみました。

素材は、赤松集

ちょっとかわいいでしょ。

P1160263.jpg

お次は、いつもの木製コースター

賢学会に来られた人はおなじみですよね。

果たして売れるのか??

P1160262.jpg

そして今回の新作

桧でできたスマフォスタンド

こんなものが売れるのか? 

疑問を持ちながら娘の婿様に見てもらったところ

「いける」ということで出します。

P1160266.jpg

そして、そして

こりゃ一体なんじゃ??? ってもの

これは、いろんなものの端材

捨てるのもったいないし、燃やすのも・・・

ととっておいた端材

人によると、うちの倉庫は宝の山だとか・・・


こんなものだします。

他の店も魅力あふれる店ばかりだと聞いています。

是非ともご来店ください。

21日です。

お待ちしておりますm(_ _)m

お客様(OB)のこと | 09:01:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
構造賢学会
koke.png

津山市田熊の現場で構造賢学会を開催します


いつも、いつも申し上げているとおり

完成のそれよりも重要なのはこういった賢学会だと思っております。

是非ともご参加くださいますようお願い申し上げます。


日時 : 9月22日(日) 10時~12時

場所 : 津山市田熊


いつものようにお申し込みいただいた方に詳しい地図をお送りします。

お申し込みはこちらから

よろしくお願いいたします。

勉強会、研修 | 18:17:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
地鎮祭
P1160255.jpg

昨日は津山市で地鎮祭でした。

そうです。

おかげさまで、また新しく1つの家づくりが始まります。


実はHIさま、2年くらい前から新築をご検討されていました。

しかしながら、本当にいろいろな諸事情により、延期、延期・・・・

ここでやっと念願叶っての工事着工です。


そんなこともあって、これから建つ家は、いつも以上にこだわり満載!


まずは基礎工事

こだわりの職人『岡左官さん』ご指名の工事が10月から始まります。

HIさまの家づくり | 11:03:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
木の仕入れ
P1160179.jpg

昨日は岡山へ

目的は、木の仕入れのため。


ふだん弊社では、木材の仕入れはもっっぱら綜合木材市場というところから。

桧の柱とか、松材とか、地元の木材を仕入れています。

ただ、こないだの現場でもそうだったように、例えばフローリング材は『西南桜』だったのですが

こんなものはやっぱり、スギと桧と松しか使いません、なんていったところで

やっぱり趣味があるので,結果いろんなものを使って行ってます。

昨日は、そういったいろんなものが沢山出品される日だったので、めぼしいものを探しに行ってきました。


木が大好きな私としては、あれもほしい、これもほしい、ってところなんですが

ぐっと我慢しつつ、最低限必要なものを、なるべく安く仕入れてきました。


でもやっぱ,木は良いわーー!!

うちの家は、高断熱・高気密でありながら、やっぱ基本は木の家なんで

住環境が全然違う!!って自負しています。

窓枠なんかでも,普通は建材

中は木くずみたいなものをボンドでガチガチに固めて、表面に木の模様の特殊シートを貼ったもの

これを使うんですが、見てみてください。

s-70118494_2425531630870439_94137368071634944_n.jpg
(大阪の工務店さんの写真をお借りしました)

写真のとおり、決して大げさではなく、長年の間にこんなになってしまうこともあります。

木だったら、多少痛んだり、色が変わったりしますが、

絶対にこんなことにはなりません。


家は1年2年のものではなく、長い間お世話になるものですから

そのことを考えれば、本物をきちんと使うこと

これも大切ですよね。


家づくりで思うこと | 12:01:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
久世の家 お引き渡し
P1160170.jpg

今日は久世の家のお引き渡しでした。

温度はさほど高くないのですが、なんだか蒸し蒸しする今日

部屋の中はおかげさまで、なんだかさわやか!

お施主様も望まれた室内環境どおりになりました。


お引き渡し式と言うほどではありませんが、紅白のテープカットもしていただき

無事お引き渡し完了。


4年前、津山イオンでの設計コンペがきっかけで弊社を知ってくださったお施主様

これから長い長いお付き合いになります。


よろしくお願いいたします。m(_ _)m

HKさまの家づくり | 16:35:32 | トラックバック(0) | コメント(0)