FC2ブログ
 
■プロフィール

しーやんやっさん

Author:しーやんやっさん
良い家を創りたい! お客様にとにかく喜んでほしい!
そんなことを考えて家づくりに取り組んでいます。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

木の乾燥
PA302764.jpg

弊社は、先日から書いてあるようなことからすると
“高断熱・高気密の家造り”そする工務店と思われるのかな、って考えます。

確かに、高断熱の住宅を作っているのも事実

でもそれだけではありません。


名刺にも書いてあります。

弊社は、「不易流行」の考えに基づき、健康で快適な家をお客様とともに創り上げる会社です。

そう、これなんです。

断熱とか、気密とか、自立循環型住宅とか
こんなことはすべて「流行」の部分

で、今回のお話は「不易」の部分です。


写真を見てください。

木材を寝かしたり、立てたりしている写真です。

これだけみると
「それがどうした・・・」みたいなですが

木をずっと扱ってきている私としては、これはとても大切なことなんです。

今家造り、特に木を使う家造りにおいて大切なものの一つ
それが“乾燥”

木って森に生えている時は、もちろん地面から水を吸い上げて
それで葉っぱを茂らせて、光合成をして・・・みたいなこと小学校で習いましたよね。

だから、そんな木を切って来た時には、水分でいっぱい。

そんな水分でいっぱいのものをそのまま使ったりすると
曲がったり、寸法が縮んだり、割れたり・・・・・

全く良いことがありません。

だから、
木は、切って製材して、乾燥させて
やっと住宅に使えるものになるんです。

昔、昔は、そのまま使ったりしたものですから、もう大変だったのですが
今は殆どのものが乾燥材として流通しているので、それを使えば大丈夫。

ではなぜこんなして乾燥させているの??
って疑問に思いますよね。

それは、

構造材として売っている木材は、そんなして乾燥しているのですが
造作材、つまり、窓枠だったり、ドア枠だったり、するような内部に使う木材

これは、例えばフローリングなんかは乾燥しているのですが
他の枠なんかは乾燥材自体がない、というのが実情

だって、殆どの会社や工務店でさえ木じゃなくて、木みたいなやつ

YKKやリクシルなんかが売っている、ダンボールみたいなものを固めて
その上に木のシールを貼ったやつを使っているから

そんなこんなで、木の出番が減ってきている、というのが事実

でも

木が大好きな私は、なるべくなら本物の木を使いたい、という思いから
こうして木を市場から買ってきて、乾燥させて使ってます。

自然乾燥でも、こんな小さめなものならば十分乾燥出来ます。

せっかく木の家作っているんだから
しっかり本物を使っていきたい。

木は高い!!

なんていうデマも時々聞きますが
そんなことはありません。

冒頭に申し上げた「不易」
って言う部分

これは、変えては行けない部分、ということ

人間が健康的に過ごせる家造りにおいて
流行(例えば断熱)も大切ですが

不易(木と共に暮す)という部分も非常に大切です。

本物、使っていきましょう。
スポンサーサイト


業界のこと | 17:40:00 | トラックバック(0) | コメント(1)
コメント
突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒https://goo.gl/J4i7FY
でブログをやっているさくらといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^
2017-10-30 月 17:42:02 | URL | さくら [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad