FC2ブログ
 
■プロフィール

しーやんやっさん

Author:しーやんやっさん
良い家を創りたい! お客様にとにかく喜んでほしい!
そんなことを考えて家づくりに取り組んでいます。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

手作りマルシェin津山 参加してきました(^_^)v
P1160428.jpg

手作りマルシェin津山 参加してきました(^_^)v

朝10時からのスタート

会場の外には、早くも結構な人たちが待ち構えている。

そんなので、30分もすると人、人・・・

うちも友情出演でお店を出したのですが、果たして売れるのか??

って思ってたら、売れました、売れました!

最終的には、残ったのがスパイスラック3個と端材だけ

半分くらい売れれば上等!って思っていただけに、意外半分、うれしさ半分


全体的にも結構な人がいたので盛況だったのでは?

それにしても、こんなこと企画されるYMさま

たいしたものです。



来年もある、と聞いて・・・・

また作らねば! 作れるかな?

と思うわたしでした。

息吹木の家のこと | 07:02:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
手作りマルシェin津山
tedukuri.png

以前ちょっとご紹介したイベント

そう,弊社のお客様がご自分で企画立案されて立ち上げたイベント

手作りマルシェin津山がいよいよ来週になりました。


弊社も、後援はもちろんのこと、出展者として当日参加させていただきます。

その名も 手作り工房 息吹木 

では何を出品するかと言えば

P1160264.jpg

OBさまにはおなじみ

木製の箱、 幅 約30センチ 高さ 約35センチ 幅 約45センチ

いろんなものを入れられる、ちょっとおしゃれな桧でできた箱です。

P1160265.jpg

次はスパイスラックを作ってみました。

素材は、赤松集

ちょっとかわいいでしょ。

P1160263.jpg

お次は、いつもの木製コースター

賢学会に来られた人はおなじみですよね。

果たして売れるのか??

P1160262.jpg

そして今回の新作

桧でできたスマフォスタンド

こんなものが売れるのか? 

疑問を持ちながら娘の婿様に見てもらったところ

「いける」ということで出します。

P1160266.jpg

そして、そして

こりゃ一体なんじゃ??? ってもの

これは、いろんなものの端材

捨てるのもったいないし、燃やすのも・・・

ととっておいた端材

人によると、うちの倉庫は宝の山だとか・・・


こんなものだします。

他の店も魅力あふれる店ばかりだと聞いています。

是非ともご来店ください。

21日です。

お待ちしておりますm(_ _)m

お客様(OB)のこと | 09:01:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
構造賢学会
koke.png

津山市田熊の現場で構造賢学会を開催します


いつも、いつも申し上げているとおり

完成のそれよりも重要なのはこういった賢学会だと思っております。

是非ともご参加くださいますようお願い申し上げます。


日時 : 9月22日(日) 10時~12時

場所 : 津山市田熊


いつものようにお申し込みいただいた方に詳しい地図をお送りします。

お申し込みはこちらから

よろしくお願いいたします。

勉強会、研修 | 18:17:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
地鎮祭
P1160255.jpg

昨日は津山市で地鎮祭でした。

そうです。

おかげさまで、また新しく1つの家づくりが始まります。


実はHIさま、2年くらい前から新築をご検討されていました。

しかしながら、本当にいろいろな諸事情により、延期、延期・・・・

ここでやっと念願叶っての工事着工です。


そんなこともあって、これから建つ家は、いつも以上にこだわり満載!


まずは基礎工事

こだわりの職人『岡左官さん』ご指名の工事が10月から始まります。

HIさまの家づくり | 11:03:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
木の仕入れ
P1160179.jpg

昨日は岡山へ

目的は、木の仕入れのため。


ふだん弊社では、木材の仕入れはもっっぱら綜合木材市場というところから。

桧の柱とか、松材とか、地元の木材を仕入れています。

ただ、こないだの現場でもそうだったように、例えばフローリング材は『西南桜』だったのですが

こんなものはやっぱり、スギと桧と松しか使いません、なんていったところで

やっぱり趣味があるので,結果いろんなものを使って行ってます。

昨日は、そういったいろんなものが沢山出品される日だったので、めぼしいものを探しに行ってきました。


木が大好きな私としては、あれもほしい、これもほしい、ってところなんですが

ぐっと我慢しつつ、最低限必要なものを、なるべく安く仕入れてきました。


でもやっぱ,木は良いわーー!!

