FC2ブログ
 
■プロフィール

しーやんやっさん

Author:しーやんやっさん
良い家を創りたい! お客様にとにかく喜んでほしい!
そんなことを考えて家づくりに取り組んでいます。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

地鎮祭
P1160525.jpg

今日は津山市で地鎮祭

とても気持ちのいい天気のなか、良い地鎮祭ができました。


1年以上かけて土地探しから計画まで

じっくり、じっくり煮詰めていきました。

上棟予定が12月

平屋の素敵な家ができあがる予定です。



YMさまの家づくり | 16:21:56 | トラックバック(0) | コメント(0)
「高い工務店派の満足度 こだわり層の支持集める
6c7eb1304fee5615e435713ef20c1160-640x316.jpg

上記のグラフのタイトル 「高い工務店派の満足度 こだわり層の支持集める」です。

その内容は

注文住宅ではフルオーダーがまだまだ主流。依頼事業者別にフルオーダーの割合をみると、工務店が最も高かった。

ただし、平均工事費用は、工務店が最も低かった。工務店に依頼した人の満足度は他の事業者に依頼した人よりも高く、工務店

が低コストで、自分の好みに合わせた家づくりを行いたいという生活者のニーズの受け皿になっているようだ。


家づくりの自由度別に住宅の「注文方法」をきいたところ、工事費用が高くなるほどフルオーダー型の割合が高くなる傾向がみられ

た。   ただ、最もフルオーダー型の家づくりの割合が高い価格帯は、2500万円以上3000万円未満の層で、こだわりを持った層

がこの価格帯で工務店に家づくりをしていることがうかがえる。


注文方法別に平均工事費用を比較すると、セミオーダーが4千万円台後半で最も高く、制約の厳しいハウスメーカーや大規模ビル

ダーで窮屈さを感じながら家づくりを行っている施主の姿が見て取れる。


こんな記事

なんか工務店の時代がやってきた、って感じなんですが

実際問題、ハウスメーカーなんかと比較すると絶対に、絶対にこっちの方がお買い得

というか、建て得。

こんなこと、ずっと言い続けてきたんですが、消費者の皆様も理解してくれだしました。

でも

中国地方5県は統計的に見て、ハウスメーカーが好きな県民性とか・・・

上記は全国の統計なので、この地方との乖離がなければ良いのですが。


でもでも、良いものを創って、お客様がそれ理解してくださって

という良いサイクルをしていけば、絶対に工務店の方が良い家づくりをすると言うことが浸透していくはず。

工務店の時代はもうすぐ!?

業界のこと | 09:36:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
鉄筋のさび
images.jpg

津山のHI様邸

先日書かせていただいたとおり、鉄筋組が終わりコンクリートを打設

さらに昨日は、立ち上がり部分の打設も無事終わりました。


そんなとき、時々聞かれるのが「鉄筋のさび」のこと

実施問題外で作業するものですから、その間には雨も降ったりしてさびがでること

ままあります。

せっかく丈夫な鉄筋組をしているのに、さびていたら基礎が弱くなってしまうのでは・・・・

と思うのも素人さんとしては、もしかしたら当然のことかも

でもご安心ください。

さびていると言っても写真ぐらいのものだったら全然大丈夫!

変な話、多少さびている方がコンクリートと密着しやすいという論文さえあるようです。

論文はこちらから

もちろん、いくらさびていてかまわない、といったところで

かさぶたが剥がれるようなさび方をしているのは問題外

あくまで程度の問題と言ったところですね。


それと忘れてはならないのが

鉄筋を包み込みコンクリート

これって強アルカリ性

ですから、多少さびていても、そのさびは進行せず、きちんとかみ合っている状態であるということなんです。


ここで問題が起きるとすれば

それはかぶり厚の問題

かぶり厚というのは

鉄筋を包み込むコンクリートがどれくらいの厚みがあるか、ということ

実は鉄筋検査の時もここもしっかり確認しているんです。

一般的には60㎜以上

ここをしっかり確保しておかないと、最悪のケースの場合

鉄筋が空気に触れ、そこからさびが進行して、コンクリートを破壊する

なんてこともあり得るんです。


なんでも良いから生コン打設しているんではないんですね。




業界のこと | 08:55:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
津山市HIさま邸基礎工事進んでます。
P1160460.jpg

津山市のHI様邸 基礎工事進んでます。


写真は、採石を入れて『捨てコン』を打ったところ

見て一目瞭然。

すごくきれいな仕事です。

捨てコンなんて、捨てって呼ぶのがもったいないくらいのきれいさ。

今回は、お施主様ご指名で岡左官さんなんですが

ここらへんからものすごくこだわります。

P1160477.jpg

進んで、鉄筋組

今回は基礎断熱仕様なので、あまり立ち上がりを多くしたくない、ということから

こうした地中梁を多様しています。

立ち上がりが少なくて弱い基礎になったら困りますので、上にない分こうして下に掘って強くします。

P1160485.jpg

そして検査

いつものJIOさんですが、今回もほぼ言うことなし!!

