FC2ブログ
 
■プロフィール

しーやんやっさん

Author:しーやんやっさん
良い家を創りたい! お客様にとにかく喜んでほしい!
そんなことを考えて家づくりに取り組んでいます。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

断熱が必要
前回の記事 怖い話ですよね。

家で凍傷なんて信じられないですよ。

しかも、そんなことを招いてしまうかもしれない住宅のストックが90%以上もあるなんて・・・

そんなだから断熱は大切ですよ! ってずっと言い続けているんです。


で今回は、その断熱どれくらい必要なのか?

考えてみたいと思います。

dannetu1.png

これは以前にもご紹介したと思いますが、近畿大学の岩前先生が断熱と健康の関係を示したものです。

見ての通り、断熱のレベルが上がるほど疾患の改善率が上がっていますね。


では、どうすれば断熱のレベルが分かるのでしょうか?

0102.jpg

この表はUA値というものを地域別に現したものです。

1地域というのは、一番寒い北海道

8地域というのは沖縄

といった風に、地域別で基準が違うのは当然ですよね。


そしてUA値というのは熱の逃げやすさを現しています。

これも寒い地域の方が数値が小さく出ていますが、当然そうなりますよね。


ここで弊社の施工する地域を見てみると

津山は5地域 岡山は6地域となります。

省エネ基準を見ると、どちらも0.87

これをクリアすると「次世代省エネ基準の住宅」という、なんか立派な称号をいただけます。

では、これをクリアしさえすればいいのか?

というとそうでもない、というのが現実ですね。

この数値を決めるときに、どうも各種団体や大きな企業から圧力(?)が・・・


ま、とにかくこれではちょっと、ということでできたのが「HEAT20」という基準

これは、さっきから申し上げた「この基準ではちょっと・・・」という研究者、住宅・建材生産者団体の有志が立ち上げた団体で

これくらいの基準が必要だろうという趣旨で作られました。

G1グレードは、冬期間、無暖房でお15℃を下回る割合が20%以下

G2グレードでは、同じように15%以下

目指しています。


温度では分かりづらいかもしれませんね。

j5_1.jpg


これを暖房費に当てはめると、こんな感じ。

断熱がもたらす効果がよく分かります。


では断熱をするときに「とにかく北海道並で!」というのも分かりますが

費用や日射取得のことなど諸々考えると、そこまでは・・・となりますよね。

ちなみに弊社の場合だと

今建てている建物の平均的なUA値が0.4前後

6地域だとG2グレード以上、5地域だとGIとG2の間というところです。

もちろん、ご要望によってはもっと高い数値の家もやってます。

が、さっきから申し上げるコストとのバランス、快適さなどなど考えると

というところですね。




スポンサーサイト



家づくりで思うこと | 09:27:42 | トラックバック(0) | コメント(0)