うちの家は、高断熱・高気密でありながら、やっぱ基本は木の家なんで

住環境が全然違う!!って自負しています。

窓枠なんかでも,普通は建材

中は木くずみたいなものをボンドでガチガチに固めて、表面に木の模様の特殊シートを貼ったもの

これを使うんですが、見てみてください。

s-70118494_2425531630870439_94137368071634944_n.jpg
(大阪の工務店さんの写真をお借りしました)

写真のとおり、決して大げさではなく、長年の間にこんなになってしまうこともあります。

木だったら、多少痛んだり、色が変わったりしますが、

絶対にこんなことにはなりません。


家は1年2年のものではなく、長い間お世話になるものですから

そのことを考えれば、本物をきちんと使うこと

これも大切ですよね。


家づくりで思うこと | 12:01:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
久世の家 お引き渡し
P1160170.jpg

今日は久世の家のお引き渡しでした。

温度はさほど高くないのですが、なんだか蒸し蒸しする今日

部屋の中はおかげさまで、なんだかさわやか!

お施主様も望まれた室内環境どおりになりました。


お引き渡し式と言うほどではありませんが、紅白のテープカットもしていただき

無事お引き渡し完了。


4年前、津山イオンでの設計コンペがきっかけで弊社を知ってくださったお施主様

これから長い長いお付き合いになります。


よろしくお願いいたします。m(_ _)m

HKさまの家づくり | 16:35:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
断熱のちょっとだけ難しい話②
昨日の話、ちょっとだけでもお分かりいたでけたでしょうか??

「弊社は〇〇を使っているから大丈夫!」とか「W断熱だから・・」なんてうたい文句

これって、しっかり眉につばをつけながら聞かなければならない、ってことだけでもわかれば大丈夫かな、って

でも改めてこうやって書いてみると、グラスウール(10k)換算で400㎜なんて言い方をすると、なんかやっぱすごい

って感じですね。

これからはこういった言い方した方が良いのかな?? なんて思います。



で、今日は

昨日の熱抵抗の話、結構わかりやすかった、とおもうんですが、

世の中断熱を語るとき今一番使われているのは『Ua』っていう言葉

これは『外皮平均熱貫流率』といって、外に面している部分の平均した熱の逃げやすさはどれくらいなの?

っていうことを現したことば。

昨日言った、熱貫流率を,屋根や床、そして壁といったすべての部分で計算して,その平均を出そう、っていうもの

だから、それぞれの値や部位が分かっていれば子供でも計算できるようなものなんですが

ちょっとだけ複雑なのは以下のようなこと。

ua.png

この絵は、省エネ計算ソフト「ホームズくん」からお借りした壁の中を現したものですが

壁の中には、もちろん柱がありますよね。それから間柱といって柱よりも細いものもあったりします。

それから外に貼る,構造用面材があったり、中に貼る石膏ボードがあったり。

断熱を考えるとき、断熱材が入っているだけではなく、そのほかのいろんなものもあるので

それらすべてを考え合わせてその壁なら壁の性能を出さなければなりません。

具体的には

断熱材の熱貫流率 

例えば 弊社のウールブレス 0.04

柱などの木材 0.12(天然木材1種)