ばっちりです。

P1160489.jpg

検査が終わると、生コン打設。

今回も、呼び強度30キロを丁寧に打ち込みます。

こうして打ってしまえば、美しい鉄筋組が見えなくなってしまうのは残念ですが

今回は良いことに

お施主様がすぐ脇に住まれているので、こうした様子がつぶさに見えること。

ですから

きれいな仕事に感心しきり

やっぱり岡さんに頼んで良かった!

と上機嫌です。


お施主様は、こうした仕事に関しては全く素人なんですが

こうしたきれいな仕事を見ると、細かいところは分からなくとも

良い仕事かどうかは絶対に分かりますよね。


この後、どんどん工事進めていきます。





蛇足かもしれませんが

弊社に来てくれる職人さんは、岡さんに限らず、良い仕事してくれます。

おかげさまですm(_ _)m

HIさまの家づくり | 17:56:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
即位の礼より大切な行事
IMG_7965.jpg

昨日は新天皇の即位の礼で日本中がお祭りムード

ですが

我が家では、この儀式よりも大切な行事が。

それはもちろん、女房の誕生日!!


今年もスペシャルケーキを用意してお祝い

子供らも気を遣ってくれて外でのお食事会。

良い誕生会ができました(^_^)v

私のこと、家族のこと | 07:45:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
水害に遭ったら
昨日の台風19号

連日ニュースで報道されていますが、各地で甚大な被害をもたらししていることが分かりました。

思い起こせば、一昨年は、岡山でも県南で被害が

津山市だって、平成10年(ちょっと定かではないですが)には吉井川流域で被害が

そして今

各地で被害が起こっていることを鑑みると

本当に決して対岸の火事では済まされない、というのが本当のところだろうと思います。

温暖化の影響で台風は益々強く、より激しくなること

専門家も指摘しています。


これから土地を買われる方は、ハザードマップをしっかり見て検討することを強くおすすめします。

もう建てられてすまれている方

自分の土地の弱点をよく知って、その上で対策を立てましょう。


ニュース報道でも、「まさか自分のところがこんなことになるなんて・・・」というお言葉

沢山聞きました。

もう一度言います。

決して他人事ではない、ってこと。



それから、業界紙でこんな記事を見つけましたのでご紹介します。

suigai.png

書かれたのは防災の専門家で 長岡技術科学大学大学院 木村悟隆氏です。

中身は、それでも水害に遭ったらどうするべきか、です。

以下アドレスを貼り付けておきます。

文章化はこちらから

家づくりで思うこと | 08:27:54 | トラックバック(0) | コメント(0)
YM様邸 DIY開始
P1160462.jpg

津山のYMさま邸

1階はまだ大工さん頑張ってくれているのですが

大工さんが頑張ってくれて、2階は仕上げてくれたのでDIY開始ができました。


いつものように、いつものように、じみーーな養生作業から。

でもYMさま

こうやって、こんな作業をすることなんて一生にもう一度あるかどうか

こうやって夫婦一緒に作業することで、将来 あの時いっしょに頑張ったよね

っていう思い出が残るし、こうやってやることで、もしかしたら夫婦の離婚なんてなくなるんじゃやないかな

なんて言ってくださいました。


ありがとうございます。

ホントその通り

家は買うものではなく、造るもの、創るもの

その想いがより強くなるのが、こうしたDIY作業ですね。


作業はまだまだこれから。

頑張りましょう(^_^)v

YMさまの家づくり | 08:27:19 | トラックバック(0) | コメント(0)
地盤調査
P1160456.jpg

建築物の工事の始まりに欠かせないのが地盤調査

ここのところ仕事始まりで何件か地盤調査を実施しています。


その結果

よかったり、悪かったり・・・


結果によっては、地盤改良が必要、っていう判定が出るわけですが

それによって「あーしまった」とか思う必要は全くありません。

悪いところがしっかりと見つかって、それをきちんと修復、リカバリーできるわけですから

別の意味で「あーよかった」ってことになるのではないでしょうか。

そのなかで、悪いところと言えば、費用が余分に発生するところ

これも考えようで、将来にわったての安心のための費用と考えるべきですね。



で、今回実施した地盤調査はちょっと特異なケース

普通この調査は、土地を買って、家の計画をして、配置が決まったら行うのが通常

ところが今回の場合は

土地を買う前に地盤調査をしました。


普通不動産業者は、土地を売り買いするだけ。

その土地の地盤が良かろうが悪かろうが知ったこっちゃない。

というのも、その土地を何に利用するかは、買った人次第

もしかしたら、車を止めておくだけかも知らないし、

もしかしたら、ビルを建てるかもしれない。

そんなんだから、そこの地盤に責任を持つのは、あくまで建築業者

建てるものによって、必要な地盤強度も違いますからね。


だから普通、事前の地盤調査なんてしない、のが普通

なんですが

今回のように、頼めばさせてもらえるケースがまれにあります。

その結果

もしも地盤改良が必要だったら、その費用も勘案できる、というわけ。


ただ、ここで知っておかねばならないのが

もしそこの地に家を建てるとすれば、

最初に申し上げたとおり、家の配置、形がきちんと決まった時点で、もう一度地盤調査が必要、ということ

でないと、地盤保証が出ないんです。

だから、調査の費用だけは2回分必要というわけ。




何でもそうでしょうが

やっぱ、言ってみないと、頼んでみないと分からない。

そういうことですね。

家づくりで思うこと | 08:27:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ 次のページ