FC2ブログ
 
■プロフィール

しーやんやっさん

Author:しーやんやっさん
良い家を創りたい! お客様にとにかく喜んでほしい!
そんなことを考えて家づくりに取り組んでいます。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

じっきょう家庭科資料 パッシブデザインとは?
私達の断熱・省エネのお師匠様といえば野池さん

その野池さんが、「じっきょう家庭科資料」という高校の資料にパッシブデザインについて書かれました。

とてもわかり易いのでご紹介します。

以下野池さんの文章です。



パッシブデザインとは,機械設備に頼らず,建物に様々な工夫を凝らすことで,「冬暖かく,夏涼しく,自然光で明るく」を実現し,室

内の快適性と省エネルギーを目指す設計技術のことです。ここで「パッシブ(Passive)」という表現が使われているのは,能動的(A

ctive)に機械設備を使って快適性や省エネルギーを実現するという発想と対比させるためです。パッシブデザインでは,建物の周

りにある太陽や風などの自然エネルギーをうまく受け止めて活用することを強く意識します(パッシブデザインはあらゆる建築物に

適応できる設計技術ですが,本稿では一戸建て住宅を対象にした記述になっていることをご了解ください)。
 
例えば,冬に建物の南面に当たる日射量は大きく,そこに大きな窓を設けることで多くの日射を室内に取り込み,室温の向上を図

ります。部屋にいて,直射日光を身体に浴びるとポカポカと心地よいですが,パッシブデザインではさらに断熱性能や蓄熱性

能を向上させることで取り込んだ日射熱を室内に維持させ,日中だけではなく夜まで部屋全体を暖めることを目指します。このよう

な設計技術は日射熱利用暖房,パッシブソーラー暖房などと呼ばれます。
 
こうした建物が実現できれば,暖房エネルギー消費量が削減されるのはもちろん,エアコンで暖房するよりも快適感の高い室内環

境が実現されます。日射熱によって暖められた部屋では空気がほとんど動かない一方,エアコン暖房では気流を感じることで

快適感が損なわれるからです。また床暖房は快適感の高い暖房設備ですが,暖房エネルギー消費量が多くなるというデメリットが

あります。

 夏の夜に風をうまく取り込むことも自然エネルギーの活用として有効です。夜に外気温が下がる地域では,外の涼しい風をエア

コンの代わりとして使うという発想として有効です。冷房エネルギー消費量の削減になることはもちろん,エアコンが苦手な

人に合致した方法です。


前段の件です。

全13ページあり、とてもわかり易く書かれています。

すべて読みたい!!

と言われる方、差し上げますので言ってくださいね。

スポンサーサイト


業界のこと | 18:20:15 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad