FC2ブログ
 
■プロフィール

しーやんやっさん

Author:しーやんやっさん
良い家を創りたい! お客様にとにかく喜んでほしい!
そんなことを考えて家づくりに取り組んでいます。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

基礎断熱
P1170594.jpg

東一宮のMSさま邸 工事が順調に進んでいます。

先日は、内部の仕事として「基礎断熱」の工事をしました。


従来からよくあった方式は、「床断熱」というもので、ごらんの木の間に断熱材を敷き込んで床を仕上げる

というもの

対してこいつは、基礎のコンクリートの上に断熱材を敷き込んでいます。

kisodannetu.png

絵の通りなんですが

これをやることにより、床の下と基礎の間も室内空間と同じ、と見なされます。


それによる一番のメリットは、

床下エアコンが使えること、ではないかと思います。

この方式の有効性は今までやってきたデーターからも明らかですね。

床断熱でも結構暖かいのですが

やはり床下を直接あたためることができることから比較すると

快適性は基礎断熱のほうに軍配が上がるかな、って思います。


それと、今回は断熱材を全面に敷き詰める方式をとっていますが

実際によくやるのは、基礎の外周1mくらいまでの断熱

これは、コンクリートの「蓄熱」を考慮してのこと

コンクリートは、寒い冬でも、暑い夏でも、その温度が15℃前後と温度が安定していて

その温度を利用しようというものです。

寒い北海道などでは、そんなことも期待出来ないというので全面に敷き込む方式をとっているようですが

今回のこれはお施主様とお話をして決めました。

断熱の計算としては

どちらも同じなんですが、結果的には・・・・?

またデーターを取っていきたいと思います。





床下エアコン、とっても良いのですが

ただし、きちんと容量計算をしてのこと

いかに床下エアコンといえど、容量が足らなければなんともしがたい

のも事実??


今弊社では基礎断熱方式増えてます。


スポンサーサイト



MSさまの家づくり | 09:00:01 | トラックバック(0) | コメント(0)