石膏ボード  0.22

構造用合板 0.16

こんな感じです。


まず、壁の中に入っている柱や間柱 これらを見てみると断熱材よりだいぶ性能が悪いですよね。

だからこれは『熱橋』と呼んで、断熱の弱い部分と考え、その面積比で計算し、結果マイナス部分となります。

石膏ボードや外壁は、壁の外側に着いているので、断熱にプラスされるものとして考えます。

そしてそうやって計算したものが、壁のU値となるわけです。


これらのことをすべての部位で計算したもの

これが、外皮平均熱貫流率Ua値 となるわけですね。



じゃあ窓は・・・

って、もちろんそれも考えなければなりませんね。

窓はこちらでは計算できませんので、メーカー任せになってしまうのですが

大事なのは、窓の枠

jyusino.png

ご覧ください。

樹脂のU値 0.2 に対してアルミ200

信じられませんね。

考えてみれば、アルミって鍋なんかにも使うぐらいですから、熱がよく伝わって当たり前

こんなものを長年にわたって日本は使ってきたんですね・・・・

実際今でもアルミサッシを使っているのは、先進国の中で日本だけとか。

だから

私たちは、窓は樹脂(木材)でないとダメ。

ついでに中に入っているスペーサーも樹脂にしましょう,っていってるんです。

これは、ペアガラスがどうとか、トリプルがどうとか、いう前の議論かも。


で、窓のU値、ざっと言うとこんな感じ

madonoseinou.png

良い窓と従来のまど こんなに差があったんですね。

それでも考えてみてください。

トリプルガラスの良い窓でも、そのU値は1程度

こないだからよく出しているグラスウール10kのU値が0.5

ということは良い窓でさえ、ペラペラのグラスウールの半分の性能しかない、ってことなんですね。

だから断熱性能が高い,って謳っている会社の窓は小さいものが多い、のかなって思います。



なんかずいぶん長くなりましたので今日はここまで

窓は小さい方がいいのか?

また書きますね。






勉強会、研修 | 09:14:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
断熱のちょっとだけ難しい話
先日の賢学会 エアコンをかけずで、断熱性能を実感できた、って言いましたけど

その断熱性能について現場でもご説明させていただきましたが、ここでもう一度復習を。


natumado.png

夏に熱が侵入してくるのは

やっぱり窓

73%って、とっても大きな割合ですよね。

ですから、現場では外側にタープやすだれをかけていたんです。

窓の性能はもちろん大切ですが、それ以上に日射を遮ろうと思ったら、窓より外側で日射を遮る

これが一番のポイント。

それを建築的にしようと思えば、軒(ひさし)がすごく深い家を造ればいい!

夏はこれが大正解ですが、あまりに軒が深いと・・・冬になったら,暖かい日差しがほしいのにほとんど入ってこなくなる

なんてことも。

だから、軒の長さは、夏至の頃から7月、8月中旬までは入ってこない程度にして、後は、外側にタープやすだれをして

日射を遮る、これが本当の正解。

これが断熱と並んでよく語られるパッシブ技術の一端ですね。


それに加え、今回2階が暑くなかった、ということ

表では、屋根が11%とあまり大きくない数字ですが、2階を涼しい空間にしようと思えば

やっぱり屋根の断熱を強化しなければ無理。

時々「断熱材何を使ってますか?」というご質問を受けるのですが

前にも申し上げたとおり、「何を使っているか」に加え「何㎜のものを使ってますか?」を加えるのが正解

何を使っているのか、では、その断熱材の物性しか分からない

例えば、今回屋根に使ったフェノールフォーム、その『熱貫流率』は、0.019と言う数字

これではわかりにjくいので,例えば

グラスウール 10k 0.05

高性能グラスウール 16k 0.04

ウールブレス 0.04

熱貫流と言う言葉が示すとおり、この数字は小さいほど熱が通りにくくなっているということ

それから見ると、フェノールフォームってすごいよね、グラスウールの半分以下ですから。

となるんですが、ここで登場するのが『厚み』

例えば、いくら良い布団を買ってきても、その厚みがすごく薄かったらどうですか?

それと同じこと、ちょっっと計算してみましょう。

グラスウール10k 100㎜   0.1÷0.05=2

フェノールフォーム 50㎜   0.04÷0.019=2.1

何をやったか分かりますか。

そのものの厚みを断熱材の熱貫流率で割ったものなんです。

そこで出てくるのが、『熱抵抗』と言う言葉

これは先ほどの熱貫流率と反対で、大きな数字の方が偉い、「熱に抵抗できる」ということ

上の式だと、ほとんど同じですよね。

これは、いくらフェノールフォームが性能が良いからといっても、4㎝の厚みでは、普通のグラスウール10kと変わらないですよ

と言うことなんです。

だから最初の、「何を何㎜使ってますか?」というのが重要なんです。


今回の場合、フェノールフォームを150㎜使っていますので

0.15÷0.019=7.9  という数字

これをグラスウール10kで換算すると なんと400㎜近く

大きな数字でいうと、なんかすごい! って感じですが、これを屋根に仕込んでいるから暑くない

もう一つ加えると

これは数字的にはほとんど影響はないのですが、いままでの経験上これは絶対、というのが『空気層』

これを断熱層の上側にきちんと作ってやることにより、断熱で遮断した熱い空気が逃げてくれる

そう思っております。


あと、『U値』だとか『Ua値』というのもありますが

これ以上書くと難しくなるのでまたの機会に。

ちょっとだけ難しいけど、役にたつ断熱のお話でした。




家づくりで思うこと | 08:47:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ 次のページ